サマーキャンプインタビュー:アマドゥ・ディアワラ

スポンサーリンク

インタビューに同席したのはモルガン・デサンクティス部長補佐。昨シーズンまではチームマネージャーを務め、7月からペトラーキSDの補佐の仕事に就いた。なんでも彼は既にディレクターライセンスを取得しているのだとか。

デサンクティスはメディアに新しいミッドフィルダーを紹介した。

デサンクティス部長補佐「ディアワラの加入は私たちと本人お互いにとって素晴らしい。彼はまだ若いが、技術的に大きな資質を秘めていながら、フィジカルも兼ね揃えた現代型のミッドフルダーだ」

――中盤3枚と2枚でプレーするのはどちらが快適でしょうか?

ディアワラ「3人の方がやり慣れているけど、2枚でもいけるよ。それよりも大事なのは監督が望む仕事をちゃんとやって、チームに貢献することなんだと思うよ」

――なんでもローマに合流する為に夏休みを切りあげたのだとか?体調は大丈夫ですか?

ディアワラ「もっちろん!早く新しい監督やチームメイトに会いたくて夏休みを切りあげちゃったよ。そのかわりトレーニングに合流してコンディション調整ができると思う。体調はとても良いんだ。今日のトレーニングだっておもいっきりがんばっちゃうからね!」

――今季のローマの目標は何でしょうか?

ディアワラ「チャンピオンズリーグ復帰だよ」

――ナポリとローマの違いはどこにあると思いますか?

ディアワラ「どっちも偉大なチームさ。ローマは良いシーズンを過ごすと思う」

――ローマはあなたにとって目的地なのでしょうか?それともステップだと考えていますか?

ディアワラ「ぼくはローマがビッグクラブだって知ってる。凄いやる気あるんだよ。ぼくがいま考えるのは、ローマの価値に相応しい場所にチームを戻す事なんだ」

――なぜボローニャを去った時、ローマではなくナポリを選んだのでしょう?

ディアワラ「あの時、ぼくがローマに来なかったのであれば、それは神の御心だと思う。でも今はここで集中して仕事をしているよ」

――フォンセカ監督からはどのような話がありましたか?

ディアワラ「中盤は監督にとって非常に重要なエリアだよね。数週間前、フォンセカ監督と電話で話したんだ。強い感銘を受けたよ。彼の指導が受けれるのを光栄だと思ってる。ローマがぼくをどうしても欲しいと言ってくれたのを知ってる。だからクラブと監督の信頼にプレーで応えたいんだよ」

――ロマニスタについてどう思いますか?

ディアワラ「対戦相手としてオリンピコに行った時に見たローマファンは凄いって思ったよ。でもね、ぼくが言えるのは、全てのトレーニング、全ての試合を全力でやって、彼らが望む成功見せられるようにがんばってことだけさ」

――ギニアの元監督はあなたをカンテと比較しました。どう感じますか?

ディアワラ「そんなのわかんないよ。カンテは最高の選手で、ぼくが彼と同じようにプレーできるなんて言えないな。それよりもぼくのアイドルはヤヤ・トゥーレで、自分のプレースタイルはヤヤの影響が濃いと思ってるんだよね」

 

参考リンク

ディアワラについて知っておくべきこと/Some things to know about Amadou diawara

コメント

  1. 宗ちゃん より:

    ディアワラめっちゃ好き!
    ローマの為にそして俺の為に頑張って欲しいかも

  2. 火星 より:

    ヤヤ・トゥーレマジリスペクトなディアワラ、既に後輩キャラを確立した感がある。

スポンサーリンク