ペッレグリーニ主将、2021年を総括する
詳細へ
スポンサーリンク

【アタランタ戦後のコメント】モウリーニョ監督「ローマは19ヵ月勝てないクラブから20分勝てないクラブに変わった」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

DAZNのマイク

今日の試合は今シーズンのベストゲームだと考えてよいでしょうか?

モウリーニョ監督「私もそう考えている。素晴らしいチームスピリットだった。うちの子たちはアタランタ相手に、90分ハイプレスをかけ続けて試合をコントロールできるわけがないと理解していた。その意味で、チームは高い集中で戦ったと思う。アタランタの選手たちはアグレッシヴで激しく、マッチアップを好み、観客の声援という後押しもあった。しかし、ローマはボックス内で競り勝ち、緊急事態の守備技法などが上手く機能していた。カウンターもハマった。戦局を見極めて、それに対応する形で戦えたのが評価できる部分だ。ローマはこれまで、19ヵ月上位チームに勝利がないクラブと言われてきたが、先程トップ5に勝利してから、もう20分も勝利がないクラブになった」

いよいよ上位を狙う位置に来ました。

モウリーニョ監督「上位を目を向けることもできるが、同時にベンチの若手に目を向けることもできるだろう。変更を加えてチームを改善することと、緊急時に選手を変えることは別の行為だ。今、私たちは離脱している選手を回復させなければならない。そういった現状の中、今夜のメンタリティは私たちにとって重要なものになったはずだ。このレベルのチーム、例えばアタランタや、特にインテルと戦うには、戦術的な組織、戦術練習だけでは不十分だ。本当に勝つためには、今日ピッチで見せた精神が不可欠なん…(時計を見て)…君らと話していて、これでもう22分もトップクラブに勝っていないクラブになったじゃないか

タミーはこの試合爆発しました。

モウリーニョ監督「間違いない。あれは彼がプレミアでやっていた仕事だ。私が気にかけていたのは、セリエAで必ずしも最強とは言えないローマで、タミーが正しいアティチュードを示せるかどうかだった。なぜならローマは常にタイトルレースに残るようなチームじゃないからね。彼はチェルシーという、いつも相手を圧倒して、優位に戦えるクラブからやってきた。しかし、このクラブでは、ただ点を決めるだけではなく、フォワードがもっと多くのタスクをこなさなければならない。戦術的な一例を挙げよう。この試合でラインを下げてブロックを作った際に、アタランタのプレスが激しく来ることは判っていた。選手たちはボールを奪取してからあまり手数をかけてはいけないと理解していた。だからパロミノやトロイといった選手とのデュエルに勝つためにフィジカルを駆使してボールを動かす選手が必要だった。その点でタミーは大きく成長しただろうね。これからももっとゴールを決めるのは間違いない」

ヴェレトゥの活躍は際立っていました。彼は本職の攻撃的ミッドフィルダーとして自身の仕事をやり切りましたね。

モウリーニョ監督「最高だったな。だが、彼がそれをできたのは、ミキタリアンがヴェレトゥ以上にハードな守備のタスクを負っていたからだ。前半、相手の3人のディフェンダーにプレスをかけるために、ミキをトロイにマークさせた。ミキはトロイの動きに合わせてプレスをかけ続けた。時に右サイドまで動かなければなかった。しかし、それで開いたスペースをジョルダン(ヴェレトゥ)がスプリントしたことで、ザニオーロはいくつかの局面で助けられていた。このようなチーム全体のリアクションを気に入っている。私たちがベストメンバーでなければ、いやベストメンバーであっても、苦しい時間帯はやってくる。今日のチームはその苦しい時間帯に勇敢に戦った。これがこの試合で得た改善の例だ。また失点して折り返した後半の入り方も同様だ。これまでは及び腰で入るところを、うちの子はしっかりと守り、集中を切らさずにカウンターで脅威を与え続けた。本当にがんばったと思う。もちろん勝ち点が最も重要だが、この勝利はチームの精神的なアプローチが大きな一歩を踏み出したことを物語っている」

ザニオーロにとって今日の試合はどのような意味を持つのでしょうか?

モウリーニョ監督「とても大きい意味だ。私は他の人たちには些細に思えるものに目を向けている。彼は序盤にカードを貰ってしまったが、もしもこれまでの頭の足りないニコならば冷静さを欠いたり、感情をコントロールできずに退場させられていた。もしくはハーフタイムに交代かもしれないな。だが、今日のニコは冷静さを保ち、カウンターで相手に脅威を与える方法を見出した。それがニコロ・ザニオーロの素晴らしい仕事だ。得点以上にニコが自身のメンタルを維持し続けたことが収穫だと思っている」


公式記者会見

前日会見でアタランタのプロジェクトに言及しましたが、この試合で6年間ローマにいる自分は想像できましたか?

モウリーニョ監督「当たり前だ。ここには3年契約でやってきたが、それは1年、2年では足りないと考えたからだ。このプロジェクトを気に入っているが、もう少し何かが必要だ。少しづつメルカートで補強して、日々の仕事と若手の成長がミックスしていけば、2,3年後には良い結果を得られるだろう。アタランタを見て欲しい。あそこにはピッコリという才能豊かな若手がいるが、この試合で途中から出てきたのはムリエル、ミランチュク、マリノフスキだ。それだけの層の違いがある」

この勝利は首位インテルへのアシストでしょうか?

モウリーニョ監督「彼らが私たちのアシストを必要だと思うか?彼らはそんなものは必要としない。すでに素晴らしいチームを持っているからな」

<了>

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました