新シーズン開幕前日会見:フォンセカ監督「私はヴェローナやアタランタから多くを学んでいる」

スポンサーリンク

いよいよ開幕戦が始まります。初戦の相手はエラス・ヴェローナ。冬には9戦無敗でユヴェントスまで倒した難敵です。そしてここにきて戦力ガッタガタのローマちゃんですので、苦手なアウェイも相まって、ここをどう乗り切るか、フォンセカの手腕に期待したいところ。


マラシュ・クンブラはスターターの準備ができているのでしょうか?また、明日は誰がセンターフォワードを務めますか?

フォンセカ監督「フォワードはもう少し様子を見てみよう。クンブラは昨日ローマに加わったばかりで、遠征には連れていくがスターターの準備はできていない。彼はヴェローナとは異なるスタイルのサッカーを理解する必要があるんだ。ただ、クンブラは非常に聡明な子で、私が求めているものを完全に理解はしている」

クンブラの到着はローマがさらなる若手主体の組織化を目指すものだと示唆しています。これはミステルも同調しているのでしょうか?

フォンセカ監督「もちろん。私はこのアイデアを気に入っているよ。ローマには経験豊富な選手も在籍している。これらを融合させることが可能だ」

リック・カルスドルプはチームに残ることができますか?それともブルーノ・ペレスが戻るまでの緊急措置でしょうか?

フォンセカ監督「まず言えるのは緊急措置ではないということ。彼はローマに残り、今季一緒に戦う。リックはこの数週間一生懸命仕事に取り組み、チームを助ける準備ができてる。私たちは彼を信じているんだ」

クンブラのように契約二日後に新加入選手を召集したことはありますか?

フォンセカ監督「思い出せないね。どちらにしても状況に依るとは思う。少なくとも加入して二日の選手を試合に投入するのは簡単なことではないはずだ。例えば、他に選択肢がないとか、そういった場合には起用する可能性はあるが」

クラブの移籍市場に満足していますか?

フォンセカ監督「すべてを行うために十分な時間がないという意味で、この夏のメルカートはとても難しい。クラブと私はチームに最適なソリューションを見つけようと取り組んでいる。ローマにとって活発なメルカートになることは事実だが、これまでに行われた取引には満足している」

今シーズン、あなたにとってキーパーのファーストチョイスは誰でしょうか?パウ、それともミランテ?

フォンセカ監督「明日どうなるか見てみよう」

フォーメーションに関係なく、現在ローマにはカルスドルプ、スピナッツォーラ、ペレス、カラフィオーリの4人のサイドバックしかいません。サイドからの侵攻を得意とするヴェローナに対して彼らで十分でしょうか?

フォンセカ監督「サントンもいるよ。ヴェローナはピッチをワイドに使が、カルスドルプ、スピナッツォーラは良いプレーをする準備ができている。チームの力になると信じている」

ミリクが加入してジェコが去りローマは強くなるのでしょうか?

フォンセカ監督「ジェコは私たちと一緒にヴェローナに向かう。だからこの取引について話すのは意味がないね」

クリス・スモーリングをローマに呼び戻す自信はありますか?

フォンセカ監督「私は彼が帰ってくると信じている。日々クラブはスモーリングの移籍に取り組んでいて、私も彼と連絡を取り合っている。昨日も電話で話したよ。クリスはローマ復帰を望んでいて、私たちも彼が必要だ。あと数日でこの取引に動きがあると思う」

イタリアのサッカーからどれほどのものを学びましたか?

フォンセカ監督「私は常にヴェローナやアタランタのようなクラブから多くを学んでいるんだ。ピッチ全域でマンマークするスタイルはとても珍しい。昨シーズンはヴェローナには良い結果を残せたけれども、明日はまた別の試合だということを理解する必要がある」

3バックと4バックどちらで戦いますか?

フォンセカ監督「どちらのシステムの準備もできているし、試合の流れのなかで変えていくことも可能だ」

ヴェローナは攻撃的なチームで、昨シーズンは、ローマが最もポゼッション失った試合のひとつでした。明日もそうなると考えますか?

フォンセカ監督「そうかもしれないね。私たちがボールを保持するのは困難かもしれない。それゆえに、マイボールをすぐに前線に運ぶ必要がある。なぜならば、彼らは失ったボールを取り戻すために素早くマークしてくるからね。明日は対戦相手のプレースタイルに適応する必要があるだろう」

<了>

コメント

スポンサーリンク