スポンサーリンク

【最終章】続・誰がロマニスタを殺したのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ペトラーキはローマを訴えた

解雇を不当とするペトラーキはローマを相手に訴訟を起こした。ペトラーキが望むのは、2022年6月30日契約満了までのギャランティ500万ユーロ。一方で解雇の正当性を主張するローマは120万ユーロで示談にしたいと考えている。しかし、ペトラーキの狙いはお金ではない。スポーツディレクター(SD)として復帰することでもない。ペトラーキとしての意地を貫きたいのだ。

また、ローマの新しいSD探しは難航しているように見える。連結決算で明るみになった多額の負債とこの内輪揉めから派生した裁判は、有能なディレクターがトリゴリアの門をくぐることを難しくしている。そして、今のローマが探しているのは成り上がる野心を持つ人物ではなく、クラブの運命の手綱をしっかりと握ることのできる人物だ。
フリードキンはペトラーキの存在に気が付くことが出来るのか?今回はペトラーキの公判後初のインタビューをお届けしたい。スポーツディレクターの真骨頂である、ローマのメルカート秘話などにも触れながら、彼自身がどこを目指しているのかを語った素晴らしい内容になっている。

 

これを機にパロッタ期のローマについても多くを解明したいと思います。まずはトリノについて。ローマはあなたをトリノから奪うためにあらゆることをしました。

ペトラーキ「カイロ会長は私が去ることを望んではいなかった。決して辞表を受け入れなかった」

それがローマに到着して1年足らずで崩壊します。あなたは職務停止の後に突然解雇を言い渡された。その後、あなたがローマを訴えた。


この続きはnoteが購読することができます。

続・誰がロマニスタを殺したのか?ジャンルカ・ペトラーキ最新インタビュー|ASローマ速報~ROMANISMO|note
*未読の方は上部リンクの記事を読んで頂けるとより事の経緯を理解できると思います。 ペトラーキはローマを訴えた 解雇を不当とするペトラーキはローマを相手に訴訟を起こした。ペトラーキが望むのは、2022年6月30日契約満了までのギャランティ500万ユーロ。一方で解雇の正当性を主張するローマは120万...

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました