ザニオーロのユニフォームにはご注意を

スポンサーリンク

そろそろ誰のユニフォーム買おうかなとか、ジェズスのならもう買ったよーという人もたくさんいると思いますが、ここで注意して欲しいのがザニオーロです。開幕戦で「おや?」と思った方もおられるでしょうが、なぜか彼のユニフォームにだけ青い布切れが縫い付けてあるのです。いやいや、実はこれは布切れに非ず。なんと、2018-19シーズン、セリエA最優秀新人賞の受賞バッジなのです。

かっこいいか悪いかというよりも、そのうち見慣れる待ちなデザインですね。

ナイキになってからのローマのオーセンティック(公式戦用)は、プレイアビリティに特化していて、細かいところまで気を配ってデザインされています。毎シーズンのオーセンティックとレプリカを見比べると、ロゴの位置ひとつにまで意図を感じるのです。この話をさせるとぼくは俄然止まらないので、そのうちテキストにまとめます。

しかし、このバッジは見事に通気穴の生地の上にペタッと貼ってあって、ナイキの研究者がせっかく作り上げたものを台無し加工にしています。このテキトーさがまた微笑ましく感じたりします。

ちなみにザニオーロに限らず、受賞した他のクラブの選手たちもそれぞれバッジをつけて1シーズン戦うのだとか。今のところオフィシャルショップの対応はしてなさそうですが、どうせならザニオーロにレプリカはこのバッジ付で販売して欲しいですね。

コメント

スポンサーリンク