パウロ・フォンセカ監督就任会見

スポンサーリンク

昨日、トリゴリアにて、フォンセカ新監督の就任会見が開かれました。フォンセカ「みなさんこんにちは。ここに来ることができてとても嬉しく思う。私は、この素晴らしい都市の、素晴らしいクラブの仕事に意欲を持っていて、早くみなさんと話せるようにイタリア語を学んでいる途中ではあるが、今日のところはポルトガル語で話す必要があるのを御理解頂きたい」

――明日から新シーズンが始動します。フォンセカローマについてどのような構想を持っていますか?

フォンセカ「まず最初に『私の』ではなく、『みんなの』ローマだろうね。ジャンルカ(ペトラーキ)をはじめとしたグループや選手たち、そして私自身やる気に溢れている。全てのファンが誇りに思えるようなチームを作りたい」

――あなたはチャンピオンズリーグで、シャフタールの監督としてローマと対戦しています。その時のオリンピコやファンの印象はありますか?

フォンセカ「自分のチームがノックアウトされたので、その夜に良い印象はないが、確かにオリンピコの独特な雰囲気は感じていた。ファンの存在がローマの勝利の重要な要因に思えたよ」

――その頃からローマは変わりました。チームを強化する為に、メルカートでどのようなアクションを起こしますか?

フォンセカ「現在、ジャンルカ、グイドと私で強いチームを構築しようとしている。あらゆる選択肢を慎重に検討して、クオリティを上げるべく努力しているんだ。スピナッツォーラ、ディアワラ、パウ・ロペス、その他新しく補強があればすぐにみなさんにご報告するよ」

――ゴンザーロ・イグアイン獲得は正しい選択でしょうか?

フォンセカ「私はペトラーキの考えに完全に賛同しているが、ここにいない選手について話すつもりはない。仮にイグアインが来たら彼について話せるが、まだ始まっていないオペレーションについてはコメントできない。いない選手の議論はできないよ」

――ロンドンでパロッタ会長とどのような話を?

フォンセカ「会長は具体的な目標については何も仰られなかったが、私個人は来季ローマをチャンピオンズリーグに戻したいと考えている。私のもう一つの目的は、強く、野心的な、勇気あるチームを築くことなんだ。 すべての試合に勝利したいが、それが常に可能ではないことも知っている。私はファンが誇れるチームを作りたい。それこそ何かを勝ち取る道だと思っている。私は約束が好きではないが、そう信じているんだ。ローマとは2年の契約があり、延長のオプションもある。その間に、ローマが参加するコンペティションでタイトルを勝ち取れると確信している。改めて言うがこれは約束ではない。そう信じているんだ」

――ザニオーロについてどうお考えでしょうか?

フォンセカ「彼には素晴らしい才能があり、私たちは彼を信じている。しかし私はここでチーム全体の話をしたい。ローマにいる限り、全員がこのユニフォームに値するかどうかをトレーニングで証明しなければならないだろう。私は他の選手たち同様ザニオーロを信じているが、最も重要なのは、このユニフォームのために自己犠牲精神を持ち、自身の損得よりもチームの勝利を優先させる選手だ。そういった選手でチームは構築されるべきだろうね」

――ジェコについてお聞かせください。あなたは彼を自身のチームに加えたいと考えますか?

フォンセカ「ジャンルカはジェコと話をしたようだが、私はまだ話せていないんだ。ただ、これだけは言える。ローマにとって、意欲を持ち、ここで戦い、ここで幸せだと感じる選手だけを保つことが重要だ。必要なのはクラブの目標に尽力する選手なんだよ」

――ペトラーキSDにお聞きします。ザニオーロとフロレンツィがこの夏にローマを離れる可能性はありますか?

ペトラーキ「申し訳ないが、今日は監督の会見なので全ての質問は彼が答える。今はメルカートの話は不適当なので、またの機会にして欲しい」

――フォンセカ監督、昨シーズンローマから2人のリーダーが去りましたが、まだ2人のロマーノが残っています。アレッサンドロ・フロレンツィとロレンツォ・ペッレグリーニ、ローマの新しいリーダーになれるでしょうか?また、それぞれのポジションについてどこが適正だとお考えでしょうか?

フォンセカ「対戦相手として対峙したこともあるし、多くのローマの試合をチェックしているので、選手としての2人については理解しているつもりだ。これも全員に対して言えることだが、選手がどのようなスキルとメンタリティを持っているのかを知りたい。私たちは自分たちの希望について話し合い、選手に期待して、クラブも選手に多くを望むが、より重要なのは、選手が自分自身やチームメイトにどれだけ期待するかだ。それゆえにピッチの上のキャプテンの存在は重要になる」

――あなたは常に勝利できるクラブを離れ、6位で終わった外国のクラブに来ました。それはなぜでしょうか?

フォンセカ「ここに来たのは、ローマをネクストレベルに引き上げる為だ。セリエAは戦術面でとても難しく、私たちにとって非常にエキサイティングな挑戦となる。それがここに来た理由のひとつで、決してお金の話ではない。ジャンルカがオファーを提供してくれた時、私は全く躊躇しなかったよ」

――どのようなフォーメーションを使いますか?シャフタールはソリッドなディフェンスユニットを持っていましたが、ヨーロッパでは必ずしもそうではなかったようにも見えます。あなたはどのような方法でイタリアに適応しようと考えますか?

フォンセカ「モジュール(システム)よりも、チームとしてどのように動くかがより重要だ。過去に私のチームを観た事があるならば、選手たちがダブルアップしているのをご存知だと思う。監督の指示も大事だが、まずは選手の特性を考慮する必要があるね。質問が、もしも私のアイデアに選手が適応できるかどうかであれば、現段階でそこには明確な答えはない。守備についてだが、ローマは昨シーズン最後の12試合で最も優れたディフェンスレコードを持っている。守備の向上は常に目指すが、それが必ずしも守備的に戦うという意味ではない。最善の防御はボールを持つことだと私は考えている。その上で、守備の安定性を確保しながらアグレッシヴに攻めるべきだろう。今日(こんにち)のサッカーではより多くの戦術があり、誰もが対戦相手を細かく分析できる。つまり、私たちは毎試合個別の戦略を用意する必要があるのさ。あなたが同じ戦術を使うかどうか知りたいのであれば、それは私たちが毎試合相手を倒すべく、個別の戦略を立ててプレーする事だと言える」

――フロレンツィはキャプテンになりますか?ここで明言して下さい。

フォンセカ「彼はこれまでもキャプテンで、それを考えれば今後もそうである可能性は高い」

――パストーレ、ペロッティはあなたのサッカーに合っていますか?

フォンセカ「彼らは質の高い選手たちで、ここに残ってくれるなら、私にとってはとても頼りになる存在だ。もちろん彼らも他の選手同様にチームの為の姿勢を見せねばならないが」

――あなたの理想とするストライカーのタイプは?

フォンセカ「ゴールをバンバン決めてくれる選手だよ!」

――スポーツディレクターと監督には、どのようなリレーションシップがあるのでしょうか?自身が欲しい選手のウォントリストをペトラーキに渡したりはしますか?

フォンセカ「まだ知り合って間もないが、すでにジャンルカとは素晴らしい関係を築けている。2人でローマに相応しい最高の選手を追っているよ。それにはふたつのシチュエーションがあるね。まずは私がジャンルカに欲しい選手名を伝えて彼が評価する。もしくはその逆で、彼が私に提案してそれを私が検討する。財務上の問題はもちろんあるが、ローマを強くする為に最善の方法を見つけようとしてるのは間違いないのさ」

――現体制のローマの9年であなたが8人目の監督となります。不安はありますか?他の人が失敗したクラブで成功できると思いますか?

フォンセカ「恐れはないね。何かしら恐怖を感じる事もない。私は自分について話すのが好きではないが、良い結果を出せれば、みなさんも私が何者か理解できると思う。監督は結果でのみ語られるのさ。良い結果を出した監督として周知されるように願っているよ」

参考記事:

どこよりも早いパウロ・フォンセカ戦術研究

パウロ・フォンセカ、ファーストインタビュー

いよいよ本日からフォンセカのローマが始まります。再び首位争いが出来るようになるのか、それとも中堅クラスに落ち着いてしまうのか。夏のテストマッチも決まっているので、まずはそこでどれほど仕上がっているものなのかチェックしたいです。

コメント

  1. 産まれた時からロマニスタ より:

    如月様こんにちは!
    ローマとロマ速の新体制に楽しみにしております!
    ローマ自身は失ったものは多いですが(如月様含めロマニスタも失ったものは大きいですが…)、新たなるローマに期待している自分もいます。
    これまでのローマはもちろん好きでしたが、フォン君とペト子の会見を聞くと、デ・ロッシの様なローマの為に戦う選手が揃ってくれそうな予感がして嬉しく思います!
    今後も応援していきましょう!!
    更新も楽しみにしております。

    • 如月/kisaragi 如月/kisaragi より:

      産まれた時からロマニスタさん
      ありがとうございます!
      良い加入もありますが、放出の穴を埋め切れていないと思うので、戦術に時間が掛かるというならばなおさら早めに頭数を揃えて欲しいなと思います。昨日のトレーニングはフロレンツィが元気で、これはこれで新しいリーダーのスタイルかなと思いました。

  2. 火星 より:

    如月さん こんにちは。

    フォンセカのフットボールがどんなものなのか、見てみないと分かりませんが、不安定なローマの舵取りを見事にこなして欲しいです。

    一年でナインゴランが構想外になったと聞いて、キレちまいそうになりましたが、ジェコとラジャのトレードを夢見てしまいます。

    • 如月/kisaragi 如月/kisaragi より:

      火星さん
      フォンセカははやくテストマッチ観たいです。
      ナインゴランに関しては死ぬほど言いたいことありますが、あくまでローマの選手ではない事から我慢していますw

  3. なめこ より:

    如月さんこんにちは。サイト開設おめでとうございます。

    SDも監督もしっかりとした信念を持っていそうでちょっと安心しています。
    とりあえず新シーズンもフロレンツィがカピターノになりそうですね。
    良いオファーがあれば受け入れると代理人に伝えたというニュースがあって、僕は全然それを信じていないのですが、もし本当なのであれば決まった時に死ぬほどショックを受けるので先に公式に発表しておいてほしいです。

    つまり急に結婚しましたと聞かされるとショックなので、できれば付き合っている時に付き合っていますと発表してほしいし、付き合っているのを発表できないのであれば結婚も発表しないでほしいという事ですね。全然違いますか。そうですか。

    • 如月/kisaragi 如月/kisaragi より:

      なめこさん
      ありがとうございます!
      それは全然違います笑

      フロレンツィは昨日のトレーニングを観る限りでは相当モチヴェーション高そうです。ぼくたちが下世話に考える次元の遥か上でボールを蹴っているのかなと思いましたよ。

スポンサーリンク