ペッレグリーニ主将、2021年を総括する
詳細へ
スポンサーリンク

【ロマ速パジェッレ】ローマ 1-0 トリノ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

・Rui Patricio 6.5

枠内シュート自体は少なかったが、クロスの処理などの判断含めて間違いが無かった。クリーンシート継続はやはりGKの力量無しには成し得ない。

・Mancini 6.0

Karsdorpが左サイドの守備で優秀だったこともあり当別目立った活躍は出来なかったが、Smallingとの連携でエリア内に安定をもたらした。怪我した風のアピールはマジで心臓止まるんで辞めて下さい

・Smalling 7.0

復帰以来初のフル出場にも関わらずエリア内の競り合いで圧倒的な強さを見せ、Belottiに全く仕事をさせなかった。3Backにおいては現状のRomaにおいて確実に必要なピースなのでは無いか。

・Ibanez 6.5

左サイドに釣られ過ぎてしまい中央を空けてしまう危ない場面もあったが、何より先制点での攻撃の持ち上がりに見られたような機を見た攻撃参加が効果的であった。また試合中盤に4Backになった時間帯でも柔軟に対応出来ていたのも好材料。

・Karsdorp 6.5

右SBとしてのKarsdorpとWGとしてのKarsdorp両方の側面を1試合で表現して出来ていた。特に守備面では1人で左サイドを守り切る場面も多く、CBへの負荷を下げることに十分貢献出来ていた。

実はIl Romanisuta(個人的には結構点の付け方に癖がある印象)では今節最高点の7.5点でした。

“タービンを備え付けた燃料タンクだ。彼がサイドエリアで音速の上下動を行うのは最早何のニュースでも無い。過去の怪我という試練を乗り越えた身体は、ボックス内でスタンドに響くほどの手榴弾のような強烈なシュートの一撃を食らってもビクともしない。彼は大理石で出来ているかのようだ。” (by Il Romanista)

・Pellegrini 5.0

個性を発揮する前にケガで途中退場になってしまった。自分で歩けてはいたものの、今後の日程的に1ヶ月以上の離脱はマジであかんて…。

・Diawara 6.0

チームにおいてファーストプレスをかける役目と最終ラインのフォローをする役目を負っていた為、若干無駄走りに見えるシーンもあったが、実よく走り敵にプレッシャーを与えられていた。本来は左右にスペースがある状況でアンカーとしてボールを改修するのが得意な選手である為、若干窮屈そうで本来の活躍は出来ていなかったがそれでも及第点か。本当に久しぶりのフル出場。めげずに引き続き頑張れ!!

・Mkhitaryan 7.0

先制点のアシストとそこに至るまでの流れは流石の一言、やはりカウンターサッカーには彼が必要不可欠か。サイドでも十分活躍していたが、より中央寄りの方がやはり活躍しやすい気はする。

・El Shaarawy 6.5

Karsdorp同様SBとしての責務とWGとしての責務両方を1つのプレーの中でこなしており、この期に及んでまだ成長を続けていることを示した。撤回されてしまったPKのシーンでのエリア内での動きも流石だったが、最終的にシュートにまで持って行くことも出来ている。調子は良さげなので引き続きこの調子でお願い致します!

実は彼もKarsdorpに並びIl Romanistaでは最高点でした。

“彼が3CBに並んで守備についている姿を見ると、チームメイトにチャンスと魔法の足を与える為に全力で貢献する夢のようなフルバックに見える。攻撃面に関してはVARの言いがかりさえなければPKを勝ち得ていた。それにしても彼の自己犠牲的な活躍は依然としてファラオニックなものである。こんな姿を見るのもn回目。” (by Il Romanista)

・Zaniolo 7.0

敵を引き付けながらドリブルで前に進む力は随一で、周りにスペースを生んだり、(思ったほど貰えなかったが)ファールを貰う活躍は目を見張るものがあった。再度本来のコンディションを取り戻した感があるが、今後はこの上振れ下振れの差を少なく良い状態を維持できるようにするのが課題か。

・Abraham 7.0

Zanioloとの関係性はピッチ内外を問わず良さげ。先制点のシュートは体制を崩しながらよくそのコースを狙えるな…と言った内容。ここ数試合はコンディションの良さが得点に繋がっているので、このままマンスターになって下さい!

・Carles Perez 6.0

今節もCapitanoに代わっての出場かつ、突然の出番だったにも関わらず硬さも無く試合に馴染めた。これまでの試合内容・結果から考えると一番不憫な扱いを受けている気がするので、もっとスターターで使ってあげて欲しい。とは言え常に準備できているのは本当にプロだと思います。

・Vina 6.0

守備固めかつ調整試合の意味合いもある出場ではあった。守備固めとして採点減の仕事はしたように思える上、特別のミスも無いので文句は無いのだが、「ピュアなSBとしてはEl Shaarawyには負けないでくださいね?」という想いはあります。

・Kumbulla 5.5

最後の数分でセットプレーからの失点を防ぐ為、Carles Perezに欠ける慎重を埋め合わせるために投入された為最低限の責務は果たしたと言えるが、いくら何でも投入1分でイエローは余りに割に合わないので勘弁してください。

・Mourinho 6.5

前日会見での(誰が見ても明らかな)ブラフで敢えて名前を出さなかったDiawaraを先発出場させ、試合中もこれまでとは違い発破をかける為の若手選手投入はせず、必要に応じた負傷交代と守備固めの交代にのみに留めることで、本当に信頼の置けるメンバーで試合への集中力を保ちつつ試合をクローズするなど堅実な采配で勝利をものにした。なによりTorinoを徹底的に対策してその結果が出ての勝利は大きい。

“3連勝。堅実なローマ、そして懲らしめ時を知っているローマ。Torinoに対して実に良いポジションを取り戦った。” (by Leggo)

総評

今シーズンの監督決定段階で「Mourinhoのサッカーはつまらない」という言説をチラホラと見かけたが、開幕前から我々が期待したその”最高につまらない試合”が今節遂に観られた。
前線からのプレスと最終局面でのマンツーマンディフェンスにより質の高い決定機を作らせない、組織的な守備が得意なTorinoに対して、これまでの試合で決定力に難を抱えていたRomaはこれまで通りの戦いい方を半ば諦める形で主導権を完全に明け渡した。これにより敵の得意なプレーの時間を減らし、逆にポゼッションから崩すという敵の苦手なプレーの時間を増やすことに成功する。
やるとなったら徹底的にカウンター戦術を志向し、守備時は4-4-2に可変するこれまでの3-4-1-2ではなく、5-3-2でビタビタに守る3-4-1-2を選択した。この割り切った5-3-2にしたことで、明確なメリットが幾つか生まれ、それにより鋭いカウンターを行うことが出来ていた
まずSmallingを軸としたCB陣でBelottiにしっかりと張り付く事で、中央からの攻撃を塞ぎTorinoの攻撃をサイドに追い出すことが出来た、これによりTorinoの両WBであるSingoとVojvodaに高い位置を取らせることができた。またRomaの2Topも最終ラインへのプレスはファイナルサードくらいでしかかけず「どーぞお好きに組み立てて下さい」にすることで、敵DFとの適切な間合いを取りながらカウンターへの準備をすることが出来ていた。これによりボールを外に出したりサイドで奪い取った後に、Romaの左右のサイドからEl Shaarawy→MkhitaryanとKarsdorp→Carles Perezを経由し2Topという流れができ、スムーズにサイドから中央目掛けたカウンターが出来るようになった為に、結果的に数多くのチャンスは作らずとも質の高いチャンスをつくる事が出来た。先制決勝点はまさに狙い通りの得点であったに違いない。
この試合運びが可能であったのは、両サイドのEl ShaarawyとKarsdorpがSBとして守備した後に、前線に駆けあがりWGとしても再利用される形で攻撃に参加できたこと、また中盤のMkhitaryanとCarles Perezが確実に前線にボールを持ちあがり繋げた事、そして何より3CBがゴールを守り切れたのが大きい。
主将が年内絶望の可能性があるが、次節以降も過密日程が続くので選手起用には最新の注意を払いつつ今後も勝ち点を紡ぎ出して頂きたい。


採点者:くわしん

小学生の頃にバティストゥータに憧れ、丁度その時ローマに中田がやって来た為にローマに触れる機会が多くなりロマニスタに。好きな現役選手はDiawara。思い出の試合は2012年にオリンピコで観戦したコッパ・イタリア決勝でのラツィオへの敗戦。大学時代にF1のコースエンジニアを目指してイタリアに留学。イタリアにおける高卒認定相当の資格を持っている。好きな選手のタイプは稲場愛香みたいなタイプ。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました