ペッレグリーニ主将、2021年を総括する
詳細へ
スポンサーリンク

【動画アリ】夏のテストマッチ トリエスティーナ対ローマ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

*キャプテンマークを巻いた途端リーダー感がほとばしるスモーリング

TRIESTINA 0-1 ROMA   Zalewski (49′)

TRIESTINA: Offredi; Rapisarda, Volta, Ligi, Lopez; Giorico, Rizzo, Gatto; Di Massimo, Gomez, Sarno.
控え.: Martinez, Struna, Baldi, Capela, Giannò, Maracchi, Yaffa, De Genova, Dubaz, Calvano, Catania, Procaccio, Rossi, Natalucci, Coppola, Petrella.
監督: Bucchi.

ROMA: Fuzato; Reynolds (Karsdorp 46′), Ibanez, Kumbulla, Tripi (Smalling 46′); Villar (Diawara 46′), Bove (Ciervo 83′); Zaniolo (Carles Perez 46′), Pellegrini (Zalewski 46′), Mkhitaryan () 46′, (Mayoral 46′).
控え: Boer.
監督: Mourinho.

ローマは前半と後半でフィールドプレイヤーを総入れ替えしました。詳細は以下の通り。

前半 Fuzato; Reynolds, Ibanez, Kumbulla, Tripi, Bove, Villar, Mkhitaryan, Pellegrini, Zaniolo, Dzeko.

後半 Fuzato, Karsdorp, Smalling, Kumbulla, Ibanez, Bove (Ciervo), Diawara, Perez, Zalewski, El Shaarawy, Mayoral

トリエスティーナに殆ど攻撃のチャンスはありませんでしたが、ここで昨シーズンのフォンセカ体制でも度々問題となった、引いた相手に対しての攻めきれなさという課題と向き合うことになりました。モウリーニョはこの夏のトレーニングで、チームのプレースピードを上げようと考えていて(という風にトレーニング風景から見受けられる)、これが少し新生ローマの形として表現されていたように思います。

ローマはポゼッション時3バックで構えましたが、トッテナムでモウリーニョが3バックで戦った試合が10試合あり、実はこのシステムでは2勝4敗4分と実は結果を出せていません。今回はザレフスキのところに上手くボールがやってきて得点しましたが、ここはモウリーニョの手腕を見てみたいところです。

試合後、トリエスティーナのマウロ・ミラネーゼディレクターがインタビューに答えています。

ミラネーゼ「今回ローマのような名門と対戦できたことを嬉しく思うよ。ローマの選手をうちに連れて来ることができるか?どうだろうね。ローマは優秀な若手を多く輩出している。どうなるか見てみよう。ボーヴ?良い選手だ。視野が広く、良いパスを出せるが、トリエスティーナが戦うセリエCでは持て余す才能かもしれないな。モウリーニョさんは私たちのピッチやスタジアムを褒めてくれたよ。この親善試合で対戦できて本当に光栄だ。ジェコはどうだったか?彼がボールを持ったらもう私たちは何も出来ない。そのままにするしかなかったよ」

動画で少し解説をしているので、ぜひ見てみてください。

【夏のテストマッチ3戦目】トリエスティーナ0-1ローマ

【ご視聴に際して】この動画はyoutubeでのフェアユースを遵守して、 あくまでASローマ速報テキストの引用動画として、ASローマ様の動画を使用して制作しました。 ASローマ様の異議申し立てがあった場合、動画の公開を終了しますことをご了承ください。 https://support.google.com/youtube/an…

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました