ペッレグリーニ主将、2021年を総括する
詳細へ
スポンサーリンク

【怪我人情報】ロレンツォ・ペッレグリーニ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

トリノ戦前半15分で右の大腿四頭筋を痛めて交代したペッレグリーニですが、復帰の目安は30~40日間となりそうです。この怪我でカピターノは今週のボローニャ、インテルだけでなく、スペツィア、アタランタ、サンプドリア、カンファレンスリーグの最終節など年内の公式戦全てをパスします。そもそもインサイドハーフに多くの選択肢を持つローマでしたが、ペッレグリーニ、クリスタンテ、ヴィジャールとこのポジションで重要な選手を失っています。なお、ペッレグリーニの復帰は年明けのミラン戦を予定しているとこのと。

他クラブ情報ですが、アタランタの最高傑作ゴセンスが再びハムストリングスを故障したという速報が入っています。これにより、12月18日のローマ戦の出場は見送られる見通し。


これから気温が下がり、筋肉系の厄介な怪我のリスクが増えます。理学療法に基づいた試合前と後のケアが大事になると思います。みんな怪我せず年越しできるよいに気をつけて!(特にスモーリング)

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました