セリエA第32節:ブレッシャ(A)

スポンサーリンク

2・連・勝!!!!

Brescia Calcio Saturday, 11. July 2020 AS Roma
0:3
goals
0 : 1 Federico Fazio 48. / left-footed shot
0 : 2 Nikola Kalinić 62. / right-footed shot  (Carles Pérez)
0 : 3 Nicolò Zaniolo 74. / left-footed shot  (Diego Perotti)

前半のブレッシャは、きれいなブロックで守りながらカウンターを狙ってきて,ローマもなかなか前線にスペースを探せなかった。しかし後半に入り、すぐにセットプレーからファシオ司令官がゴールを決めると、62分にはカリニッチで追加点、さらに74分にザニオーロでダメ押しの一発と久しぶりのクリーンシート、0-3で終えた。

ブレッシャは7番のニコラス・シュパルクが印象的で、前半は左ウイング、後半には右でプレーしたけれど、とにかくポジショニングが絶妙だった。ローマ側はもちろん至宝ザニオーロ。トップスピードで侵入してニアをぶち抜く早熟な天才性を発揮した。

試合後のコメント。

ザニオーロ「6ヵ月のタフなリハビリの後にこんなゴールを決めることができてうれしいよ。今日のゴールをターニングポイントとして、これから新しいスタートを切りたいね。チームはもう一度正しい方向に向かっている。今日はパーフェクトさ。こんな夜をこれからも続けたい。何度も繰り返すけど、ぼくは100%のフォームを取り戻すことに集中してる。今はまだ100%じゃない。毎日トレーニングの1時間前には膝のウォームアップをしている。あまり先を見過ぎずに、日々のやるべきことを続ける。ヨーロッパリーグまでには完璧なコンディションに戻りたい。今のフォームが何%か?そうだね・・・。ようやくチームセッションに入って2週間。でも、フルでピッチに立ってるわけじゃないから、多少は制限されてるよね。60~65%の仕上がりって感じかな。でも、このまま続ければフォームを取り戻すのは時間の問題さ」

これで60%???フロントには100%の状態になったとき、他のクラブに売らないようにして頂きたい。個人的には一人だけ出番のないファン・ジェズスが気になります。サントン、ウンデルはある程度技術的な選択だと思うけど、JJに関しては、彼よりも若い選手が序列を上げて起用され始めているので、来季の移籍というのはあり得るのかなと思っています。

コメント

スポンサーリンク