【FBref データで読み解く】ASローマ・シーズン前半大解剖
詳細へ
スポンサーリンク

【パジェッレ】セリエA第7節:ジェノア(A)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

text by m♡o♡s♡h

マッチレビューはこちらから。

・Pau Lopez 5
ビルドアップもハイボールのキャッチングも不安しかない。特にビルドアップは何がしたいのかまったく分からなかった。

・Mancini 6.5
責任あるカバーリングが素晴らしい。

・Smalling 6.5
セーフティなプレイを優先して見る者を安心させてくれた。

・Ibañez 6.5
時折見せた鋭いオーバーラップが好印象。速くてクリーンで硬かった。

・Veretout 6
ハイプレスとオフェンスの意識が高くて良かった。やはりスタミナの鬼。

・Pellegrini 6
攻守のバランスが良い。

・Karsdorp 6
75分過ぎてクリーシトと談笑してる姿を見て、われ、スタミナついたやんけ!となりました。スピナの怪我の状態によって、冗談ではなく大きな助けになる成長だと思う。セーフティな判断が多くクロスもほぼないので、縦への推進はもっと欲しい。

・Spinazzola sv

・Pedro 6.5
ゴール仕事は相棒に任せてお膳立てに回ったけど、それも最高なのである。

・Mkhitaryan 8.5
言葉にすると陳腐になるほどの活躍でした。最高!

・Mayoral 5.5
今のところ、自分の心の中の蓮舫議員が「カリニッチじゃだめなんですか?」と言っている。

・Bruno Peres(⇔ Spinazzola) 6.5
危うさはあるにせよスピナの代役という大役を無事こなせた印象。ただシュートを×ボタンでしか打てないんか?シュー練しようぜ!

・Cristante (⇔ Mayoral) 5
ムヒタリアン3点目の起点になったことを考慮しても、あのシュートミスの心証が悪すぎた。

・Villar (⇔ Pellegrini) sv

・Fonseca 7
下位チームとは言え、主力2本柱を失いドン引きするディフェンスをこじ開けて勝利に導いた功績は大きい。全身黒スーツセットだと調子が良いのでは??

総評

スコアやダイジェスト映像で見られる印象ほどの快勝ではないけれど、よく勝ちきったと思います。今シーズン最高の立ち上がりの前半序盤のムードは、スピナ負傷交代から徐々に失われ、得点ができないイヤな流れになりました。だからこそ前半終了間際にCKから得点できたのは本当に大きかった。

後半もカウンターに徹したジェノアに数分間は脅威的な時間を作られたけれど、それも自力で打破。その中心にいたのは紛れもないスーパースターことムヒタリアンでした。調べてないから分からないけど、ローマでトリプレッタした選手はいつまでさかのぼればいいんだろ?とにかく久々の快感でしたね。エクスタシーそのもの。

あと良い意味での変化として、効果的なサイドチェンジが多かったこと。完成度は別にしてELでやられて翻弄されまくったセビージャサッカーを思い出しました。それだけではなく、ゴール前に立て籠もられたらノーアイディアで放り込んでいた過去と決別したような、ポジションチェンジと軽快なスピードでのパスから崩すサッカーは素晴らしかったですね。ローマちゃんはショートカウンターだけじゃないんだぞ……って感じで。

現時点でCL圏内の4位。ヴェローナ戦の裁定によっては勝ち点1が加わり単独3位に繰り上がり。この時期でも順位は大変大切なので、この無敗をできる限り続けていただきたいです。ローマ戦が楽しいぞ!

コメント

  1. Daien より:

    特に3点目はEDF期から試行錯誤を続けた得点パターンが一つの果実になった瞬間でしたね。ローマというクラブにとってのこの3年間の一つの勝利のような得点でした。
    一度ペドロが右で持ち、中央(ヴェレトゥ)に戻して自分はワイドに開きなおしてマーカーを遠ざける。ヴェレトゥがまた右に戻して中央に走り込むことで中央のDFが引きつけられ、フリーでプレッシャーのないペドロがこれまた中央でフリーのミッキーに美しいラストパス。何回見ても鳥肌が立つ。各々の動きに意味があって、こんなにきれいにマーカーを剥がして連携で決めたゴールは本当に久しぶりなのではないかと。これを突き詰めてほしい!

    • 如月/kisaragi 如月/kisaragi より:

      Daienさん
      確かにEDFは本当はこういうサッカーやりたかったのかなと思いましたね。
      ここまで明確な連動で崩したのは、ぼくの記憶では昨シーズンのオリンピコのサッスオーロ戦でコラロフのアシストでジェコ弾でしょうか。
      ハーフスペースに入ってシュートを打てる選手が現在はミキタリアンしかいないので、
      やはり得点パターンの幅を広げて、なおかつアシストもできる重宝する選手だと感じました。

  2. 猫のピート より:

    最近のローマのハットトリックといえば自分はモー・サラーが印象深いですが、それでももう4年くらい前ですかね?この年のサラーも凄かったけれど この年はジェコ様がとてつもなかったような気がしますね

    • 如月/kisaragi 如月/kisaragi より:

      猫のピートさん
      案外薄情なのでぼくはサラーのハットトリックは覚えていませんが、
      2018年のプルゼニ戦でジェコが3得点したのだけはなぜか覚えています。
      ローマの公式サイトで歴代ハットトリック特集やってるみたいですよ。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました