コッパイタリア第5回戦:パルマ(A)

スポンサーリンク

Parma Calcio 1913 Thursday, 16. January AS Roma
0:2
goals
0 : 1 Lorenzo Pellegrini 49.  (Nikola Kalinić)
0 : 2 Lorenzo Pellegrini 76. / penalty

その定食屋は、壁という壁が油で黒ずみ、蛍光灯は、その寿命に抗うようにひどく細かく明滅を続けた。この心がざわつくようでいて、やけに安心してしまう雰囲気は、おそらくはこの店内に漂っているのが、ラーメンや蕎麦やカレーの匂いではなく、死のにおいだからだ。
プラスチックのコップは黄ばみ、半分に折ったスポーツ新聞を片手に昼呑みしているアウトロウに混ざって、コロッケそばをすすると、気分は矢吹丈、つまりハングリー・ライク・ザ・ウルフの心持ちであった。隣に座っていたジャバザハットをダウンサイジングしたような老人が、「兄ちゃん、タップってなんの事だ?」と突然話しかけてきた。見せられたスマホの画面は麻雀ゲームで、カラフルな龍の舌先に『タップして下さい』と表示されている。もはや痺れるしかない。
リーズナブルなランチを食べたいだけならファーストフードに行けばいいし、サッカーは結果が全てと言うならば、リヴァプールを追うと良い。しかし、モア・ノンプリュ、ぼく『も』そうではない。ファーストフードはもう飽きた。それに他のクラブを応援するくらいならローマと一緒に負けていたいのだ。

そして、このルーザーが集う(含む如月)定食屋がかもし出す見果てぬ昭和に憧れている。ぼくは、昭和70年代、80年代の日本に憧れがある。四畳半、妻と瓶ビールにジャイアンツ。少し酔いが廻ると、妻がうちわであおいでくれた。「あら、あなた。布団を敷きましょうか?」「すず香、まだいいよ。8回の表だから」「寝てらしたのでしょう?」「いや、これがいいんだ。そうだ、すず香、何か子守唄でも歌ってくれないか」「いいのですか?私なんかで」「もちろん。その私がいいのさ」「じゃあ1曲だけ・・・紅月だぁぁぁ!

という昭和に憧れるています嘘です。まあそんな話はいいのですが・・・いいんかい!(大塚愛の口調で) 今朝は、運命のコッパ・イタリアがありました。このコッパ・イタリアに出し惜しみなしのスタメンをぶっこんで来たフォンセカ。これが指し示すオーダーは『勝利せよ』である。ただし、戦術の軸であるジェコが2試合の出場停止処分で、事前にカリニッチのスターターがアナウンスされていた。

本来であれば、ベンチに座るマッテオ・ポリターノの姿を観られたであろうこの試合。彼はメディカルチェックをパスしながらも待機状態で実家で不安な夜をこの試合を観ながら過ごしたであろう。というのも、インテルが直前になり、契約形態をローンに変えたいと言いだしたからで、ポリターノ、スピナッツォーラにとってなかなか迷惑な話である。今さら両選手共、自分を売ろうとしたクラブに戻りたくない。ということで、この契約は、出場数による買い取り義務付きのローンに切り替わり、間もなく成立すると言われている。

話を戻すと、パルマは、主力に休養を与える為に、アルベルト・グラッシ、ジェルヴィーニョの召集を見送ったが我らがローマちゃんは、コッパ・イタリア第5回戦なのに、これだけ何かの大会の決勝くらいトップギアで、これには西野カナ以上に胸が震えた。ただ、理由は判らないが(本当は判るけど)、ひどく眠くて、太ももにボールペン刺しながら観ていたので、詳しくはこのあとのパジェッレに譲ろう。

primotempo

崩す方法を手探りで探す中で、割りと早い段階でウンデルが中盤のプレスをフリックでかわしたり、19分には、足元にパスを要求したペロッティへ、対角線のスルーパスを入れてみたりと実にセンスの良さを感じるプレーをしていた。と思えば、うちのイケメンは「俺がゴール決める」という声が駄々漏れのプレーをしていた。ゴールを決めるというか、至る部分でトッティへの憧れを感じた。
しかし、その後、どちらもほぼノーガードの打ち合いに突入。先に書いたように、戦力差があるのに、まるでイーブンな寄せては返す一定のリズムで繰り返す攻守の切り替えに、催眠効果があったのではなかろうかと睨んでいる。

secondotempo

後半、48分にようやくローマがワンツーで崩して、イケメンがネットを揺らしてローマ先制。そこからパルマのファウルが増え始めるも、ゲームクローズは75分、フロレンツィのクロスがバリッラの腕に当たったとしてリゴーレ。既にペロッティは交代していたので、ここでボールをセットしたのはコラロフではなく、うちのイケメンだった。スリップかアクセントかよくわからないキックでネットを揺らして、自身ローマ初のドッピエッタ(ここ調べないで適当に書いてます)

次の相手はユヴェントス。こんなに早く借りを返せるなんてラッキーだね。

BABYMETAL – AKATSUKI「紅月アカツキ」BLACK NIGHT HD1080p

コメント

スポンサーリンク