ペッレグリーニ主将、2021年を総括する
詳細へ
スポンサーリンク

ナインゴラン「ペッレグリーニこそローマの正統な後継者」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ロマニスタから絶大な人気を誇るラジャ・ナインゴランがクラブを去ったのはもう4年も前の話。今となってはその理由は闇の彼方ですが、それでもロマニスタたちの愛情は未だに続いています。2019年にはカリアリの選手としてオリンピコに帰還すると、クルヴァスッドからは横断幕が掲げられました。

 “Mai un avversario, bentornato Radja”(あなたは決して敵ではない。おかえりなさいラジャ)

現在ベルギーでプレーしているラジャ・ナインゴランが、自身のローマ時代、そしてペッレグリーニについて語っています。


未だにあなたはロマニスタから支持される存在です。

ナインゴラン「俺だってローマは恋しいがよ。まあ、でもそれが人生ってもんじゃないのかね」

ローマでは3人の監督の元でプレーしました。

ナインゴラン「スパレッティ、ディフランチェスコ、ガルシア先生···俺はローマのユニフォームを来て彼らの元で良いプレーをしようと努めた。3人とも尊敬しているのは間違いないぜ。そん中でもスパレッティ監督は、俺のポジションをゴール寄りに変えてくれた。それで俺のゴールも増えて素晴らしいシーズンを過ごした」

モウリーニョのローマにあなたは適任だと思いませんか?

ナインゴラン「そりゃモウリーニョに聞くんだな。数年前、俺にコンタクトしてくれて、また電話すると言っていたが、マンチェスターユナイテッドを率いていたときは連絡のひとつも寄越さなかった」

先日あなたはトリゴリアを訪問していましたが、監督や選手たちと会う事はできましたか?

ナインゴラン「トリゴリアにまだいるダチに挨拶する為に行ったんだ。監督と選手にはタイミング合わなくて会えなかったよ」

あなたの在籍時のローマと今のローマが似ていると感じたことは?

ナインゴラン「俺たちのローマは団結したグループで、こないだの決勝でもお前らは同じものを見たはずだ。モウリーニョ監督は賞賛に値する仕事を成し遂げたよな」

カルチョの世界に戻るつもりは?

ナインゴラン「俺はベルギーで楽しくやってる。でもね、だからって17年過ごしたイタリアを除外はできない。もしもイタリアンクラブから電話があれば、そのとき改めて考えるとするぜ」

ローマにナインゴラン二世は見当たりますか?

ナインゴラン「いいや、俺と同じタイプの選手はいないね。そもそも当時とは中盤の構成も違うからな。しかしだ!···まあ、そうだな、一般的な視点ならヴェレトゥが俺に近いのかもな」

ペッレグリーニの成長をどのように感じていますか?

ナインゴラン「以前クラブから、ペッレグリーニが将来のカピターノに相応しいかどうか尋ねられたことがある。俺はこう返したよ。あの小僧はデ・ロッシやトッティ、そして俺たちと一緒にローマのロッカールームの流儀を経験しているってな。その頃まだほとんど試合には出れなかったが、ローマ人として、ロマニスタとして、キャプテンマークの意味を理解したと思っている。その証拠にまだ26歳なのに、はるかに経験豊富なベテランのように見えるじゃねえか!だから、ペッレグリーニは正統なローマの後継者なんだぜ」

〈了〉

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました