【最新ロマ速動画】謎のダンボール開けてみた
詳細へ
スポンサーリンク

【ECL突破しました】ローマ 4-0 ゾリャ・ルハーンシク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

AS Roma Thursday, 25. November 2021 Zorya Lugansk
4:0
goals
1 : 0 Carles Pérez 15.  (Stephan El Shaarawy)
2 : 0 Nicolò Zaniolo 33.  (Jordan Veretout)
3 : 0 Tammy Abraham 46.  (Nicolò Zaniolo)
4 : 0 Tammy Abraham 75.

グループC3位のゾリャをオリンピコに迎えるローマ。前日会見でモウリーニョ監督が語ったように、この試合はある種の決勝戦で、勝利すればグループC突破が決まる大一番となった。

primotempo

開始数十秒でローマが高い位置でボール奪取からのカウンターを発動。ミキタリアンのシュートで幕を開ける良い入り方をした。ただしこれはオフサイド。ローマ先制は14分。最後部のスモーリングが左サイドライン際に長いパスを入れると、フリックしたエルシャーラウィが前線にスプリント。中央でボールを受けて反転しようとしたタミーが相手とのコンタクトで潰されるも、ザニオーロがボールを拾いリターン。再びサイドで受けたエルシャーラウィがボックス手前でクロスを入れて、それをカンファレンスリーグ番長ことカルレス・ペレスが決めた。

試合前にクンブラが「ボデ戦でぼくたちは最初から高い集中で入ることを学んだ」と話した通り、この日のローマは一切よどみがなく、全員がカウンターとい名前の有機生命体のようだった。そしてその生命体は32分に新しいゴールを生み出す。ボール奪取からヴェレトゥが持ち上がり、最後は抜け出したザニオーロが刺した。ベンチから飛び出して喜ぶフザトが印象的だった。その後、ペレスが得たリゴーレをヴェレトゥが蹴るもこれは相手に読まれて止められた。試合は2-0で折り返す。

secondotempo

この時点で実は両チームのシュート数はそれほど違いがなかったが、後半はローマ怒涛の攻撃を楽しむことができた。開始数十秒でエイブラハムの得点。ゾリャも反撃のチャンスを窺うが、どうしても前に人数を掛けることができない。71分にモウリーニョ監督はトリノ戦を考慮してザニオーロ、エルシャーラウィ、スモーリングを休ませた。ここが事実上ゲームクローズとなった。しかし、最も休ませたいタミー・エイブラハムがまだピッチに残っている。これは「もう1点決めてこい」という監督からのメッセージであることは誰にとっても明らかだった。

そして、そのオーダーにエースは応えた。ミキタリアンのシュートが至近距離で相手に当たり、高く上がったボールをタミーが美しいロヴェシャータでネットを揺らす。当然セレブレーションが済んだ時点でお役御免となった。試合はそのまま動かずに、後半追加タイム3分を難なくやり過ごしてグループリーグ突破を決めた。

ただ、カンファレンスリーグの厄介なところは、2位通過のクラブがプレーオフに回り、ヨーロッパリーグ3位敗退のクラブと戦わなければならないことだ。現時点ですでにマルセイユ、セルティックといった強豪の参戦が決まっている。最終節次第でナポリ、ソシエダなども入ってくる可能性がある(ちゃんと調べてないけどおそらくは)
そのために、ローマは最終節でCSKAソフィアにしっかり勝つ必要がある。そのうえでボデが引き分け以下という結果が必要だ。

感想

クンブラが言ったようにローマは一切手を抜かなかった。このメンタリティを会得できたのであれば、長い目で見てボデ戦の6失点は安い授業料だと考えたい。70分過ぎに3枚替えたことで、ローマは縦への推進力を失ったが、思えば3人キープレイヤーを落としただけでこれならば、3節のボデ戦など最初からまともに戦えなかったのも理解できる。やはりモウリーニョはあの時期、自分たちの力を過信し過ぎたのかもしれない。しかし、後半ローマが押された時間帯に、ボールを持ち上がったマンチーニ、更にはサイドでボール引き出して最後までダイナモであり続けたカルスドルプなど、ボデ戦ではみられなかったベテランの仕事も渋く光った。
フォーメーションはゾリャが4-4-2でブロックを布いてきたのに対して、ローマも3-5-2で重心を下げ、見事な疑似カウンターの素地を作っていて、これにより、ミキタリアンが自陣まで戻って、守備からの速いトランジションの切り替えという昨シーズンの攻撃パターンが期待できるようになった。またザニオーロをフォワード起用したことも今後のオプションとして使えることがわかった。

次節トリノは、ユリッチというまったく油断できない監督が率いているが、実は同格以上の相手にまだ結果を出せていない。裏ではユヴェントス対アタランタ、ナポリ対ラツィオといったビッグマッチが行われるので、ここでローマはしっかり3ポイントを積むことが重要だ。

次も勝利してつまらん夜はもうやめだ!!!!

追記:このタイミングで公式オンラインショップで特売始めています。抜け目ない!

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました