【FBref データで読み解く】ASローマ・シーズン前半大解剖
詳細へ
スポンサーリンク

ピントGM「フォンセカ監督はワールドクラス」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ローマの出っ歯担当(と左ウイングバック)を務めるスピナッツォーラ氏(最近歯の矯正してます)が、海外の報道陣に対して「スペイン語でもポルトガル語でもインタビューは大丈夫。英語は少しだけ。イタリア語はまあまあ判るけどね」とひと笑い取っていたその裏で、チアピンでお馴染みチアゴ・ピントGMがポルトガルのメディアと話をしておりました。

ヨーロッパリーグ決勝に行けますか?

ピント「私たちは高い競争意識で、全ての試合を決勝のように戦わねばならない。今のうちからカンピオナートやヨーロッパリーグファイナルについて考えてはいけないよ。何かを成し遂げたいのであれば、次のブラガに勝つ必要がある。私はローマの可能性を信じているし、このプロジェクトを遂行出来るかどうかは自分に掛かっていると思う」

フォンセカ監督についてお聞かせ下さい。

ピント「私がローマに到着した際、監督は大きな助けとなった。彼は経験豊富な優れた監督、ワールドクラスの指揮官だ」


ところで最高執行責任者フランチェスコ・カルヴォが退社して、まだ後任人事は決まっていませんが、元アディダスの役員が来るという噂。経営者が変わり、パロッタ期に重用されていた人物はほとんどローマを去りましたが、フリードキンのローマ改革はまだまだ続きます。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました