ペッレグリーニ主将、2021年を総括する
詳細へ
スポンサーリンク

ローマはミキタリアンに2年の契約を用意するが・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

来季からローマを指揮するモウリーニョとの確執、そして今月まで有効な契約解除オプション…ミキタリアンの去就は不透明だ。代理人ミノ・ライオラは、2年前ミキのローマ入りを光の速さでまとめ上げた手腕を発揮したが、その時同様にミランへの売り込みを開始しているという報道もあった。ミキ自身「32歳の自分が簡単にローマに残るとは言えない」と発言している。

ヘンリク・ミキタリアン「俺はこの街とロマニスタを愛している」
デルビーではパーフェクトな勝利をぼくたちにプレゼントしてくれたローマではあるが、現在ピントGMを最も悩ましている...

彼は今シーズンのローマそのものであり、それは試合のインプレッション以上にスタッツが指し示している。ミキの出発は誰にとっても大きな喪失だ。しかし、ここに来てミキの去就に動きがあったようだ。SportitaliaのAlfredo Pedullà記者によると、ローマはミキに2年間の新たなコントラクトを提供する準備をしており、ミキもその交渉のテーブルに着く準備があるのだという。契約解除オプションの有効期限はあと6日。6月に入れば1年の自動延長があり、そのタイミングで新しい契約を結びたいとクラブは考えている。今シーズン15ゴール、13アシストの大活躍を見せたアルメニアの魔術師の残留を期待したい。

 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました