選手採点 セリエA第10節:ウディネーゼ(A)

スポンサーリンク

Udinese Calcio Wednesday, 30. October 2019 AS Roma
0:4
goals
0 : 1 Nicolò Zaniolo 14. / left-footed shot  (Aleksandar Kolarov)
0 : 2 Chris Smalling 51. / right-footed shot
0 : 3 Justin Kluivert 54. / right-footed shot  (Javier Pastore)
0 : 4 Aleksandar Kolarov 66. / penalty

・Pau Lopez 7
エリア外からのシュートは全て止めるスーパーグレートゴールキーパーです。

・Santon 6
エリア内での危うい守備や前線でのもったいないボールロストはあったけれど、主力のターンオーバーに貢献したし、献身性の高い上下に激しいハードワークは素晴らしいと思いました。

・Smalling 7.5
エリア内での守備は1200点だったし、待望のゴールもあった。元永久欠番の6番が輝いて見えます。

・Fazio 6
単純にプレイ時間が短かったのでこの採点ですが、90分プレイしてたらきっと大活躍してたでしょう。安定してました。

・Kolarov 6.5
3点目のartなカウンターの起点となったり、無慈悲PKをぶち込んだりと実利のある活躍でした。

・Mancini 7
今日は前線への推進力が増していたし、ファシオの不当な退場後はクオリティを落とさずセンターバックとボランチの二役を見事にこなした。

・Veretout 6.5
10人になって以降、マンチーニが後ろに下がった際には広範囲を一人で担当した。派手さはないが中盤での潰しと的確な配球の両方を高い水準で行ったし、勝利には絶対欠かせないピースだった。ただプレイスキッカーはちょっと疑問かもしれない。

・Pastore 7.5
個人的マンオブザマッチ。スタメンが続き、2年越しに本当の姿を見せ始め、決定的なパスとシュート、他では見られないドリブリングを堪能できました。トッティで育った僕たちには、この手のファンタジーがないと生きていけない。

・Zaniolo 7.5
落ち着いて決めた1点目はリーグ戦で初のアウェイゴール。ゲーム終盤に交代するまで、ハードな守備も含めて一切サボることはなく、上辺だけすくったカペッロさんに恥をかかせ続けている。(※個人的な恨みはありませんよ)

・Kluivert 7
セルフィッシュなプレイを我慢している様子が画面から大いに伝わってきた。ゴールはそのご褒美、汚名返上完了です。10節にして早くも先シーズンのゴール数を上回った。どんどん行こう。

・Dzeko 6
イージーなシュートほど外す姿を見て「これこれ、これよ」と笑える展開でよかったです。シュート以外は良かったと思う。

・Cetin (⇔Pastore) 6
ローマの謎マンが今節も出場。もみあげの形状がインドの映画俳優。ぶっちゃけどこにいるか分からない時も多かったけど、マンチーニと順番にボランチの位置を担当する時があって、前節の右SBに入ったことも含めてユーティリティー性能が高そうだし、悪い意味での目立ちがなかったということは安定度は高いのかもしれない、というのが現時点の印象です。

・Perotti (⇔Kluivert) sv

・Florenzi (⇔Zaniolo) sv

・Fonseca 7.5
今シーズンのベストゲームを10人で作ったこと、10人でも守勢に入らなかったこと、10人でも堅い守備組織を作ったこと、全てを完全に評価したいです。

総評

こんな試合を当事者として見るために生まれてきたのかも、と思えるほどの痛快な試合でした。無粋になるのでファシオ退場のシーンについては触れません(命拾いしたな主審さんよ)。
10人になって以降の方がより多くのスペースが生まれ、ボールも人も動く、メリハリのある理想的なサッカーのように見えました。ただこれを言うのは簡単で、全員のハードワークが無ければ絶対にあり得ない展開。それを植えつけたフォンセカ監督のマネジメントは素晴らしいです。戦術家でもありモチベーターでもあるんでしょう。レッドカード以降にメンタルのバランスが崩れなかったことは、カリアリ戦、ボルシアMG戦の不当な判定の経験が奇しくもチームを強くした、ということでしょう。
また当たり前だけど、無失点なのが素晴らしいですね。スタッツを見てるわけではないけれど、ウディネ戦を含めたここ数試合、エリア内での被シュートがとても少ない印象。エリア外から打つシュートはパウ・ロペスがキャッチし、エリア内では主にスモーリングがガン弾く。パーフェクトスカイです。
本当に全ての選手が素晴らしくピックアップするのはふさわしくないかも知れないけれど、パストーレ、ザニオーロ、クライファートの3人はスペシャルで、特にパストーレの復活が勝ち点に直結してます。つまり、今のローマの強さはジェコ+トップ下のクオリティに掛かっていると言っても過言ではなく、怪我人が戻ってくるまで(特にロレンツォ)パストーレに怪我をさせないことが今年の順位を決定づける最重要要素の一つだと思います。故に、晩年のトッティのように70分あたりで交代させる策は非常に良いと思います。
今日の勝利でナポリを抜いて4位浮上。気分がいいですね。本当に気分がいいですよ。

文、構成●text by mosh

Udinese 0-4 Roma | Smalling Bags First Goal as Roma Smash Udinese | Serie A

コメント

  1. ざきおーろ より:

    ファシオ退場後のゴールの度に、チームが一体となっていく感じがして、とても感動的な試合でした

    • モッシュ より:

      間違いなくチームアップしましたよね!
      退場がなかったら悪い意味で違った展開になっていた可能性もあったかもしれない、と思うほどの出来でした。

      つらかったここ数試合を耐えたご褒美ですかねw(ただ観戦してるだけだけど)

スポンサーリンク