ペスッチ医師「ジェコの術後は・・・」

スポンサーリンク

ロマニスタのみなさん覚えているでしょうか?2016年にエンポリ戦でマノラスが鼻を骨折したことを。そのときの手術をしたのが顎顔面口腔外科医のブルーノ・ペスッチ医師で、前節カリアリ戦のジェコの頬骨骨折も彼の執刀によるものでした。術後の経過を説明しています。

ペスッチ「あまり良くない折れ方をしていた。最初は頬骨弓のみの骨折だと思っていたが、右目眼窩下部にも骨折が見つかった。これらの頬骨弓を接合させる唯一の方法が、骨をプレートとボルトで固定するというものだった。おそらくカーボン製のマスクをつけることになるだろう。マスクは軽量で手術箇所を十分覆うことが可能だが、外傷を守るという面では難しいかもしれない。サンプドリアへの遠征には行かないことを彼に勧めるよ。16日の月曜日からリカバリーを開始してしていけば、10月24日のヨーロッパリーグのベンチインのためにプロテクトマスクを使ったトレーニングが可能になると思う。ヨーロッパリーグ時点でマスクの着用が必要なくなったと判断した場合のみ、次のミラン戦を考えることができるだろうね。とにかく先週月曜日に手術を終えたばかりで、術後CTスキャンなどで接合の整復状態には問題はないが、本人はまだ痛みを感じている。とにかく急いではいけない。たとえ軽い怪我だと感じてもそうでない可能性はあるのだからね。次の月曜日にもう一度エディンを検査して、次の方針を決めることができるだろう」

ジェコの復帰はいつか?

View Results

Loading ... Loading ...

note版大人のローマ速報更新しています。大人のローマ速報ですが、子供についてです笑

ローマ速報未発表のインタビューでは、10歳という若さで故郷を離れてプロサッカー選手を目指したウンデルの決意や、休日の過ごし方、ニックネームについてなど知ることができます。若干22歳のタレントがどのように成長していったのか、そして今後どうなるのか、それを知る事のできる、もしくは判断材利になるnoteです。ロマニスタのみなさんぜひ読んでみて下さい。

コメント

スポンサーリンク