ペッレグリーニ主将、2021年を総括する
詳細へ
スポンサーリンク

【セリエA第23節】エンポリ(A)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Empoli FC Sunday, 23. January 2022 AS Roma
2:4
goals
0 : 1 Tammy Abraham 24. / right-footed shot
0 : 2 Tammy Abraham 33. / right-footed shot
0 : 3 Sérgio Oliveira 35. / right-footed shot
0 : 4 Nicolò Zaniolo 37. / left-footed shot  (Henrikh Mkhitaryan)
1 : 4 Andrea Pinamonti 55. / left-footed shot  (Filippo Bandinelli)
2 : 4 Nedim Bajrami 72. / right-footed shot  (Liam Henderson)

率直な感想としては、左WBのメイトランド=ナイルズがドハマりして、中盤のオリヴェイラも輝いたという点では、この試合は冬の移籍の成功を証明したものだと思う。疑似的に下がることで、敵陣方向に進路を作り、奪ってからのカウンター。この戦い方で、エイブラハムがピッチから消える時間はだいぶ減った。ただしかし、またしても後半にチームは崩れてしまう。4点のリードを維持できずに、押し込まれる形で2失点を喫した。果たしてモウリーニョ監督は試合後にどのようなコメントをしたのかお伝えしたい。


4-0の時にはもっとうまく試合をコントロールできると思っていましたか?

モウリーニョ監督「思っていたね。でも敵地でエンポリに勝つのは決して容易ではないし、4-2で勝てたのは素晴らしい。この試合の前にラツィオとアタランタが引き分けて、フィオレンティーナもカリアリに引き分けたことで、私たちにとっては勝ち点3が本当に重要だった。だから結果は上々だ。仮にローマが5-0にしていたら、みんなテレビを消していただろう。少なくとも私たちは視聴率維持に貢献したはずだ」

セルジオ・オリヴェイラはチームに何をもたらしたのでしょうか?

モウリーニョ監督「彼は誰かが言うような『レジスタ』ではないんだ。私の血の中にはポルトガルサッカーが流れている。だから彼が他の選手と違うことも知っている。彼の勝負強さとフィジカルは今のローマに何かを与えてくれると確信していた。確かに彼はボールの魔術師ではないが、間違った判断はほとんどしないし、試合運び、ファウルを受けるタイミング、試合を落ち着かせるタイミングも熟知している。常にタイトルを狙うクラブでの経験がそれらを彼に与えているのだ」

<了>

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました