【FBref データで読み解く】ASローマ・シーズン前半大解剖
詳細へ
スポンサーリンク

【パジェッレ】セリエA第5節:ミラン(A)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

マッチレビューはこちら

text by m♡o♡s♡h

・Mirante 6.5
3失点はしたけれどポテンシャルのある枠内シュートの多くを止めた。

・Ibañez 5.5
ズラタンを横目で見ながらのレオン&テオを抑えるというエクストリームハードモードで、さすがにマークの揺らぎを感じた。右よりも真ん中の方がやりやすそう。オーバーラップはベリーグッド。

・Mancini 5.5
及第点だがスーパーではない一日。マークをずらす場面が多く見られた。

・Cumbulla 6
ゴール後の昇龍拳をした時の顔を見て「守りたい、この笑顔」となりました。ミランの左サイドはある程度消せていた。一方、こちらもマークをずらしていた。

・Veretout 6
展開にもう少し貢献して欲しかったし、二失点目は珍しく散漫になりサレマーカーズのマークを外していた。とはいえPKの成功率100%はおみごとです。

・Pellegrini 6
価値あるアシストがありディフェンス面でも貢献していた。ただ順序的にはまず仕掛ける、まず狙う選択をして欲しいし、セーフティなコースを狙うならパススピードを上げて欲しい。

・Karsdorp 5
高めにポジショニングしてテオ・エルナンデスを押し込む、見えない貢献は評価したいけどディフェンス面はあまりに軽すぎた。

・Spinazzola 5
常時ダブルチームで何もできなかった。1 on 1でも縦を切ればオーケーとバレてしまった。

・Pedro 6.5
今日も勝者のメンタリティを発揮。怪しすぎたとは言え、あのPK奪取シーンも足の最後のひと伸びがもたらしてくれた。

・Mkhitaryan 5.5
ボールが足に付かない日だった。動きは良い。

・Dzeko 6
ワンチャンス=ワンゴールでチームを救った。

・Bruno Peres(⇔ Karsdorp) 5.5
若干ながらも流れを引き戻した。

・Cristante(⇔ Pellegrini) 6
中盤の強度が上がった。

・Villar(⇔ Veretout) sv

・Fonseca 5.5
負けない、でも勝てない。

総評

得点はお互いにたくさん入ったけれど、なかなかに塩な試合だと感じました。きっと素人には分かりにくい高度な戦術バトルの結果だとは思います。
ローマの敗因……ここまで苦戦したのは、最重要パーソンにもかかわらずズラタンのマークを幾度か外してしまったこと、そしてローマの右サイドを制圧されてしまったことでしょう。個人的にセリエA最高の右SBに認定してるテオ・エルナンデスと突破力のあるラファエル・レオンの迫力はすごかった。あえてカルスドルプを高めに置くというカウンターを当てて猛攻を事前に抑える作戦はある程度効いていたとは思うけれど、それでもゼロにはならなかったし、1チャンスでやられましたね。
ローマはここまで5試合10失点してるのは、決して偶然はなく3バックシステムの影響でしょう。5試合11得点も新システムによる恩恵だろうし、功罪の振り幅がデカくて心臓に悪いし、勝ち点を取りこぼす理由となってしまっている。失点が多いもう一つの理由はきっとスモーリングの不在でしょうから、ここからは上げ潮に乗せられるカナ?とも思います。若いCB3人の同時起用は爽やかな風を運んでくるし、いささか誇らしい気持ちにもさせてくれるけど、やっぱり欲しいのは勝ち点なのですよ。

絶好調のミラン相手に敗戦に値する試合を引き分けることができた、とも見れるけれど、僕はビッグマッチに去年のデルビー1戦目以外ほぼ1年以上勝てない、という視点に立ちます。いつもポジティブなコメントで選手を守るのは結構だけれど、本当にそろそろそれを戦術と結果で表していただきたい。

コメント

  1. Wman より:

    採点お疲れ様です
    ヴェローナの3失点は登録ミスの懲罰なので5試合7失点では
    早くスモーリングが帰ってきて若手DF陣を牽引して欲しいですね

    • 如月/kisaragi 如月/kisaragi より:

      Wmanさん
      ヴェローナの3失点に関するローマの申し立てはスポーツ裁判所で退けられましたね。
      現在離脱選手が多いので監督のマネジメント力に期待しています。

  2. tatti より:

    モッシュさん

    スピナが前半から封じ込められていたにもかかわらず、後半も神風アタックして撃沈の繰り返し。ジェコにもボールが入らず。
    チームのストロングポイントを封じられたフォンセカの無策と控え層が圧倒的に薄い現在のチーム事情は深刻です。
    いつも観に来るフリードキン親子の分析に期待します!

    • 如月/kisaragi 如月/kisaragi より:

      tattiさん
      ミランはスピナを必ず複数で抑えに来るという徹底した仕事をしていましたね。
      昨シーズン後半のミラン戦でもそうでしたが、かなり統率の取れたやっかいな相手だったと思います。

  3. 匿名 より:

    ローマもですけどミランもスカッドの勤続疲労凄かったし
    ちょっと迫力にかけた試合になっちゃいましたね
    イブラとジェコの点取り合戦始まるか!?って展開でしたがエンジンかからず
    両軍動きが悪い選手が沢山いたし仕方ない
    今季は戦術云々以外の面も強く出るシーズンだと思うんで
    お互い頑張りましょうミランテ凄かったっす

    • 如月/kisaragi 如月/kisaragi より:

      匿名さん
      >今季は戦術云々以外の面も強く出るシーズンだと思うんで
      例えばどういったところかは気になりますが、
      個人的にはミラン戦のようにELがチラついたときに戦術から外れていくフィールドプレイヤーをコントロールする必要はあるのかなと思います。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました