弱り目にファン・ジェズス

スポンサーリンク

*昨晩の如月の手記。

なんか、夏風邪ひいてもうて、今日1日鼻水は止まらないわ、うっすら頭痛がするわ、明朝ペルージャ戦だわ、梶井基次郎の心持ちで、ストーブの上でカタカタと鳴っている薬缶の蓋の音を聞いておったのだけれども、これは寝ていても埒があかぬ、荒療治しかないということで、男子の栄養補強といったらすなわちラーメン二郎じゃないですか。だもんで、2年ぶりくらいに行ってきました、二郎。

すっかり注文の方法忘れていて、店員に「どうしますか?」と聞かれて、どうしますって、えっと、あ、ヤサイマシでお願いしますとコールすると、弱って声が小さかったのか、暫くした後に全マシの化け物がカウンターに置かれた。

これは食べきれひんとそう思いましたが、諦めようとする度に、ぼくのなかのリア・ディゾンが「ポイしないでください!」って片言で懇願してきたのです。そう言われてみなさん残せますか?ぼくには無理です。頑張って全部食べました。そのおかげで、いま夏風邪でさらに腹ちぎれそうです。

するとですね、不思議な事が起こったのです。二郎の入り口の辺りに、ゆきりんこと、柏木由紀がぼうっと見えたのです。彼女は···そうだよ···きーちゃんの言う通りなんだよ···って語りかけてくるじゃないですか。まあ、おそらくこれの事だと思いますけど。

そして「おいでだっこしてあげる」って両手を広げてぼくに微笑みかけてくれたのです。え、マジで?みたいな。ぼくは誘われるがままに彼女の方へと足を一歩踏み出し、そこでおかしなもの・・・ゆきりんの頭上になにかがピヨピヨ漂っているのが見えたのです。それは裸の赤ちゃんに白い羽が生えた、いわゆる一般的な、いわゆる天使でした。ぼくは「さすが、ゆきりんくらいになると天使をもしもべにするんだね」って思いました。

と同時に、その天使から、吐き気のような、禍々しい混沌――ケイオスを感じたのです。暫く観察しておると、天使たちはナチュラルに頭上を廻っているようで、なんかちらちらぼくを見ているようでした。その瞬間、ぼくは悟りました。これ、ぼくが死んだときに体外に出る魂的なものを狙ってるのではあるまいかと。途端に可愛い天使が、人間が弱るのを待つサメに見えてきました。無垢な皮を被った悪魔だったのです。体中の穴という穴から汗がドッと吹き出し、腰が砕けそうなのを堪えて、プープカ吹かれるラッパの音を背に浴びて、ぼくは二郎を飛び出したのです。

そして、パルコのトイレに身を潜め、やつらをやり過ごした後に、甲州街道沿いのドーナツショップで泥みたいなコーヒーをすすりながら、忘れぬ間にこの文章を書いてます。

あれ?ヨーロッパサッカーのサイト観に来たつもりなのになにこれ?という皆さんはじめまして。ローマ速報の如月です。

さて、本文も軽快に書き終わりましたので、ここまで読んでくれたみなさんの為に、ローマの隠れたトラブルメーカー、ファン・ジェズスのラジオ出演の模様を適度にお届けしたいと思います。

*右はJJの親友エウジェニオ(CV:山口勝平)

――ハイ、JJ 気分はどう?

ジェズス「モルトベーネ!」

――キミはいつも誰よりも早くにトリゴリアに来るんだって?もう8時半には着いているんだよね。

ジェズス「そうだね。大抵7時には起きていて、子供を幼稚園に送ってその足でトリゴリアに行くんだ」

――そうやってもうローマで4年目になった。すっかりベテランです。

ジェズス「4年と言わずあと10年は滞在したいさ。ぼくは何かを成し遂げにここに来た。まだまだ多くを学び、与えることができる」

――新シーズンの召集を受けてどうですか?

ジェズス「新しいグループで、大きく変わったと思う。みんな望んでここに来た選手たちだよ。監督は熱意を持ち、ぼくたちにプレーの方法を伝える為にベストを尽くしている。ぼくたち選手もそれを少しずつ理解し始めているんだ」

――ポジティヴな兆候がある。

ジェズス「もっと学びたい、アクションを起こしたいという若者たちのいる新しいチームだからね。ぼくたちは落ち着いていて、それは自分たちのプレーをするためには欠かせない要素だと思ってる」

――感銘を受けたチームメイトは?

ジェズス「ブライアン(クリスタンテ)かな。あいつはいつも全力なんだ。ディアワラは来たばかりだけど、ものすごいスキルを持ってる。きっとチームの手助けになるはずさ!ペロッティやファシオも無事に帰ってきたし、マンチーニも来た。本当に良いチームだと思う。チームメイト全員夏休みから無事戻ってきて、感銘を受けたというならば、そこはもう全員だよね!」

――フォンセカ監督はどう?

ジェズス「監督もぼくもポルトガル語を話すから、そのおかげで多くを理解できた。監督は本当に真剣で、ぼくたちが何をすべきか、それをどう伝えるべきかを知ってるんだ。ぼくたちは楽しみながら学んでる。もしフォンセカのサッカーを完璧に表現できたら、どんなチームだってローマをやっつけるのは簡単じゃないはずさ!」

コメント

  1. なめこ より:

    如月さんこんにちは。

    ジェズスには頑張ってもらいたいですね。フォンセカ監督はポルトガル語を話すから多くを理解できたという事は、実は今まではあまり理解できていなかったのでポカが多くて、全てを理解したここからジェズスの伝説が始まる可能性が……?

    男女が一緒にスキー旅行に行ったら絶対そういう事なのかと言われると違うと思うので、そうじゃないと言うのであれば僕はそれを信じる派です。

    • 如月/kisaragi 如月/kisaragi より:

      なめこさん
      妙齢の男女がスキーに行ったらそりゃなんかあります笑 しかし、ゆきりんの場合は彼女のアイドルオーラがそうさせないわけです。

      JJはこのテストマッチのなかで、マノラスに似たプレーをしていて、肉弾戦を得意としたこれまでとは異なる役割です。監督のオーダーに上手く答えているのかなと思いました。

スポンサーリンク