EL Group J最終節 前日会見:パウロ・フォンセカ監督

スポンサーリンク

本日2回目の更新はフォンセカ監督。同会見ペロッティ編はこちら

ローマを指揮して半年が経過しました。現在のチームをどう評価しますか?

フォンセカ「いや、現時点でチームを評価はしたくないんだ。それはシーズンの最後にすべきことだからね。だが、チームは私が来たときよりも遥かに優れている」

明日の試合を終えると、週末はSPAL戦です。ローテーションを考えていますか?

フォンセカ「4,5人の選手の入れ換えを検討している。とても難しい試合だが、私は全ての選手たちを信じているんだ」

エディン・ジェコ、アレクサンダル・コラロフ、パウ・ロペスは明日プレイするのでしょうか?

フォンセカ「ジェコはプレーする。コラロフ、パウはプレーしないだろう」

本日、クリスタンテがフィールドトレーニングを開始しましたが、冬のメルカートで中盤の補強はありますか?

フォンセカ「いや、クリスタンテ、ヴェレトゥ、ディアワラ、ペッレグリーニ、ムヒタリアンがいるんだ。その必要はないね。ブライアンの方が良いよ。彼は1月には戻ってくるからね」

クライフェルトとパストーレの状況は?

フォンセカ「クライフェルトはSPAL戦で使えるだろう。パストーレはリカバリーを続けていて、あと数週間で準備できる」

フロレンツィはなぜプレーしないのでしょう?

フォンセカ「特定の選手のシチュエーションや、オプションの選び方については話さない。私が必要だと思えばプレーするし、そうでなければプレーしない。これはフロレンツィだけでなく、チームの全ての選手に言えることだ」

あなたはまだイタリアに来たばかりの監督ですが、度々このリーグの難しさを口にしています。昨日のアンチェロッティの解任は、あなたに危機感を与えましたか?また、この一件はリーグの難しさを表しているのでしょうか?

フォンセカ「セリエAは本当に難しいリーグだと言ってきたが、こうして同業の仲間がクラブを去るのは胸が痛むよ。アンチェロッティさんにとって、昨日は本当に大変な1日だったと思う。私は彼のような素晴らしい監督をいつも尊敬している。誰かがこのような事になるとき、私はいつも悲しい気持ちになるんだよ」


今夜(というか明朝)運命のEL最終節。それまでnote版ローマ速報でも読んで気持ちを高めるとよいです!

大人のローマ速報『トッティ&デ・ロッシ、バンディエラは旗をたたまない』|ASローマ速報~ROMANISMO|note
セリエDからこんにちは~スレイマヌ・ディアムテーヌ かつて2004-05シーズンにゼーマン監督のレッチェでプレーして、クラブが降格した後も精神的支柱として残り続けたスレイマヌ・ディアムテーヌ。そんな彼の人生の転換期は2009年。冬のメルカートでローマは彼を連れてくる事に決めたのである。 しかし、マリのディフェンダ...

コメント

スポンサーリンク