選手採点 EL グループJ:ヴォルフスヴェルガー(H)

スポンサーリンク

AS Roma Thursday, 12. December 2019 Wolfsberger AC
2:2
goals
1 : 0 Diego Perotti 7. / penalty
1 : 1 Alessandro Florenzi 11. / own goal
2 : 1 Edin Džeko 20. / right-footed shot  (Diego Perotti)
2 : 2 Shon Weissman 64. / right-footed shot  (Michael Liendl)

・Mirante 7
スーパーセーブの度に肩の負傷ゲージが上がっていく主人公的展開。至近距離のシュートストップはミランテに軍配が上がるから、怪我がなかったらあるいは勝ち点3だった気もしちゃう。

・Florenzi 5
すべてのプレイがモスキート級だった。語るべきプレイは多分ひとつも無い。

・Mancini 6
ハイプレスの相手にもかかわらずディフェンスも展開も丸投げされていて、タスクが多すぎて不憫に見えた。

・Fazio 5
センターの詰めは甘く、パスも回したがらない。まるで責任を負いたくない上司のようなプレイに一貫していた。

・Spinazzola 5.5
ボールが足につかず、状況判断で悪手を選択することが多かった。コラロフは悪いなりにプレイをまとめてるんだな、と再確認しました。とは言え守備は悪くなく、後半の単独突破は目を見張った。

・Diawara 6.5
2点目のドリブリングからのスルーパスはもちろん、各所に現れる守備意識が本当に良かった。キーパーまでチェイスしていたのはディアワラだけ。

・Veretout 5.5
お疲れに見えた。ただ破たんはせず。

・Mkhitaryan 5.5
キラ星のように一瞬光る要素は見られるんだけど、最近キラ星しか見ていない。昨年のパストーレのようなもどかしさを感じる。

・Under 4.5
何もできなかった。そういう時にせめて守備を締めてくれれば良いのだけれど……。

・Perotti 6.5
ローマの攻撃のほとんどは左サイドからで、要は攻撃のほとんどを担っていた。本調子ではなかったと思うけど、1G1Aと結果を出したのは立派。ベテランのすごみ。

・Dzeko 6.5
こちらもPK奪取&1ゴール。ただそれ以外の場面でほとんどボールロストしていたのが気になった。若いときとのギャップを感じてしまい、これが衰えの兆しでないことを祈ります。

・Pau Lopez (⇔Mirante) 5.5
特筆するところはなかった。

・Pellegrini (⇔Perotti) 5.5
特筆するところはなかった。(refrain)

・Zaniolo (⇔Under) 6.5
停滞していた右サイドが、ザニオーロの強靱さと速さにより一気に活性化した。今やトップ下よりも適正があるように感じる。

・Fonseca 6
引き分けでもOKな試合だったので、結果は問題ないです。ただ3戦連続ハイプレスに苦労していたので、そろそろ明確な打開策が欲しいところ。

総評

グループリーグ突破した事実以外は、実りの少ないゲームでした。予選敗退の可能性は現実的にかなり低く、押されながらも常に先行する試合展開のモチベーション維持は、確かにもっとも難しい試合だったと思う。イージーミスは多くチェイスするシーンが少なくて、インテル戦とは明らかに集中度合いの違っていたけれど、その原因は単にモチベーションの差だと思うので、あまり心配してないです。守備意識の低いウンデル、守備意識はあっても実貢献度とスタミナが欲しいムヒタリアンとペロッティがスタメンで、守備が後手後手になったというクリアな理由もあるし。

一方、スモーリング不在でここまで守備が不安定になることには、めちゃめちゃ警笛が鳴りまくりました。貢献度が高いとは思っていたけれど、一人欠けただけでここまで影響するなんて……。チームとして改善するべきだけど、一刻も早く戻ってこないとずるずると勝ち点をこぼしそうだし、僕のお小遣いを全betするからもう言い値で良いから早く購入して欲しいキモチです。

年内のSPAL戦とフィオ戦は、何とか誤魔化しながらでも勝ち点を積み上げて、怪しい雰囲気から逃げ切って欲しいところです。

文、構成●text by mosh

コメント

  1. 通りすがりのロマニスタ より:

    スモリング怪我すか?

スポンサーリンク