ペッレグリーニ主将、2021年を総括する
詳細へ
スポンサーリンク

【UECL試合後のコメント】モウリーニョ監督「最初のゴールで勝利を確信した」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

マッチレビューはこちらから。


ザニオーロのトリプレッタ、エイブラハムの先制点、何が一番印象に残りましたか?

モウリーニョ監督「準決勝進出が最も重要なのは間違いないが、最初の1分からのうちの子たちの入り方が全てだ。インテンシティ、ハイプレス、ボックス内でのクォリティ…正直先制した1-0の時点で勝負は決まった」

昨日も監督は自信に満ち溢れていました。

モウリーニョ監督「ノルウェーでの敗戦後も問題があるとは思わなかったし、自分たちの方がボデよりも強いのだと自信を持っていたからな。常に自分たちは優れていて、サッカーに集中できていると感じていた。確かに4回対戦して最後にようやく勝利したのは許せない。それでも最も重要なのは、初戦を2-1で負けてもトータル5-2で勝利できたということだろうね」

満員のオリンピコはいかがですか?

モウリーニョ監督「ファンタスティコ!!!ロマニスタとチームは共感している。この情熱が素晴らしいのさ。次はナポリ戦だが、彼らがスクデットレースを戦うならば、私たちは5位争奪戦を戦うまでだ」

ザニオーロのゴールは白眉出来でした。ここ最近美しいプレーについての論争がありましたが、最終的には結果が重要だと思いますか?

モウリーニョ監督「良いプレーをして勝つのは理想だし素晴らしいことだろうね。だがしかし、良いプレーをしたけど負けるというのは好ましくない。負けても良いプレーをした方がいいなんてのは「私は明確なアイデンティティを持っている監督だ」というヤツだけだろう。でも、そんな人間は結局なんにも勝てない。ローマに関しては、人々が言うよりも良いプレーをしていると思っている。オフィスでサレルニターナ戦を観返したが、特に後半は本当に良いプレーをしていると感じたよ。私たちが長い間負けていない理由をメンタリティと組織力だと言ってしまうのは超絶簡単だ。だが、実際にはみなさんが考えるよりも、遥かに質の高いプレーをしている。ただ、今夜に関してはローマの方が単純に強かった。ハーフタイムに私は選手たちにこう言った。「今夜6点獲って意趣返しだなんて考えるな。ただ準決勝に進む方法だけを考えろ。そのためには試合を支配し続けるしかないんだ」とね。残り10分でみんなが疲れてラインを下げ、時計を気にし始めたのは理解できるよ。それでも私たちローマは正しい精神を示して結果に値したと思っている」


DAZNのマイク

モウリーニョ監督「過去3試合勝利がなくとも、今夜は勝ちを確信していた。集中して目標を定め、覚悟をもって自分たちを信じれば勝利すると思っていた」

ローマダービー以上の内容でしたか?

モウリーニョ監督「これはトーナメントの過程でしかない。ボデと、明らかにボデより強いラツィオを比べようとは思わないが、過去3試合でわかるようにボデは組織されたグループで、ローマを困難に陥れることができる。ただ、今夜のローマはそれ以上に強かった。積み上げた経験と知識で、どこに彼らのほころびがあるのかを知っていて、本当に堅実な試合運びができた」

ザニオーロの夜?

モウリーニョ監督「彼にとって素晴らしい夜になった。トリプレッタを決めて、試合球を持って帰ったよ。彼は『高値で売れる』男で、プレーしただとか、しないだとか、イエローをもらったとか、PKが与えられなかっただとか、そういったことが毎日新聞に載るような男でもある。私に言えるのは少なくとも明日の朝刊にも彼が載るということだけだ」

次はレスターとの準決勝です。

モウリーニョ監督「チャンピオンズリーグに2チーム、ヨーロッパリーグに1チーム、そしてカンファレンスリーグに1チームと、英国のクラブはすべての大会に残っている。それがプレミアリーグだ。しかし、ヨーロッパの大会でイタリアの旗を掲げているのは残念ながらもう私たちしかいない」

<了>

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました