セリエA第20節:ジェノア(A)

スポンサーリンク

Genoa CFC Sunday, 19. January 2020 AS Roma
1:3
goals
0 : 1 Cengiz Ünder 6. / left-footed shot  (Justin Kluivert)
0 : 2 Davide Biraschi 44. / own goal
1 : 2 Goran Pandev 45. / left-footed shot  (Lasse Schöne)
1 : 3 Edin Džeko 74. / right-footed shot  (Lorenzo Pellegrini)

ディフランチェスコ監督とフォンセカ監督のサッカーは、ウインガーが開くか、センターフォワードの近くでプレーするかといったディテールの違いはあれど、やりたいこと――方程式は同じな訳です。そこに、この試合の面白味はあった。まあ、あくまでロマニスタだけですけど。

ジェノアは今季の開幕戦の相手で、点の取り合いの果てに、70分にクアメに得点を許してドローで終えたのは、プレシーズンの期待感の高低差でひどく憂鬱だった。それを思えば、この試合はローマの成長を感じる内容で、特にプレッシングには一芸あり、ボールを失っても良いリカバリーが出来ていた。

とはいえ、前半のイケイケムードで2点先制した直後にアッサリとパンデフに1点返されて、1-2で折り返すと、後半は、長時間ジェノアのターンが続く展開に。しかし、その中で勝利を信じる事ができたのは、ほぼ100%ジェコが制空権を掌握していたからに他ならない。いつかここから得点が生まれると確信していた。
ゲームクローズは74分。ジェノアのセンターバックが、GKペリンにバックパスすると、ジェコが右のパスコースを潰しながらのカバーランで詰める。クライフェルトが左で受け手の前に立ち、誘導した中央への苦し紛れのパスをペッレグリーニが奪って、再びジェコへとリターン。これを、エースが猛禽類の羽ばたきの如き嫣然たるシュートフォームで対角線に刺した。フォンセカサッカーの理想形とも言えるこの得点で、1-3と再度突き放してローマは敵地で3ポイントを手に入れた。

しかし、なんといってもこの勝利はスピナッツォーラの存在が大きかったと思う。彼がいなければ、例え勝てたとしても勝利の種類は異なっていただろう。

スピナッツォーラ「大変な1週間だった。彼らは、ぼくが壊れているのだと、怪我をしているのだと言った。たから今日は、どうしても良いプレーがしたかったし、チームの勝利に貢献したかった。そのどちらも出来て嬉しいんだ。ぼくのフォームは良い。代表でも、そしてたくさんの素晴らしいクラブでもプレーした。なのにぼくがダメだなんてまるで冗談さ。ミラノ滞在中もぼくはジムでトレーニングを続けた。だからローマですぐにみんなに合流できた」

このインタビューの完全版は、機会を別にしてアップしようと思います。

コメント

  1. 41 より:

    ウンデル、スピナッツォーラ良かったですね!
    ポリターノに悪いけど、
    相手の戦力外と等価交換だなんて、マロッタサンクスだよ👍
    パニック売買しないで4位以内死守。ローマはビッグクラブだ!

    • 如月/kisaragi 如月/kisaragi より:

      41さん
      ウンデルはクロスのつもりだったと思うけど、上手くイケメンがキーパーをマスクして得点になりましたね。ウンデルが爆発するにはゴールが必要だと思っていたので良かったです。

スポンサーリンク