フロレンツィはヴァレンシアのメディカルチェックに向かう

スポンサーリンク

昨日のフロレンツィ関連の動きですが、当初完全移籍を希望するローマと、条件付きで買い取りに移行するレンタル移籍を望むヴァレンシアで大きな隔たりがあったものの、ここはひとまず6月までのただのレンタルということで決着がついたご様子。メディカルチェックは本日行われる予定です。

フロレンツィ本人の短いコメントもありました。

フロレンツィ「ぼくはまだ何かを話せる気持ちの整理がついていないんだ」

ローマファンについて言いたいことを尋ねられ、笑顔でこう返しました。

フロレンツィ「たくさんある!その時期がきたら、多くのことをロマニスタたちに話すよ」

代理人からも現状の説明がありました。

アレッサンドロ・ルッチ代理人「最も大切なのは、フロレンツィが落ち着いているということだ。ヴァレンシアは以前からフロレンツィに関心を持っていた。私たちは現状について考える必要があり、これは誰にとっても良い移籍となると信じている。どのように交渉が行われたかは6月に話せるだろう。これが別離ではなく、アリヴェデルチ(またね)か?そうだな、人生は常にまた会おうなのさ」

コメント

  1. FX より:

    フロレンツィが荷物を持ち背中を向けて手をあげる写真を見ました。
    悲しすぎる。
    これがプロの世界では当たり前のこととわかっていても。
    ロマニスタにとっては当たり前ではないから。

    • 如月/kisaragi 如月/kisaragi より:

      FXさん
      これは慣れないですよね。思い入れありすぎて言葉が追い付かない。でも決まった以上プロとして頑張って欲しいし、怪我はしないで欲しいですね。

  2. ぽむぷりん より:

    初めて投稿させていただきます。
    W2002以降トッティを好きになりローマを追いかけてきて、最近では悲しみと絶望感を味わい続ける日々に追われる日々ですが、フロレンツィのそれはまた新しい感覚とゆうか、ローマ自体を超越した選択ともとれる判断でした。
    僕はローマだけでなくアズーリに賭けてきた夢の続きをまた見たい!
    伝統のカピターノの最大の判断を尊重するとともに、”絶対ではない”フロレンツィの進化した状態での帰還を期待せずにはいられません!
    フォルツァ、フロレンツィ!!!
    昨季最後のユーベ戦のゴールが忘れられない!

スポンサーリンク