セリエA2019-20開幕SP クラブチームレジュメ

スポンサーリンク

いよいよヨーロッパ各国リーグ開幕月となり、イタリアも補強を進めながら徐々に仕上げに入る時期でしょう。そこでローマ速報では、様々なクラブチームのティフォージにクラブの進捗状況を教えて貰いました。

これを読むと、ぼくたちロマニスタがより対戦相手を知ることができて、試合が楽しめるようになるのではないかと思います。またぼくたちがたいへん興味のある『ローマって周りからどのように見られてるのかね?』という質問もしてみましたので、そうだよなーとか、そんな風に見えてるのかとかワイワイキャッキャすると良いですね。

この夏ご紹介するのはローマを含む9クラブ。本当は全20クラブ制覇したかったですが、ぼくの人脈のなさもあり(実にすいません)、書いてくれそうな人を探しきれなかったので、それは来年以降の課題としたいところ。

最終回の本日はローマの2クラブをご紹介します!

まさかローマ速報でラツィオを取り上げる日が来るとは夢にも思いませんでしたが(笑)何が起こるかわからない。それは人生もサッカーも同じということでしょう。この企画を通じて、単なる勝ち負けだけでないイタリアサッカーの楽しさを発見してもらえたら幸いです。

また、今年ご紹介できなかったクラブに関しては、深い意味は全くなく、単にぼくの人脈の無さからです(マジですまん)。この企画は昨年が3クラブ、今年は8クラブと着実に紹介できる数が増えていますので、来年はもっと多くのクラブを紹介出来たらいいなーと思っています。

今回強力して頂いたみなさん、読んでくれたみなさん、本当にありがとうございました!

↓の目次からどぞ!

ATALANTA BC

回答者/サイト名

アタランタジャパン🇯🇵(Atlantan BC japan 🇯🇵)

サポーター歴

2年

ここまでのメルカートは何点か?またその理由は?

100点満点中60点

CLを勝ち取った今、前までの布陣をベースにプラスアルファでトップクラスの選手を数名補強すると予想していたが補強したのはトップクラスから少しランクダウンに思われるルイス・ムリエルとマリノフスキ。かなり優秀な2選手だがトップクラスとは言い難い。

CLは各リーグのトップが集う大会。それにこのままのアタランタで対応ができるのかすごく不安。さらに、マンチーニのローマへのレンタルが決まりDF陣が薄くなったにも関わらずDF人を補強しなかったのは不安である。
しかし、アタランタは育成に非常に定評がある。メメーオコリやトラオレ、コリー、ムサバロウなどと言った若手選手が活躍するのではないかと思う。アタランタの昨シーズンの形を残し、チームの中心選手の移籍を食い止めた、事には60点の価値がある。ガスペリーニ自身もアタランタに残ったのはチームにとってもサポーターにとっても非常に良い事であろう。

予想スタメン

GK…ゴールキーパーは昨シーズン途中から出場が増え、イタリア代表にも選ばれたゴッリーニが先発で間違い無いだろう。アタランタ復帰のスポルティエッロが第2ゴールキーパー、第3ゴールキーパーはロッシ。

DF…ディフェンス陣は昨シーズンのマンチーニのところを経験豊富なトロイ、パロミーノがカバーをするだろう。マンチーニがいなくなった分ジムシティの出場機会が増え、さらに昨シーズン1試合だけしか出場していないイバニェスやトップチームへ昇格したメメオコリなどと言った若手選手が続々と試合に出場すると見込まれる。

MF…マリノフスキをチームに加え、更にパシャリッチのアタランタとの契約延長、かなり良い感じだ。不動のフロイラーデローンコンビにマリノフスキやパシャリッチと言った経験豊富なミッドフィルダーが絡んでくる事で更に面白い中盤になるだろう。昨シーズンからアタランタでの試合出場が少しずつ増えたペッシーナもいる。

WB(ウイングバック)…アタランタ特有のウイングバックはハテブル、カスターニュ、ゴセンスが今季も中心になるだろう。

FW…パプ、イリチッチ、ザパタのトリデンテに加え、ルイスムリエルが加入し、更に勢いを増したアタランタの攻撃陣は止めることができない。アタランタは昨シーズンセリエAでユーヴェをも抑える得点力であった。更にプレシーズンで調子を上げてきているムサバロウの活躍にも期待。

全体的に昨シーズンに比べ選手層が厚くなったイメージです。

予想順位は?(カップ、UEFA大会含む)

リーグ→優勝、最低ラインがCl圏内
コッパ・イタリア→昨年の悔しさをバネに優勝
Cl→優勝を目指すがグループステージを突破できたら万々歳!

ローマと対戦して怖いところは?

ローマは中盤からフォワードにボールがいくまでが早いチームだと思う。更にサイド攻撃をうまく利用しセンタリングをあげジェコなど高い選手が怖い。セットプレーでのジェコやマノラスは脅威であった。ゴール前でシンプルに攻めてくるのでミスが少ないのも脅威である。
センタリングの精度も高い。
攻撃陣は申し分ないと思う。

ローマの弱点は?

ディフェンス力。これはアタランタと同じ課題です。去年の結果から分かるように失点数が上位の他のチームに比べ多いです。

新しいユニフォームの感想は?

新シーズンのユニホームを見た感想は昨シーズンとあまり変わらず良い感じに少しだけグレードアップ。個人的にセカンドユニホームが好きです!

TORINO FC

回答者/サイト名

Dino/トリノFC情報局

サポーター歴

4シーズン目

ここまでのメルカートは何点か?またその理由は?

50点。全20チーム中唯一未だに補強ゼロですが、ローンで加入していた選手たちは全員買い取ったし、EL予選も急遽決まったのでばたつくのも仕方ないかなと思ってます。

予想スタメン

3-4-2-1をベースに3-4-1-2や3-5-2など使い分ける戦い方になると思います。ここではサブですが、ザザやバゼッリの働きにも注目です。

予想順位は?(カップ、UEFA大会含む)

昨季の7位を越える戦いを期待します。

ローマと対戦して怖いところは?

主力数名の移籍はびっくりでしたが、さすがペトラーキだけあって後釜の補強は順調な印象があります。ボールの扱いに長けた選手が多いイメージがあるので、「上手いサッカー」を展開されると非常に怖いです。

ローマの弱点は?

選手の入れ替わりがやや激しいので、成熟度という意味ではまだ付け入る隙があると思っています。

新しいユニフォームの感想は?

リークされた時は画像が粗かったのでダサっ!と思いましたがいざ試合で着てるところを見ると案外悪くなかったです。サードユニの発表も楽しみです!

JUVENTUS FC

回答者/サイト名
ミツ/月刊ユベントス

サポーター歴
中抜けしてますが概ね17〜18年位。

ここまでのメルカートは何点か?またその理由は?
90点
昨シーズン、最大のウィークポイントと言われたセンターバックにデ・リフトとデミラルを獲得し、一転してチームのストロングポイントに変えた事。そして、ラビオとラムジーを補強して、中盤に創造性を持たせた事。更にブッフォンと言う精神的支柱をチームに戻す事により、メンタル部分のバランスを保つ事に成功した。100点ではなく10点差し引いたのは、メンバー数が過剰になって誰かしら放出しなくてはならない寂しさから。

予想スタメン

獲得は順調に進んだものの、現在のAチームが28名程度の大所帯になっているので、ここから誰がチームを去るかによって変わってくる部分もあります。特にセンターフォワードにはイカルディ、ルカクと言った名前が挙がっており、そのどちらかが加入すれば間違いなくスタメンに入る事でしょう。
センターバックはポヌッチと新加入のデ・リフトがベースとなり、怪我がちのキエッリーニは大一番で登場する事になります。

予想順位は?(カップ、UEFA大会含む)
・国内リーグ→優勝
・コッパ・イタリア→優勝
・チャンピオンズリーグ→優勝
ただ、その中でも『どのタイトルが1番?』と聞かれれば、『スクデット』と答えます。これは昔から変わらない考え方です。

ローマと対戦して怖いところは?
今のところ戦力分析出来ていないので、まだ何とも、、、。ただ、新しく来たフォンセカはなかなか面白そうですね。

ローマの弱点は?
同様に分析出来ていないので分からないのですが、絶対的な存在だったトッティがあのような去り方をしたので、『チームとして大丈夫?』と思う部分はあります。

新しいユニフォームの感想は?


「なぜ、ピンクが。。。」です(笑)

UC SAMPDORIA

回答者/サイト名
シュウ/ブログ di サンプドリアクラブ東京

サポーター歴
29年

ここまでのメルカートは何点か?またその理由は?
60点
DF、MFの補強はほぼ完了しており、あとは余剰戦力の売却&レンタル。もしこれからレギュラークラスを引き抜かれたらそれに見合う選手を獲得するという感じ。概ね満足。ただFWのウィングの補強が決まっていない。ここは必須。ここに誰を獲れるかで最終的な点数が決まる。この時点で決まっていないと言うだけで、新加入選手の順応時間が少なくなっているのでマイナスポイント。

予想スタメン表

両ウィングは今後の獲得選手次第で変わる可能性大。MFでPraetが獲られた場合、Linettyが右に来て左JANKTO。もしくは新加入のトルスビーがブレイクするか、誰か獲るか。個人的にはVIEIRAにEkdalを超えて欲しい。

予想順位は?(カップ、UEFA大会含む)
目指すは4位
現実は6位

ローマと対戦して怖いところは?
攻撃力

ローマの弱点は?
トッティに続いてデロッシもいなくなったことで、ロッカールームの求心力。つまりチームとしてのまとまりがなくなるのではないか?

新シーズンのユニフォームを見た感想は?


ホームは今年も最高!と言うか、ずっと変わらないように他チームのファンからは見えるかもしれないが、今年のは良い。ボタンの所に密かに1946って入ってる。アウェイはプラクティスみたいで、ユニとしてはイマイチ。3rdは80点。GKは85点。

SSC NAPOLI

回答者/サイト名

Npoli.Inc/ナポリを見て死ね

サポーター歴

7年

ここまでのメルカートは何点か?またその理由は?

点数60点

DFラインの補強、もっと言うとセリエA屈指のセンターバックであるマノラスを獲得出来たという点だけで、充分及第点は与えられる。加えてディアワラ、ログが抜けた中盤に関してはエルマスとガエターノでしっかりと解決策を示せている。

ただし、前線に関しては思うような補強が進んでおらず、大きく印象を下げる形となっている。
加えてエルマス、ガエターノの両名に関して、才能は疑いようの余地が無いものの、まだまだ未知数な部分が多いのは確か。放出のオペレーションに関しても、完璧に遂行が出来ている分けではないので「現時点では」60点とさせて頂く。

予想スタメン

一番の突っ込みどころは、「GKがオスピナじゃなくメレト」というところでしょうか。え、違う?
ハメスとロサーノが来ている想定で話を進めていきます。
ハメスは組み立てにもフィニッシュにも参加できる形で、ミリクと最前線を組ませています。ロサーノは右固定です。これに伴い、メルテンスとカジェホンが控えに回ることとなります。
一番迷ったのは左サイドです。18-19を基に考えるならジエリンスキかユネスになるのでしょうが、あえてインシーニェにしてみました。チームのエースは彼だと思っているので、期待を込めてスタメン予想です。
そうなってくると難しいのがセンターハーフで、ファビアンとジエリンスキどっちを使うかという贅沢な悩みが出てきます。ここではファビアンにしましたが、ジエリンスキの出場機会が大きく限られるというのも考えられないとここでは述べておきます。

DFラインに関しては多分、ナポリファンの間で予想に大きな違いが出ることは無いと思います。せいぜいディロレンツォ⇒マルキュイくらいですかね。
GKは僕の一押しのメレトです。オスピナが控えていると思うとえげつないですね。

予想順位は?(カップ、UEFA大会含む)
セリエA:優勝
コパイタリア:優勝
CL:ベスト16

ローマと対戦して怖いところは?

とにかくサイドからの突破は怖いイメージがありますね。
17-18で言うとウンデルにボコられ、18-19だとペロッティにボコされた思い出があります(どっちもシーズンの後半戦)。中でキッチリ仕留めてくれるジェコの存在もかなり大きいと思っていて、19-20でどうなるかは注目している部分でもあります。

ローマの弱点は?

これもよく言われているところかもしれませんが、18-19で言うと中盤のバランスだったかなと思っています。最適な噛み合わせを見つけられないままズルズルといってしまったことで、苦しいシーズンを過ごしたように見受けられます。この部分の課題に関しては、移籍市場での動き(ディアワラ、ヴェレトゥの獲得)にも出てたと僕は思っています。

加えて19-20シーズンは、マノラスを欠くことになるのでこれがどう影響してくるかは注目だと思っています。2年連続で守備の要となる選手(18年の夏はアリソン)が抜けているので、上手いこと調整が必要だと思っています。

新しいユニフォームを見た感想は?

ピクセル迷彩柄がホーム・アウェイ・サードの全てに採用されており、非常にクール。なお、一番のお気に入りはGKユニの赤。普通に欲しいです。

AC MILAN

回答者/サイト名

カカニスタ22『Grande Milan~ACミラン応援日記~』

サポーター歴

約14年

ここまでのメルカートは何点か?またその理由は?

点数;80点

新監督にジャンパオロが就任し、目指すべきサッカースタイルが大きく変化したことで選手の大幅な入れ替えが必要とされた今夏のミラン。そんな中、クルニッチやベナセルといったセリエAで実力を証明済みの選手に加え、テオ・エルナンデスやラファエル・レオンなどの有望株を次々と獲得。スピードとテクニックを兼備した選手達の獲得は、素早いパスワークで相手守備陣を崩していくことを志向する新監督の要望に沿った的確な補強であるといえます。後は前線と中盤に1人ずつ選手を加えることができれば、補強に関しては完璧に近いのではないでしょうか。

一方で、ここまで放出が上手くいっていない点は気になります。余剰戦力や適正ポジションのない選手の放出が進んでおらず、更なる補強のためにも積極的に着手してほしいところです。

しかし、全体として見れば想定以上に巧みに立ち回っている印象を受けますし、限られた予算の中でのメルカートということもあり、高評価としました。

予想スタメン

GK、DFライン、そして前線に関してはこのメンバーが主軸となることが予想されますが、中盤に関してはここまで離脱者が非常に多く、まだまだ未知数です。それ故に、ボナベントゥーラやケシエといった昨季までの主力選手の状況(前者は怪我からの回復具合、後者は戦術への適応度)や、更なる補強or放出によっては大きく変動し得るポジションということを念頭に置いていただけると幸いです。

攻撃戦術については、素早いパス回しで相手守備陣を崩していく流動的なポゼッションサッカーを想定。トップ下経験もある両インサイドハーフのクルニッチとチャルハノール、そしてインサイドハーフもできるパケタの3者が流動的にポジションチェンジを繰り返し、相手の守備ブロックを崩していくというのが理想。カウンターに際してはラファエル・レオンのスピードとスペースへのドリブルを存分に活かし、少ない手数でフィニッシュに持ち込む形がメインになると思われます。

守備については、ハイプレスとブロックを使い分けつつ、運動量と組織で守る形になるかなと。特に上述の中盤では選手個々の守備の強度は低いため、組織力の高さは必ず求められますね。また、対戦相手の強さに応じてメンバーやライン設定を変えていく柔軟性も必要になってくると思います。

予想順位は?(カップ、UEFA大会含む)

セリエA;4位
コッパ・イタリア;ベスト4
この後の補強や戦術の浸透度の早さにもよりますが、最高で3位フィニッシュは可能だと考えています。ですが、4位に入れたら十分ですね。

昨季よりも戦力はアップしていますし、後はジャンパオロがどれだけやれるかに懸かっているかなと思います。

ローマと対戦して怖いところは?

爆発力。記憶に新しい「オリンピコの奇跡」を始め、これまで数々の劣勢をローマが覆した試合を観てきた者としては、やはりローマ相手では最後の最後まで油断できない怖さというのを常に感じています。

ローマの弱点は?

土壇場での爆発力が凄まじい一方で、安定感に欠ける試合や期間というのが少なくない印象です。それと昔の話ですが、フランチェスコ・トッティがいる時といない時とでチームのパフォーマンスの差が激しかった記憶がありますね。余談で恐縮ながら、トッティは僕の中では歴代トップ10に入る好きな選手です。

新しいユニフォームを見た感想は?

月並みな感想ですが、かっこいいと思います。

ちなみにミランのユニフォームでかっこ悪いと感じたことは一度もないですね。

ACF FIORENTINA

回答者/サイト名

Kyazu/アルノ川の畔から

サポーター歴

ざっくり応援しているのは10年ちょっと前くらいからです。サポーターと呼べるのは13-14からなので19-20で7年目ですかね。フィオレンティーナのサポーターにはバティやルイ・コスタの頃から応援されている方が多いので、まだまだ駆け出しの新参者です。

ここまでのメルカートは何点か?またその理由は?

30点です。勿論ここから上がっていく…はずです。
絶対的に必要だったRSBに狙い通りサッスオーロからリローラを獲得し、前線のバックアッパーとしてケヴィン=プリンス・ボアテングも格安で獲得しました。
MFとしてもFWとしても起用できる即戦力のベテランを控えに置けるのは大きいと思います。
モンテッラの育てたバデリの帰還もチームにとって大きなプラスになることでしょう。

しかし、依然としてセンターライン(特に中盤)の選手層は脆すぎますし、加えてWGに即戦力が欲しいですね。
CFもプレシーズンマッチを観ている限り、このままシメオネに任せるわけにはいかないので、ここもスタメンに頼れるストライカーを確保したいところです。

つまり、まだまだチームの基盤も出来てない状態です。
SDのプラデは8/10から動き始めると言ってるので、それを真に受けるならば開幕までにまだ大きな動きはあると思います。

予想スタメン

前述した通り、まだまだチームの基盤も出来ていません。
なので、とりあえず現有戦力で無理やり組んだ形になっています。
このままシーズンを迎えることはないでしょう。
という前提の上でお話します。

皆さんの最大の関心事キエーザはとりあえず1年残留しそうな空気感です。

それから、昨季最大のウィークポイントだった中盤の守備ですが、補強は必須です。
色々噂は出ているので、ちゃんと今名前が挙がってるラインで決まれば一転して強みになる可能性もあるなと思います。

でもまずは頭数を揃えるところからですね。
CBが2人、DMFが1人、CMFが1人、WGが1人、CFが1人追加で必要です。
ここからの補強がヴィオラの戦力を大きく決定づけることになるので、注目しています。

最後によく「シメオネはどうなの?」と聞かれるので、CFについて書きます。
個人的にはシメオネはもう限界です。
その控えにいたプリマ上がりの新人ヴラホビッチが驚異的な成長を遂げています。
おそらくシメオネが残ることになっても、シーズンを終える頃には序列で言えばヴラホビッチの下についていることでしょう。
しかし、可能性は別に1つあります。
モンテッラが練習でシメオネをサイドで試したそうです。
あまりイメージは湧きませんが、このコンバートに成功したならば、まだヴィオラで生きる道はあるかもしれません。

予想順位は?(カップ、UEFA大会含む)

目標は6位、ノルマは10位、現実的な予想は12位です。
欧州大会に出場したいというのは常にある願いなので、目標としてここがブレることはありません。
しかし、実現の可能性を考慮するならば、これは正直難しいです。
昨季大きく崩壊したチームですから、まずは順位表の左半分にいることがノルマでしょう。
というか個人的にはこれも難しいと思っています。
単純にヴィオラよりも上にいそうなチームをカウントしていけば、現実的な予想は12位です。
もちろん今後のメルカートの動き次第で変動はありますが、今の予想が良い意味で裏切られることを祈っています。

ローマと対戦して怖いところは?

サイドは怖いです。層は薄くなったなと思いますが、クライファートJr.とウンデルはどう考えても嫌です。そしてその後ろに構えるのがフロレンツィとスピナッツォーラというクオリティあるSBですからね。もしジェコが残ればスピナッツォーラ→ジェコというのはホットラインになりそうな気がします。

ローマの弱点は?

ストロートマンやナインゴランに続き、デ・ロッシという絶対的な精神的支柱を失った中でチームが不調に陥ったとき、ロッカールームで声をかけるのは誰なのかというのは疑問です。
また、個人的に昨季のローマでのベストプレーヤーだと思っていたファラオーネやセリエで5本の指に入るであろうCBマノラスの穴はそう簡単に埋まるとは思えません。クライファートJr.やウンデルという良WGを抱えるサイドはとりあえず良しとして、中盤の守備はかなり堅めにしておかないと、センターラインから崩れていきます。これは即ち昨季のヴィオラで起きた崩壊です。

ローマはヴィオラと違い、ある程度地力だけで勝ってしまえるぶん降格圏に沈むほど勝てなくなるとは思いませんが、欧州争いから一歩後退する可能性は十分考えられるのかなと思っています。

新しいユニフォームの感想は?

めっちゃダサい。近年最悪の出来。全フィレンツェが泣いた。僕も泣いた。

SS LAZIO

回答者/サイト名

増井秀法(ごろにゃ)

サポーター歴

ラツィアーレ歴25年

ここまでのメルカートは何点か?またその理由は?

90点。

主な補強選手はSPALから右WBのマヌエル・ラッツァーリ、コペンハーゲンからスロバキア代表のCBデニス・ヴァヴロ、アラベスから左サイドアタッカーのジョニーの3選手で控えめだが、逆に現時点で主な放出選手が無い。
しかし、攻撃の要であるセルゲイ・ミリンコヴィッチの去就が依然として不透明。R.MadridがマンUからポグバを獲得し、ポグバの穴埋めとしてセルゲイ・ミリンコヴィッチを獲得する流れだったが、一向に決まらない。
徐々にセルゲイ・ミリンコヴィッチが残留する可能性が高くなっているが果たして。

予想スタメン

システムは昨シーズンと同じ3-5-2
右WGにラッツァーリ、3バックの一角にヴァヴロと新加入選手が入ると予想している。また、左WGは新加入のジョニーを入れるか悩んだが、ルリッチの方が可能性が高いと考えている。

予想順位は?(カップ、UEFA大会含む)

セリエA:4位(もちろんCL出場権を目標なので、願望もあります)、コッパイタリア:ベスト4、EL:ベスト4

ローマと対戦して怖いところは?

新監督であるパウロ・フォンセカ。セリエA初挑戦だが、2015-16シーズンはポルトガルのブラガを率いていた時、ポルトガルカップ優勝。2016-17シーズンからウクライナのシャフタール・ドネツクを率いて、全てのシーズン、リーグ優勝させた手腕は脅威。
また昨シーズン、ローマで一番ブレイクしたザニオーロはまた大きく成長して、チームの大黒柱になった時が脅威。

ローマの弱点は?

エル・シャーラウィ放出でその穴埋め選手が決まっていない点。昨季のローマを比べると一番の懸念材料。移籍市場が終わるまで補強すると思われるが、ラツィアーレが一番心配しているのは、噂されているイグアインが加入すること。ラツィオは常にイグアインからゴールを奪われており、加入されたら本当に厄介になる。

新しいユニフォームの感想は?

やはりラツィオは水色ベースのユニフォームが一番。昨シーズンのユニフォームより明らかに良い。

AS ROMA

回答者/サイト名

如月/ASローマ速報~ROMANISMO

サポーター歴

16年くらい

ここまでのメルカートは何点か?またその理由は?

80点

夏に来たパウ・ロペス、ディアワラ、マンチーニ、スピナッツォーラは自分の良さを表現できている。それを見たファンがスッと納得できているのがこの夏のローマのメルカート。雨降って地固まるといった雰囲気を感じる。思えばモンチの時はそれが皆無だった。

あとは算数の話になるので、足した後は誰を引くのかというのは慎重に考えて欲しい。いまからジェコ級のオールラウンダーを獲得できるのか。

FFPはロマニスタには関係ない。

予想スタメン

唯一不明なのはエルシャーラウィの抜けた左のアウトサイドで、ここが固定しきれないとまたズルズルとシーズンに入りそう。それにしてもウンデルがすぐにフィットしたのは驚いたし、リール戦のようにレーンに飛び込む形の得点はぼくの記憶では初めて。

ザニオーロとペッレグリーニがトップ下を争うけど、ここまでザニオーロの守備意識は非常に高い。フォンセカのスタイルを急速に吸収しているのか、事前に勉強してきたのか。

パウ・ロペスはアリソンタイプのキーパーで、正直マルコ・サヴォラーニGKコーチの下で大きく飛躍するように思う。ここまで失点はしているけどレスポンスは良い。ただ、その好感触だけで引っ張れるのは9月くらいまでかなと思う。

あと若いチームを目指すというけどこれだとまあまあ平均年齢高め。

予想順位は?(カップ、UEFA大会含む)
リーグ→スクデット
ヨーロッパリーグ→優勝
イタ杯→優勝(10度目)
ジェコ→得点王
ディアワラ→リーグ最多アシスト
コラロフ→ヨーロッパディフェンダー最多得点
フォンセカ監督→ゴールデンベンチ賞(Panchina d’Oro)
ペトラーキ→フットボールリーダー最優秀ディレクター賞
ダン・マイス(建築家)→アムステルダム・ワールドスタジアムコングレス2020最優秀デザイン賞(ローマニュースタジアム)

各クラブと対戦して怖いところは?または弱点は?

*あくまでロマニスタのぼんやりした見解です。

ユヴェントス:得点力というよりも、そこに至るビルドアップで相手のプレスをかわす技術がセリエAでは群を抜いている。これがヨーロッパでも通用しているうちは国内では無双状態。彼らと戦うときは特別なアイデアとそれを実行する勇気が必要なのかなと思います。

サンプドリア:EDFがどこまでベースをいじるかどうか。テストマッチ3試合をダイジェストで観た感じでは、そこまで大きく変えていないというかローマより強そう。ただプラートのような球際に滅法強い選手を売却したのがEDFのプレッシングサッカーにどう響くか。

フィオレンティーナ:アーセナル戦だけ見ましたが、活きの良いチームなんですよね。ただそれが90分持続しないので、より求心力のある選手の存在があればもうひとつ上のチームに化けそうな雰囲気はある。ただデ・ロッシ(来なかった)ナインゴラン(来なかった)、そこでボアテングを落とし所にした雰囲気補強は、クラブの浮遊感を感じる実に危険な賭けだと思ってます。

トリノ:ELは予備戦からスタートしたけど、唯一昨シーズンの続きから始められるチームで、戦術も完成の域にあるのだろうから、現有戦力である程度戦えるのかなと予想します。ザザが調子良いと風の便りに聞いております。予備戦の分だけ早めにフォームが落ちてくると思われるので、10月、11月どれだけ取りこぼしを防げるかが正念場。

ミラン:ベンフィカとユナイテッドをダイジェストで観ました。いきなりジャンパオロ色が出ているような感じです。逆に言うとガットゥーゾって思ったよりもしっかりチームの基盤を作ったんじゃないですかね。スソは攻撃的なポジションならどこでもやれそうな感じが好きです。あと2番の選手が失点に絡みまくっていて、ややオーバーウェイトにも見えました。

アタランタ:絶大なインテンシティを誇るチームで、特筆すべきはそれがアウェイでも変わらない事です。パプがそろそろ衰えてくるのではないか、1シーズンくらい低迷することもあるのではないか、といった不確定要素につけ入りたいところ。

ナポリ:アタランタと同じでほとんど弱点らしい弱点がないです。強いて言えば、彼らがやっているサッカーは美しいので、彼ら自身「美しく勝利するのが俺たち」と考えるならば、こちらはそうはさせない泥臭いサッカーを仕掛けたりすれば勝てるのかな。

ラツィオ:ローマに対する勝ち方を知っている唯一のクラブだと思います。前から嵌めていくというサッカーは序盤にイニシアチブを握れたら強いけど、そこにはホームアドヴァンテージが不可欠で、彼らが重要なアウェイゲームを落としているのはそれが理由でしょうね。

新しいユニフォームの感想は?

稲妻のデザインを大胆に取り入れる辺り、あえてエイティーズのダサさを狙ったのだろうと好意的に解釈しているがダサいものはダサいので困っています。でありながら3rdユニは名作。こっちは買いですね。

コメント

スポンサーリンク