【最新ロマ速動画】謎のダンボール開けてみた
詳細へ
スポンサーリンク

ヨーロッパリーグGS:CFRクルージュ(H)、そしてダニー登場

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

AS Roma Thursday, 5. November 2020 CFR Cluj
5:0
goals
1 : 0 Henrikh Mkhitaryan 1. / header  (Leonardo Spinazzola)
2 : 0 Ibañez 24. / header  (Jordan Veretout)
3 : 0 Borja Mayoral 34.  (Bruno Peres)
4 : 0 Borja Mayoral 84.
5 : 0 Pedro 89.  (Tommaso Milanese)

試合開始59秒でミキの鋭いヘッダーが決まると、そこからローマの猛攻は始まった。まさに空爆とも言える広域の波状攻撃で、ローマはクルージュのファイナルサードをあらかた焼き払うつもりなのだ。しかし、5分後には相手の反撃を受ける。ここでかなりゲームスピードの早い展開になり、何度か致死性のシュートを打たれるも、この時間GKパウ・ロペスがよく持ちこたえた。鳴り物入りの初年度より、遥かに落ち着いている。そして、落ち着いたのはもう1人、これまで2度ヨーロッパリーグに出場しながらノーシュート&ノーゴールのマジョラルが初ゴールをマークしたのである。更には83分に遠目から思い切りのよいシュートを決めている。フォンセカ監督は2つの良いチームと、1人の若き点取り屋を手に入れたのである。


ここ最近の監督の信頼はあなたにとって重要でしたか?

マジョラル「最近じゃないですよ。まだローマに移籍する前からフォンセカ監督はぼくに電話で、どれだけチームき必要かを話してくれたのですから。だからいつでも背中を押してくれていたと感じています。ヨーロッパリーグは戦い慣れていますが、新しい国、リーグ、システムに慣れるにはもう少し時間が必要ですが、監督とチームメイトの信頼を感じています」

セリエAとラ・リーガは違いますか?

マジョラル「ええ。イタリアは確かに戦術的です。ストライカーの守備は特に複雑ですね。でも、ここでプレーし続けたら上手くなると思うし、成長するチャンスだともとらえているのです」


そしてこの試合のもうひとつの見どころは、客席にライアン副会長のお兄ちゃんでフリードキン家長男であるダニーさん(31)の姿があったということでしょう。チームの快進撃とフリードキン一家のローマ滞在は無関係ではありません。信頼がチームを強くするのです。

コメント

  1. 上杉 より:

    この試合で一番気になったのは、クルージュの胸スポンサーがNTT Dateってとこですね笑
    マジョラルにもゴール出てよかったです

    • 如月/kisaragi 如月/kisaragi より:

      上杉さん
      ちょっと調べたら現在NTTデータは欧州でブランド強化をしているらしいですよ。
      その一環だと思います。カタール航空がイタリアで国際線を増やしたいのでローマと契約したのと同じですね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました