ペッレグリーニ主将、2021年を総括する
詳細へ
スポンサーリンク

トッティ「ユヴェントスに侮蔑など受けていない」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

先程行われたコッパ・イタリア決勝、アタランタ対ユヴェントスは、キエーザの劇的な逆転ゴールでユヴェントス14回目のコッパ制覇で幕を閉じました。皆さんご存知の通り、ぼくは『Tokyo No.1アンチユーヴェ』ではありますが、率直に申し上げて、お前らのゴールを守った世界で最も偉大なゴールキーパーの為に心からおめでとうと言いたい。
来季のカンピオナートを見据えて、レッジョ・エミリアのマペイスタジアムには4000人の観客の入場が許可されました。その中にフランチェスコ・トッティとそのご子息のクリスティアンの姿も。


そこでのエピソードをひとつご紹介しましょう。彼らが車でスタジアムに向かう道中、ユーヴェウルトラスとアタランタウルトラスの暴動に遭遇しました。そこで、トッティ親子を見つけたユヴェントスウルトラスが2人を侮辱し始めたとメディアが報じたのですが、このニュースを知ったトッティは試合後にSNSで即座に否定しました。有名人は大変ですね。

トッティ「スタジアムに戻ってファンと一緒に試合を観るのは本当にエキサイティングだったね。あとね、俺とうちのチビがユヴェントスファンから侮辱されたって話な、そんな事はなかったぜ。むしろ彼らは俺たちを賞賛してくれた。スポーツ万歳ってワケさ」

そんなカピタンですが、この試合のハーフタイムでraiのインタビューにも答えています。

マンチーニ代表監督はブッフォンをユーロに招集するかもしれません。

トッティ「特にブッフォンとは何も話してないよ。もう結構長い間あいつから連絡はないね。でも本人にやる気があればプレーを続けるだろうし、魅力的なオファーがあればじっくり検討もするだろう」

ところでトッティのローマ復帰の噂は依然根強く残っています。この噂についてもこのように話しています。

トッティ「結局はさ、ローマからは誰一人俺に連絡なんかしてきてないんだよ。だから、俺の復帰に関する噂は全部嘘さ。でもだよ、もしも彼らが俺に連絡をするならば、俺はフリードキンとモウリーニョ監督に経緯を払いながら交渉のテーブルに着くつもりだ」

〈了〉

いたらいたでワクワクするし、いないのに今後の動向にどきするしトッティは相変わらずファンタスティックです。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました