スポンサーリンク

【note更新】ローマのスタジアム計画はなぜ突如終焉を迎えたのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は(も)ローマ速報会心の自信作です。本編は読み応え十分の7000文字超え長文記事となっています。

目次

ローマはスタジアム計画を捨てる

ローマに外国資本が入り丁度10年が経とうとしていた2021年2月25日、ローマは取締役会でトル・ディ・ヴァッレ地区競馬場跡地への新スタジアム建設から撤退することを決定した。我らのカピターノだったデ・ロッシもこの決定に悔しさを隠せない。

デ・ロッシ「トリノではユヴェントスが手早くスタジアムを完成させ、その後クラブの成長に大きく作用した。俺はローマの新スタジアム計画に関するプレゼンテーションに、センシ期とパロッタ期で計2回出席していて、当時は今頃どちらの計画も完成していると思っていた。結局建築模型だけが残された。非常に残念な話だ。本当ならイタリアサッカー全体を盛り上げるための大きな一歩になるかも知れなったのに、その一歩が踏み出せなかったのは残念だよ。」

そもそも何故ここまで計画は遅々として進まなかったのか、何故ローマの新スタジアム建設計画は破棄に至ったのか、今後収支面で他国のサッカークラブと対抗していくためにフリードキンはこの問題をどう対処していくのか、今回のnote版ローマ速報は、永久に辿り着くことのできなかったぼくたちのスタジアムにまつわるあらゆる話を書いて行こう。

先に申し上げておきたいのは、i)『計画が遅々として進まなかった背景』ii)『新スタジアム計画が破棄に至った背景』は別の問題であり、分けて考えるべき内容だということ。時系列を追って説明する為にまずはi)について述べさせて頂く。


続きはnote版で購読できます。スタジアムに関して、ぼくたちロマニスタには大きな期待と失望があった。時間の経過とともにそれらは誤解とゴシップを生み出した部分もあります。この記事は、現在日本語で読めるどのローマスタジアムに関する記事よりも詳しく、政治的背景も含めて極力解りやすい内容になったと自負しています。

またnoteという性質を利用して、今後加筆修正を加えてアップデートしていく可能性もあります。古くはセンシ時代から10年以上我々の悲願だったスタジアム計画の現在地をぜひ確認してみてください。

ローマのスタジアム計画はなぜ突如終焉を迎えたのか?|ASローマ速報~ROMANISMO|note
ローマはスタジアム計画を捨てる ローマに外国資本が入り丁度10年が経とうとしていた2021年2月25日、ローマは取締役会でトル・ディ・ヴァッレ地区競馬場跡地への新スタジアム建設から撤退することを決定した。このニュースにデ・ロッシも悔しさを滲ませた。 デ・ロッシ「トリノではユヴェントスが手早くスタジアムを完成させ、...

 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました