【FBref データで読み解く】ASローマ・シーズン前半大解剖
詳細へ
スポンサーリンク

ワルテル・サバティーニ「ローマのキャプテンマークは・・・」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

元ローマのスポーツディレクターで、現在ボローニャでテクニカルディレクターを務めているワルテル・サバティーニがローマの揉め事について語っています。ある意味、ローマのゴタゴタに一番詳しい人物だと言えます。

間違いなくセンシファミリー退陣後のローマを没落から救った立役者の一人で、これも毎度書いているけれども、イタリアサッカーシーンで最も優れた審美眼の持ち主でもあります。彼が発掘した多くのタレントがイタリアで輝き、サバティーニの補佐を務めていたリッキー・マッサーラは、現在ミランでスポーツディレクターになり、サバティーニの弟子に相応しい活躍をしています。

愛とセックスと煙草と文学、これがサバティーニという愛すべき男。数年前に大きな病気を患い、煙草は卒業したと聞きますが、ローマや自分が連れてきた選手たちへの愛ある発言は相変わらずです。


ローマはなぜビッグネームに勝てないのでしょうか?

サバティーニ「なぜ?私がいつもローマを見て思うのは、彼らには明確なアイデアがあるということだ。非常に良い選手も揃っている。別に世界的に有名じゃなくても、ヴィジャールのようなニューフェイスもいる。彼は良いプレーをして、指数関数的な成長を見せている。いつか世界的な選手になれるだろう。こういった部分に現場レベルの監督の手腕が窺えるというものだ。ユヴェントスに対しても、決して負けるサッカーはしていなかった。ただフィニッシュがいささか温かったがね。それよりもジェコの扱われ方に納得がいかない。彼は素晴らしい教育を受けたプロフェッショナルだ。今まで彼が問題を起こしたことなどなかったよ。むしろクラブは2年で4回ジェコを売ろうとしただろう?それでも彼はここに残った。彼は100ゴール以上決めたカピターノだ。もちろん、監督の考えも理解できる。時に監督はカリスマを高めるためにこういった決断をすることもある。しかし、問題は早々に終わらせなければならないね。まあ、ジェコがよほど手を焼くヒールならば話は別だが。ロッカールームや試合のムードを知る者として、ジェコのような一騎当千の選手を外さなければならないほどの事態など、起こるはずがないと知っている。それに一度チームから外されて、すぐに戻ったからと言って準備ができていると考えてもいけない。改めて言うが、この問題はすぐに解決すべきものだ。そしてキャプテンマークを彼に返すべきだろう。人殺しでもない限りカピターノを降格させてはならないのさ」

フリードキンについては?

サバティーニ「いや、彼らの事は全く知らないね。彼らはすべてのアメリカ人や投資グループ同様に自分たちの物差しでカルチョを考えているに違いない。そして上手くやりたいと考える。まあ、それは勝利の前提条件でもあるがね」

もしもフリードキンから電話があればローマに戻りますか?

サバティーニ「私は現在ボローニャで忙しい」

ローマのメルカートについては?

サバティーニ「良い選手を多く獲得している。ヴィジャールは言うまでもなく、カルレス・ペレスはシュートを打てるタイプの選手だ。彼は一瞬でボールを動かす事ができる。ただし、もっと試合に入らねばならない。ザニオーロも復帰を控えている。ジェコの問題を修正すれば、ローマには素晴らしい未来が待っているだろう。簡単ではないが、チャンピオンズリーグ出場はローマにとって最低限の目標だ。ボルハ・マジョラルも良い選手だが、ローマがチャンピオンズリーグを見据えたときには、9番とキャプテンマークはジェコに返還すべきだろう」

ゴンザーロ・ヴィジャール、ローマのベビー・レジスタ|ASローマ速報~ROMANISMO|note
未来は誰にも判らない。 今年の1月までスペイン2部のクラブでしかプレーしたことのなかった若者が、10か月後にはセリエAのパルマ戦にフル出場して、チーム最多の105ボールタッチ、93%のパス成功率、14回のディエルに12度勝利、6度のドリブルで一度もボールを奪われずにボールを運んでみせた。さらには、パルマの絶対的なエー...

パストーレはどうですか?

サバティーニ「ハヴィエルをナメるなよ。フィジカルの問題さえなければ、ハヴィエルはサッカーの魅力とも言える選手だ。彼が復活することを願っている。ただ、選手が何年もプレーをしなければ、ハイレベルに戻ることは困難ではある。ハヴィエルはたった10分のプレーで、2,3回のボールタッチで彼が何者かをファンに理解させた。それなのに・・・残念でならない。ローマではミキタリアン、ザニオーロの二度の十字靭帯、そしてハヴィエルと不運が付きまとう。お払いが必要なレベルだ」

パロッタがローマを売却した時は嬉しかった?

サバティーニ「ああ」

ローマが恋しがっているのはサバティーニとバルディッソーニ(前副会長)どっち?

サバティーニ「バルディッソーニ」

ローマを恋しがっているのはサバティーニとバルディッソーニどちらでしょう?

サバティーニ「バルディッソーニ」

パロッタとの関係は?

サバティーニ「絶望的なものさ!ただね、ローマで働く機会を与えてくれた彼に感謝もしているんだよ。ローマで過ごした日々は人生で最も大切なものだった。自分がローマのスポーツディレクターだと感じた気持ちは決してないがしろにはできない」

ストロートマンのセリエA復帰をどう思いますか?

サバティーニ「彼にメッセージを送ったよ。『それは苦痛を伴う計り知れない喜び』とね」

マエストロ、最後にひとつだけ。ストロートマンの怪我がローマからトロフィーを奪ったのでしょうか?

サバティーニ「ああ、そうだ。ストロートマンを1シーズン使えていれば、ローマはスクデットを獲得していたさ」

<了>

彼とパストーレの話はnote版に詳しいです。有料ですが未読の方にはぜひおすすめしたい内容です。昔の記事なので旧定価250円で販売中。パストーレがもっと好きになること間違いなしです!(サバティーニもね)

大人のローマ速報 11月号②『その名はパストーレ』|ASローマ速報~ROMANISMO|note
現代に蘇りしファンタジスタ ハヴィエル・パストーレは、全ての攻撃ポジションを高いレベルでこなせる控えの切り札であり、試合を変えるクラックだ。しかし、この称賛の言葉を屈辱と感じる人物がいた。 パストーレ本人である。 控えの切り札?試合を変える?愛されてはいるが、必ずしもスターターであることを望まれない彼は、昨シ...

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました