ナインゴラン、カリアリへ還る「俺と美しい物語を・・・」

スポンサーリンク

今回の件ではジュリーニ会長に感謝している。移籍は不可能なミッションにも思えたが、会長は俺をカリアリに連れてきてくれたんだ。   

ラジャ・ナインゴラン

インテル所属のナインゴランが1年のレンタルで古巣カリアリに復帰した。カリアリのみならず、ロマニスタにとってもラジャは特別な選手だ。

彼がローマでプレーした公式戦155試合を全て観た如月から言わせてもらうと、彼がピッチで行方不明になったのはいつぞやのミラン戦1回だけ、あとは何かしらのインパクトを必ず与え続けてきた。

だからインテリスタから支持されていないと知った時は、引っ越した親友が転校先で上手く行ってないようなショックを覚えた。スパレッティ期は怪我もあったし、過去何度もコンテの誘いを断っているから、今シーズンの報復人事的な構想外も仕方ないとは理解しているが、ぼくにとっては既に怪我や発言でその価値が揺らぐ存在ではない。ピッチの内外で爆発を繰り返してエネルギーを生み出す、ナインゴランはそういう男なのだ。

トンマーゾ・ジュリーニ会長(カリアリ)「ラジャの帰還は私たちカリアリのチェンテナーリオ(創立100周年)のファンへの贈り物だ。3週間前は絵空事だったが、ラジャはここに来るために協力して、年俸の一部分をボーナス払いにしてくれた。彼の代理人であるアレッサンドロ・ベルトラミ氏にも感謝したい。彼の存在が不可欠だった」

ナインゴラン「いくつかのオファーは受け取っていた。だがカリアリを選ぶのは簡単だったね。結局は俺が5年前に考えていた事なんだ、つまり、いつかまたここに戻るのはね。それが今とはさすがに考えなかったけどな!カリアリにとって100周年の特別なシーズンだ。さあ、俺と一緒に美しい物語を描こうじゃないか!」

悔しいけどローマのユニフォームよりも似合ってるぜ!Forza ninja!

コメント

  1. ナナシ より:

    カリアリの会長には感謝しかない。結局、苦境にあったナインゴランを救ったのはカリアリだったというのはローマのファンとして少し悔しいです。

    • 如月/kisaragi 如月/kisaragi より:

      ナナシさん
      それにしてもこれでデフレルが来たらカリアリ普通に強くなるのかなと思います。

  2. イヒロマ より:

    ラジャは生え抜き以外の選手で一番好きな選手だったのでローマでプレーして欲しかったのですが、カリアリ復帰は素直に嬉しいです。是非とも彼らしさを存分に発揮してインテルを見返して欲しいです!

    • 如月/kisaragi 如月/kisaragi より:

      イヒロマさん
      本人はインテルはリベンジじゃないと発言していますが、少しずつ大人になっているのかなとも感じますね。
      これでリーダー的資質を身につけたら最強の選手ですよ。

  3. 流浪の珍テリスタ より:

    ラフィーニャ獲得を回避した上、スパレッティの秘蔵っ子として来たことでハードルが上がってました。
    「おうおうなかなかよかったラフィーニャ買わずにスパとの経験豊富なおじさんかい。そりゃ目くるめくスパのサッカーしてくれるんやろな。」的な。

    離脱時は「いないとサッカーにならんわこれ珍テルだわ。」
    だったんですけど、
    戻ってきて「これよこれ。彼がいればサッカーができる。」
    とはなるものの45分ほどでエネルギー切れが見え始め消えていくようなコンディション・スタミナ不良を抱えていて難しかった。
    規律違反や負傷で離脱も多かったですし値段も高かったのも良くなかった。

    その上でスパレッティがアッレグリもびっくりな塩サッカーを繰り広げるもんだから一緒になって失望を背負わされてしまった感はありました。

    クラブの変革期をギリギリで支えてくれたことには感謝しかないです。彼がいなかったらおそらく4位は無理だったでしょう。
    カリアリで大恩返しをして珍テルが珍テルたる所以を見せつけてほしいと思います。

    • 如月/kisaragi 如月/kisaragi より:

      流浪の珍テリスタさん
      なるほど、そういった背景があったんですね。
      スパレッティの戦術がリアリスティック過ぎて塩なのは知ってましたけど、
      彼とナインゴランはセットみたいなところあったからそこでも戦犯になったのかもですね。
      確かに昨年は大事な試合で欠場多すぎだなとはロマニスタのぼくも感じました。

  4. 胸より尻に最近惹かれます より:

    インテルは開幕何試合かで結果が出なければ
    ズルズルとそのまま低迷で年末にはコンテ解任もありえそう
    ナインゴランの後釜に入れた選手は大舞台に出た経験が無いのと
    リーグ戦との戦い方が違うのを理解しているのかな

    • 如月/kisaragi 如月/kisaragi より:

      胸より尻に最近惹かれますさん
      インテルは伝統的に監督にお金を掛けて、選手をフィットさせていくチームなので、
      その監督が望む選手を揃えられるかも重要なファクタでしょうね。

      大舞台の経験で言うと、ELはCLとは違うタフさだと思うので、
      ローマもそこらへんを理解して残留と補強を見極めるべきだと思っています。

  5. 匿名 より:

    メルカートだけを見たならラジャとケヴィンの放出は大正解だったことになるんでしょうか
    チームとして見るとアリソンは仕方なかったとして、この2人を一気に放出したことがCLを逃した原因だと未だに思っているのだけれど
    大嫌いなインテルに行くことになって昨季は複雑だったけど、今シーズンのラジャは心から応援してる、なのでローマ戦では恩返ししないでその分インテル相手にトリプレッタでも決めてね

    • 如月/kisaragi 如月/kisaragi より:

      匿名さん
      ラジャとケヴィンの放出が大正解とは死んでも思いません。
      ただ、彼らが不在でザニオーロやペッレグリーニが活躍したのは事実ですが、
      これは怪我の功名です。

      何にしてもローマは新しいフェーズに進んで、
      そこで新しい歴史が構築されていくので、
      ぼくは未来が楽しみになってきています。

  6. うてません より:

    そうですか、カリアリですか。
    残念だけど仕方なくて、これはこれでよかったと感じました。

    • 如月/kisaragi 如月/kisaragi より:

      うてませんさん
      カリアリのユニフォームを着たナインゴランを観ていたら、
      何一つ恨めしい気持ちはなくなりましたね。
      同じようにトッティやダニエレもいつか戻るんだろうなって思いました。

スポンサーリンク