選手採点:セリエA第18節 トリノ

スポンサーリンク

皆さん、あけましておめでとうございます。2020年も同意、反論含めて皆さんの心をささやかでも揺らせたらと思っています。
個人的に、皆さんに伝えたい、お勧めしたいことがあります。それは自分自身でパジェッレをつける、ということです。誰に見せる必要もありません。自分が付けて自分でにやにやするんです。個人的な記録にもなりますし、記憶にも残りやすいです。他の人やコリエレ・ガゼッタと見比べても楽しいです。ぜひお勧めします。

それでは、今年もよろしくお願いします!

AS Roma Sunday, 5. January 2020 Torino FC
0:2
goals
0 : 1 Andrea Belotti 45. / left-footed shot  (Tomás Rincón)
0 : 2 Andrea Belotti 86. / penalty

・Pau Lopez 6.5
何度救っても報われない夜だったし、スーパーシリグおじさんの影に隠れてしまった。ちなみにPK阻止率の低さは気にはなります。

・Florenzi 5
ベリーライト。極めて軽いです。プレイが上手くいかない時こそハートを見せて欲しいと思うのは、そんなに贅沢なことだろうか。

・Mancini 5
1失点目はアイナに気を取られた瞬間ベロッティにやられてしまった。無人のゴールに押し込むだけの絶好のチャンスもふいになり、失望の日となった。

・Smalling 5.5
鉄拳2の三島平八ばりの見事な裏拳ハンドを披露しゲームを終わらせた。屈強なディフェンスは相変わらずも黒星の直接要因になってしまった。

・Kolarov 5.5
悪くもないが良くもない。試合に影響もない。

・Diawara 6.5
チーム内ベストでしょう。プレイは終始堅実で的確。走るのもサボらない。ボローニャ時代に強行失踪してナポリ移籍を勝ち取った輩と同一人物とはとても思えないよ。もう少し前で見れたら攻撃に連動性が生まれそうな気もする。

・Veretout 5.5
今日も今日とて勤勉な労働者。ただプラスαのプレイがないとASローマは高みを目指せない。

・Pellegrini 4.5
積極的にボールに関与するも振るうタクトはすべて空振り三振。代わりのいないチームが憎い。

・Zaniolo 5.5
孤立する場面が徐々に増えたし、ゴールから遠ざけられてほぼ中でプレイできなかった。

・Perotti 6.5
連動がない時はペロッティに限るな。

・Dzeko 4.5
とにかく精彩を欠いていた。強さもなかった。

・Mkhitaryan(⇔Veretout) 6
インサイドハーフとして出場。滞留している攻撃陣にスパイスを加えて新たなオプションの可能性が見えたのはよかったけど、あのショボい左足シュートはなんやねん。

・Kalinic(⇔Perotti) 5.5
今のところ2トップがベスト。ただそれはエマージェンシーシチュエーションでしか機能しないことを意味してしまう。

・Under(⇔Zaniolo) sv
あまりにも寂しい使われ方だ。

・Fonseca 4.5
前半終了間際の失点からチームをまったく立て直すことができなかった。

総評

全員シュー練しなさい。
悪くないと思ったゲームの入りから、きれいな下降線を描きながらどんどん停滞していった。重心を下げ、隙あらばカウンターを狙う正統派カルチョを行ったトリノに大いに苦労しました。現在のローマちゃんの場合、残留争いをしているプロヴィンチャなら押し切れるけれど、ELを狙える戦力のトリノ相手、しかも前線にベロッティを置かれてこれにやられると相当キツかった。つまり蓋を開けてみたらローマちゃんが最も苦手とする相手だったと思います。鋭角眉毛の審判には文句も言いたくなるけれど、それでも2点取られるのはこっちが悪いのです。
こういう相手に先制点を取れたら比較的楽な展開になるけれど、時間が経つに連れてどんどん厳しくなっていく。それなのに最悪の形で失点したから、もうそれはベリーハードです。少し考えてみたら分かることなのに、僕らロマニスタを含めて謎の楽観があったのは否めなく、正にそれが敗因だったと思います。
攻撃は見ていて非常に退屈でしたよね。スーパーつまらない。サイド深くに追いやられてクロスを放り込むだけの先シーズン以前よりは幾分とマシだけど、クロスを入れる距離が若干近づいただけで根本的には変わっていない。3人目の動きがほぼ皆無だとそれは厳しいです。このご時世に「戦術ペロッティ」とかどうなってるんだよ。早期の改善を求めますね。結果にはつながらなかったけど、ムヒタリアンをセンターハーフにプレイスするフォーメーションに少しヒントがあるような気がしました。
今日の敗戦で、CL圏内の4位以内が現実的な目標となりました。目の前のハードルを一つ一つクリアして、着実に強くなって欲しいです。でもユーヴェには4-0で、ラツィオには6-0で勝っていこうね!(偏差値2)

文、構成●text by mosh

Roma 0-2 Torino | Belotti Double Gives Visitors Victory! | Serie A TIM

コメント

スポンサーリンク