Trigoria today ファーストセッション

スポンサーリンク

昨日は新生ローマ最初のセッション日でした。午前9時45分、フォンセカ監督が通訳を介してスピーチを行い、フロレンツィ、コラロフ、ジェコ、ファシオをリーダーとした4グループでトレーニングを開始しました。

ゴナロン、リッカルディは故障による不在、ビアンダ、マルカノは移籍交渉がある為召集されていません。パウ・ロペスは練習参加に必要な手続きがまだです。

各グループは、プレーメーカーを囲って円になりパスを繋ぐトレーニング(trasmissione e conduzione、すいません。日本語の正しい呼び方教えて下さい)を行っています。動画で確認する限り、サークルは7人程度、中央にプレーメーカーが2人で、今までのローマのトレーニングではあまり見られなかった配置です。これだけでフォンセカのやりたいサッカーが見えてきます。

召集を受けたのは以下のメンバー。

ゴールキーパー
Olsen, Fuzato, Mirante, Greco.

ディフェンダー
Bouah, Florenzi, Spinazzola, Kolarov, Karsdorp, Capradossi, Jesus, Fazio, Santon.

ミッドフィルダー
Nzonzi, Cristante, Gerson, Pastore, Coric, Gonalons, Riccardi.

フォワード
Dzeko, Schick, Defrel, Antonucci, Under, Perotti, Kluivert.

コメント

  1. アヌーン より:

    新設おめでとうございます!

    アントヌッチが招集されてるのが、嬉しいです!
    頑張り次第では今年はレンタルされないと考えていいんですかね?
    ヴェルデは招集外ですね…

    • 如月/kisaragi 如月/kisaragi より:

      アヌーンさん
      ありがとうございます!
      先日アントヌッチは自身のSNS『キャピタルゲインになる前にローマを脱出しろ』というファンからのコメントに鋭く『NO』と返答しています。残る事ができればエルシャーラウィがいない左サイドは助かると思います。

      ヴェルデは毎年召集外で、来年6月にローマとの契約が終わります。まだ23歳なんですね。

スポンサーリンク