ロマ速YouTubeチャンネル開設しました!
詳細へ
スポンサーリンク

【解説動画付】2021年、夏のメルカートアンケート結果発表!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
【1億ユーロ超え!?】ローマ夏の移籍報告書

先日実施したメルカート総括のアンケートを元に動画を投稿していますので、ぜひご確認いただければと思います。コンセプトとしては、如月が子供の頃にNHK教育でこんなローマだけの番組やっていたら嬉しかったのにな、です。アンケートは時間の都合上すべてをご紹介できなかったので、こちらに完全版を掲載致します。併せて読んで頂くとよりローマが(というよりも日本のロマニスタが)何を考えているのか判ると思います。協力してくれたみなさん、本当にありがとうございました!それではよろしくおねがいします。

夏のメルカートをチェックしていましたか?  285 件の回答
毎日チェックしていた 224
たまに気にする程度 61
気にしていない 0
ローマの補強を1~10で採点してください287 件の回答
8 74
7 61
7.5 38
9 36
8.5 26
6.5 18
6 11
10 10
9.5 6
5 3
1 1
2.5 1
4 1
4.5 1
理由をお書きください
エイブラハム!
ほぼ100点かな。
中盤と右SBのバックアップは1月欲しいかも
新戦力は全員すでにいいプレーをしてる。右SBの控えが足りないことだけ不安。
プリマからの昇格含めかなり期待感を持てるから。
結果的に良かったけど、パニックバイ的な印象は否めなかったから。
ジェコとパウの後釜、スピナの代役に代役以上の選手を獲得することができた。中盤は現有戦力で不足ないと思います。右SBの控えは不安要素ですが、BBBに頑張ってほしい。
突然の移籍や怪我で抜けた穴の補強で使ってしまったのもあってモウが欲しいところを取ってこれなかったところもあるが格上とはやってないが公式戦四試合見る限りとても期待できる新戦力たちだから
今のところ獲得した選手はみんな当たりな感じなので高評価
頼れる右SBの控えが欲しかったが、それ以外は緊急事態にも対応し完璧な補強だったから。
放出した選手の代役を獲得しつつ若返りも出来たから 中盤にもう一人守備が得意な選手を獲得出来ていたら8点以上でした
何故か右サイドバックの補強を優先しなかったから
補強に関しては(お金以外)言うことは無い。
モウリーニョの希望通りの補強ではなかった
応急処置的な対応になったものの、補強した選手が今のところ的確だった。
加入選手の多くが今シーズンここまでですでに印象を残しており満足。欲を言えばジャカに来てほしかった&サイドバック不安。
期待の若手ではなく実力者を着実に補強したことを評価したいです。周囲の声に惑わされず、またリスクを取ってエイブラハムを獲得したことは本当に大きい!
ジョゼが望む補強が大体できたと思うから。ジャカは、まあ、。
エイブラハムは大器の予感を漂わせ、ジェコの移籍で揺れていた一瞬でファンの心を掴んだ。ルイ・パトリシオは久々に安心して見られるキーパー。ビーニャやショムロドフも十分な実力者。ジェコの移籍やスピナッツォーラの怪我というアクシデントもあったがフロントの動きは迅速で評価出来た。なにより主力流出を抑え戦力の上積みが出来たことが今までのローマと違った収穫。
例年より大きく動いていて、的確な補強をしている気がするから。しかし、余剰戦力の放出や監督の要求にしっかり答えられなかった気がしたので満点ではないと思う。
今のところいい感じに補強当たってるから、あとはボランチですかね〜
厳しい状況の中うまく補強したと思うので
タミーとショムロドフさんに期待してるから
連れてきた選手は今のところいい輝きを見せていると感じた。だが、モウリーニョの欲しい選手、クラブの最優先ポジションを連れてこれたかと言うとそうでは無いと感じた。フォンセカ期に比べるといいけど。
補強ポイントがはっきりしていて、そこにきっちりと収まったこと。今のROMAに出来る最大限の補強。また、エイブラハムというネクストスターを獲得したことで、他リーグのファンからもROMAに目が向いた(注目された)こと。
中盤の補強がうまくいかなかったので
対処療法もあったが、4人の新戦力は期待大!
年俸を減らしながら若返りできたから。
補強が必要なポジションに力のある選手を獲得できたと思います。ただジェコの移籍やスピナッツォーラの怪我がありもともと想定していた補強が進まなかった点が悔やまれます。
すべて当たっている
若返り、要所の補強、ジャカ獲得失敗以外は高評価(致し方無し)
制約がある中で必要最低限のことはできたため
ウィークポイントのGK,CFを的確に補強。
一方でお金は使いすぎだとは思う。
新戦力の活躍
新加入の選手達が今後期待できそうな活躍を序盤しているため。
バックアッパーで一部不安要素がある。
モウリーニョさんの望む中盤が補強できなかった。
カルスドルプの控えになれる右SBと、CBにもう1枚いれば良かったけどGK、ストライカーが文句なしなのとビーニャも当たりっぽいので9点
ミステルの獲得希望リスト通りではないが、放出に対する穴埋め補強などしっかり行いジャガを除いて概ね応えられた。
欲を言えばワールドクラスのボランチが欲しかった。
なんだかんだ結局若手を取れ、
その若手も活躍してくれそう。
獲得した4選手が早くも結果を出していることがプラス材料。ただし、移籍自体が在籍選手の怪我や移籍に対して受動的に行われた印象が強く、元々必要とされた中盤の補強ができていないことが不安要素として大きい。
補強が必要なポジションの移籍を行い。
また、新加入の選手がしっかりと活躍しているため。
アクシデントがありながらもいい選手が獲得出来たと思います。欲を言えばボランチと右サイドバックも欲しかったです。
当初から希望してたMFが取れてないのが減点だが、総じてはとても良い補強だった。
前線の補強に言うこと無し‼️
監督人事で思い切りを見せた点にここ4~5年のローマとは一味違うと感じました。お金の面は正直わかりませんが()ジャカは心残りです。
SBが不足に感じる。昨シーズンの終盤はDF不足になっていたのに、長期離脱の穴埋めしか補強していない点は前半戦を持ち堪えられるのか不安に感じている。
中盤を取れなかったのはあるが、エイブラハム、ショムロドフと前線は申し分ない。長年心配であったGKにも安定感が増した。
モウリーニョのオーダーと噂のあったGK,DF,MFのうちGKのみの獲得。ただスピナのケガもあって想定通り進まなかった事も考慮しての及第点。
行える上での最高の補強だったとは思うが、出費額が心配なため。ただ、軒並み補強が当たっているのとジョゼ1年目なのでしょうがないと思っている。
右サイドバックの補強が無かった(オーリエ取ればいいと思ってる)
支出が多いような気がして、ローマの財政状況が心配のため
必要な所に金を使ったこと。
新加入の面子がいずれも良い感触と結果を出していること。反面、監督の望むMFを連れてこれなかったこと、収支上かなりの赤字を出していること、放出がうまくいかなかったことがあり、「ふつう」評価の6に。
選手層の薄いポジションは補強できたから
監督の求める守備的MFが確保出来なかったため
即戦力がの選手を獲得できたから
スピナの大怪我やジェコの退団などの意図せぬアクシデントがあったのにもかかわらず、的確に主力級の選手を補強できていたので良かったと思う。
ジャカ獲り損ねor代替え獲得出来なかった事。
補強はピンポイントで素晴らしい。あとは監督の手腕でどこまで輝くか期待
即戦力
新加入から結果を出しているから
監督の希望との違いや初期のターゲットが不可能になった際に迷いが見えた。結果論として当たりが居た事が救いか。そう、それはタミー!
場当たり的に補強した選手が今のところ当たっているからパッと見は良く見えてしまうが、監督が最初から希望しているメディアーノが取れていないので、シーズン通してみると苦しくなるのではないか
予定より放出が進まず、それに引っ張られ獲得も進まず、あと二人は主力クラスが欲しかった…
他クラブ(インテル)の影響をもろに受けたから。その後のリカバリーも含めて、この点数かな。
エイブラハム、ショムロドフ、パトリシオの3人が主力級かつ結果も残している
タミーやショムなど即戦力が加入もお金使いすぎだと思う。
スピナッツォーラの代役の確保、ショムロドフとエイブラハムというアタッカー、懸念点だったGKの確保とバランスの良い補強ができたため。
結果論になってしまうけどジャカ獲らないでタミーにしたのは正解だったかなと
ここまで開幕から獲得選手がハマったローマは観た事ない
新戦力のエイブラハム、ショムドロフ、ビーニャは即戦力として欠かせなくなっているから。
各ポジション良い選手は取れた
GK/FWの補強は見事。
中盤はあと1枚欲しいところでした。
ジェコの移籍やスピナッツォーラの怪我があった中で、代わりとなるエイブラハムやショムロドフ、ビニャ、正GKとなったルイパトリシオを獲得出来たのは良かったがモウリーニョが求めた中盤の底の補強が出来なかったのがマイナスと考えています。
ローマに足りなかった有望なFWを獲得してくれた
GKにFWとLSBは獲得出来る選手の中でもかなり良い補強。RSBとアンカーだけ残念ですが、放出が難しい中全体的に頑張ったと思います。
FWとLSBという昨シーズンのストロングポイントを落とさずに刷新し、泣き所のGKを補強できた。RSBの控えと層の薄い2列目に手が入れられなかったので-2点。ジャカはアーセナルの使われ方を見るに、スピナがケガしたので優先度下がったのでは?現スタメンに比べて機動力のなさで見劣りするので中盤はこれで問題なし。カルスドルプとヴェレトゥ倒れたら今期の先行きやばいですよね・・・
現状と未来を見据えた良い補強だと思う♪
優秀なGKとFWを連れて来れたことは評価できる。ですがビーニャはまだスピナの脅威になるほどではない印象です。
全ての補強が成功している
獲得は現時点のローマで出来るベストエフォートではあったと思う。ただ、ジャカかその代役は欲しかった。
これまでの試合では新戦力も上手くいっているが、MFを獲得できなかったので少し下げた
優秀なfwを補強できたがmfが獲得できなかった
無理して獲得した印象
層の薄さは解消されていない
ジャカ
割と的確なんじゃないかって感じの補強だったし、現に新加入の選手たちもイキイキ出来てるから
ストライカーとGKは上手く強化できたが、肝心要の中盤の補強ができなかった。ライバルチームと比べ中盤の強度と安定性が最も見劣りする箇所だと思うので必要だったかと。
パロッタ時代と異なりSDの目利きではなく、ローマの全体方針・監督の戦術と年間計画、そして予算の制限がある中で支払条件を工夫し、年俸を出来るだけおさえて補強したのはとても驚くべきことだと思います。しかも新戦力はみんな即戦力クラスだというのですから他チームからしたら羨ましいものだと自慢できると思いました。
補強戦力が大当たりしている
必要な分だけ必要な補強ができた
Tammyに希望しかない!
モウが望む、ボランチを取れなかった
即戦力となる今のところかなりいい選手に投資したから
売却が進まない中で今の時点で結果を出し始めている選手が取れているから
エイブラハムがいい
ブレースキッカー以外の不安要素が見当たらない。
FW取りすぎた気もするけど後は欲しいポジションに1人1人いい選手補強できたので満足です
補強しなければならないポジションに適材を確保できたから。ジャカを獲得して欲しかったが、できなかったことで、その他の選手の獲得が出来たこと、ヴィジャール、ダルボエにチャンスが来た点は2人のファンからすると嬉しい限り。
フォワードの二人が抜群によかった!キーパーもナイスな補強。ジャカとれなかったCMFは現有戦力でいける気もするが、ちょっと不安は残る。
獲得した選手が既に穴の空いたらポジションを埋めたと感じる
タミー、ビニャ、パトリシオ皆当たりっぽいから
獲得した全員が期待できるプレーを見せてくれている。欲を言えば刈り取り系の中盤がいればと思うが、そこは今いる選手の成長に期待したい。
タミーがとれただけで成功だと思う
エイブラハム、ヴィーニャ、シャムロドフの補強は素晴らしかったのとジャカは取らなかったのは正解かと思ったため概ね満足です。
世代交代等的確に補強できて、その選手が当たっているから
ピント氏の自己採点に基づきます。結果は将来でしかわからない部分もあるので。
放出がうまくいかずモウリーニョの意向を反映出来なかったと感じる
近年よりも質の良い補強だったため
ストライカーの補強がいいと思います!GKもナイスセーブも連発してるのでいいかと。ただカルスドルプの代わりが居るのか少し気になります
右SBが不安
必要なポジションに必要レベルの選手を揃えた
Theスーパーな選手獲ってきたよー!っていう獲得ができていたら満点
納得いかない加入がなかったので。
レジスタ以外のウィークポイントを補強できたから
新加入選手が結果を出していること、余剰戦力及び高年俸選手を放出できたこと、これらを踏まえると、昨年度までのローマのメルカートとは逆の動き方ができていて、非常に素晴らしいメルカートだったと思います。公式戦4連勝は出来すぎだと思いますが、2年後・3年後に選手が成熟してきたら、どんなチームになるのか楽しみです。それだけ先を見たメルカートだったと思います。
前線は満点だったが中盤が補強出来なかった点。
中盤の補強こそできなかったですが、他は各ポジションで確実な補強ができたので。
ジャカが取れないこと、エイブラハムの価格が適正だったかどうかはまだ判断するには早い。右サイドバックのバックアッパーがレイノルズは不安。
が、ジェコやスピナッツォーラなどアクシデントが多かったメルカートとしては最低限以上の仕事はしてくれたと思う。
逆にお金使いすぎて後に響かないかが不安。
中盤の補強が進まなかったから
非常事態対応のメルカートになったとはいえ、非常に質の高い選手を好条件で獲得。エイブラハムはジェコの代替以上の選手になりえるし、むしろよりジョゼのスタイルに合いそう。またパトリシオを早くに獲得したのは、もはや随分前のことだが高評価
スピナの怪我とジェコの引き抜きに素早く対応してCL権がない分ジョゼの魅力でうまく選手を引っ張ってきたのはよかった。中盤は冬か来夏にでも
現状うまくいっているので特に不満はないです。
モウリーニョに始まりエイブラハムに終わるこれ以上ない補強、実に強かな手腕で盤上は鮮やかになった。今季は十二分に勝ち抜けられるチームになったと言える。
エイブラハムが思った以上にハマったけど中盤が補強できなかったのが痛い
モウリーニョさんの要求通りの補強までとはいかなかったが、それでも十分戦力となる補強ができたと思うから
グラニト ジャカも取りたかった。
スピナとジェコの代役確保で一安心、目標であった右SBとレジスタの補強が出来なかったため減点
ジャカを獲得して欲しかった
cb補強して欲しかった。
結果論ではあるものの9番の補強が当たった可能性が高い為
サイドバックが不安
エイブラハムとショムロドフにワクワクするから。
DFの層が物足りないくらい。
ここ数年と比較すると非常にいい補強ができたのではないかと思う。多くのロマニスタやスペシャル・ワン自身が感じている通り、スピナとジェコの代わりが必要になったことは想定外ではあったが、その代わりであるビニャとエイブラハムはコンディションよさげで、これからも期待できる選手だと思うので楽しみ😊強いていえば、メディアーノの到着がなかったことが少し残念😢まだ2節が終了したばっかりだが、ポジティブ要素はいくつかあると思われるので、期待しかない!
結果として出ている気がする
主力の離脱や移籍に対して迅速に的確な補強ができた。
支出が多く、まだ結果は出ていないので期待を込めて
補強は良かったが放出が出来なかった。
JMが希望したMFが獲得できなかった点がマイナス点だが現状の中盤の層の厚さを考えると無理に獲得する必要もあったのか疑問。
的確な補強だった
金額的には「え、大丈夫なの?」という金額だけど、補強した選手は楽しみな選手が多く、オーナーの本気度がうかがえた。
まずはスペシャルワンの招聘!
選手サイドでは、新戦力がシーズンインの段階でかなりフィットしているという点で量より質を実現したため。
GK、CFWの補強と若返り
抜けた選手の穴埋めは上手くできたが補強できなかったポジションがあった。
開幕から2試合結果を出しているタミーの獲得が大きい。出費は大きいが、この調子を維持すれば安い買い物になるかもしれない。
ヴィーニャも上手くハマっており、シュモロドフもFWのポジション争いにいい刺激を与えると思う。
前線の期待がもてるから
エイブラハムやパトリシオが期待以上の活躍!
満足とはいかないまでも十分な補強はできたのではないか。スクデットを目指すためのスタートのシーズンとしてはまずまずだと思います。
人材的にはとても満足。
しかし、右サイドバックと守備型の中盤が取れていない。
金銭が心配なので7点です。
タミー獲得はFWの選択肢が増えてとても良い
新戦力は現時点では結果出してる
的確な人材を当てはめ、スカッドを豊かにした。一部、監督の要望に応えられなかったのでMOMからは落選。
スピナの離脱やジェコ突然の移籍志願というアクシデントに見舞われながらも代役をしっかり確保出来たこと、ショムロドフが面白い存在になりそうなこと、信頼出来るGKが来てくれたこと
ジャカを獲得出来なかったくらいで、今のところ補強はみんな当たってるから8
ジャカを獲得出来てたら10点
エイブラムの件
適材適所の補強。
タミー・エイブラハムの獲得はプラスだったと思うから
今のところ新戦力が漏れなく活躍している。
ジャカの獲得失敗でマイナス1点、結果的にに手の選手のチャンスになってるので、ディアワラ、クリスタンテ、ビジャールの覚醒次第で満点。
まだシーズン始まってすぐだが、即戦力としてチームが上手く回っている
既存メンバーをベーコンに適所に即戦力クラスを確保
ここまでの起用から大ハズレはなさそうなため
エディン・ジェコの抜けた穴を昨シーズンのセリエA後半戦でかなりの結果を残したエルドル・ショムロドフ、プレミアで伸び悩んでいたタミー・エイブラハムを獲得。昨シーズンの弱点であった守備陣には経験豊富なルイ・パトリシオを獲得。EURO2020で怪我をしてしまったレオナルド・スピナッツォーラの穴はマティアス・ビニャを獲得。いずれもしっかりUECL予選2試合、セリエAの2試合で結果を残しているのでかなり評価できると思います。
ただ、中盤に前々から噂が上がっていたグラニト・ジャカを獲得できなかったこと、右SBのリック・カルスドルプの信頼できる控え、ジョルダン・ヴェレトゥと似たようなダイナモタイプの控えを獲得できなかったことは個人的にマイナスポイントです。
新戦力はみんな確実にフィットしていて期待が持てるが、スピナの怪我、ジェコのドタバタで補強というより補填の意味合いが強くなった印象
スピナの離脱と突然のジェコ移籍を受けた後の動きが結果的には完璧だった。
ジェコの後釜問題をうまく解決できたことやスピナの穴を埋められたことを踏まえてほぼ完璧。しかしモウリーニョの求めるMFが最後まで獲得できなかったので減点してこの点。欲を言えばRSBの計算できるバックアッパーが欲しいかも
補強したのが本当に実績のある選手ではないので強くなった感がまだ感じられない
ジェコの後釜確保できたのは大きい。ただモウリーニョが求めていたMFを獲得できなかった事がマイナス。
ジェ子は出たがっていたからいい。ジャカがくればよかったけど、穴埋め補強としては満点
なんだかんだでチームのアップグレードが出来ました
時期尚早かもしれないけど、こんなに新戦力が最初からハマってるのは、いつ以来というか初めてな気がします。
また不足の事態がありながら、投資してくれたオーナーには感謝しかないです。
放出は言わずもがな、補充の意味合いが強く強化に繋がったかと言われると首を少し傾げてしまう
ジャカがいない -3.5
弱点を補強
サイドバック、チェントロカンポを取れなかったので50点
素晴らしい選手の獲得。ただ余剰戦力の売却が上手くいかなかったのでマイナス2点
エイブラハムにお金割きすぎじゃない?
限られた予算で有効な補強が出来たと思う
SBの控えがレイノルズ、カラフィオーリでは心許ない。レギュラークラスのSBもう一枚と、レギュラークラスCHもう一枚は必須だったように思える。とはいえ、獲ってきた選手に今のところハズレ無しというのは、評価出来る。
今のところエイブラハムには称賛と期待しかない。ジェコ?あぁそんなやついたなぁと思えるのではないかな。。
ただ両サイドバックポジションの層が気になる。。
守備力の高い中盤選手の未獲得
前線は良い補強が出来たと思うが、中盤の安定性はまだ低いと感じるから
新戦力が見事に全員フイットしているようにみえるから。
お金を使いすぎたような気がするが期待も込めて!
タミーを連れて来られたこと。
期待できるFW、実績あるgkの加入
監督
FWの層が厚くなり、スピナッツォーラの穴埋めもし、GK強化もできた。
ほとんど文句なし。即戦力級の4人が4人ともうまく馴染んでいる。
特に想定外のスピナ離脱からビニャの移籍をスピーディーにまとめたのは素晴らしかった
補強が的確で新戦力が目に見える活躍をしているため。ただ値切りが苦手な印象を覚えたので8点としました。補強のなかった中盤は冬に期待です。
補強選手のチョイスはセンスに溢れていてさすが!(事実、既に活躍を始めている。)その金額も適正だし素晴らしい。一方でやはり指揮官のニーズに応えきれなかった点は減点対象ですかね。とはいえはじめての夏という事を鑑みると合格点ではないでしょうか!
モンチ時代やその前メルカートより個人的に好きです。1番の補強はSP1かな。
後手に回った補強だったが、エイブラハムに期待できるから
タミー、ショムロドフの加入が当たってる感
年間通して戦うにはややバックアッパーに不安が残る気がするが主力の補強は問題なく行えたと思う
各ポジションの取り急ぎの補填としては完了し、シーズンは始まったばかりだが一定の結果も出ているから
中盤の補強はそんなに必要?と個人的には思っていたのと、獲得した三人が良いパフォーマンスを披露しているから
右SBとボランチは引き続きマストだと思うが、シヨムドロフ、エイブラハムは素晴らしい補強
この情勢下で、補強ポイントはほぼ抑えられたとなと感じている。MFに関しても個人的には現有戦力で賄っていけると思う。
特にスピナ、ジェコの穴埋めを妥協せずに行えたことは評価ポイント。(チェルシーも観てたので、補強するならエイブラハム以外考えられなかった)
監督人事でひとまず高得点でもいいかなと
カルスドルプのバックアップなんとかしたかった
スピナッツォーラの負傷の影響でLSBに資金を割く事になってしまい中盤を厚く出来なかった。CFとGKの人選は文句なし
スピナッツォーラの怪我とジェコの退団というハプニングにビニャとエイブラハムという長期的な目でみれる即戦力を獲得出来た。ただ、欲をいえば噂にあがっていたジャカを獲得したかったところ。(致し方ないが‥)
各補強はとても上手くいったが、もっともしたかった補強が叶わなかったから
ローマは大金出して取った目玉の選手であるほど失敗率が高い上に、ジェコのいきなりの出奔に伴う急な対応だったので個人的にはマイナス要素だったタミーが、合流直後のデビューから大活躍してくれたのでそこはプラスになったとして、それでも収入がほぼ無いのに支出ありすぎなのは否めない
ルイパトリシオの獲得
フロレンツィを出したこと
MF獲得失敗が痛い
モウリーニョから始まりスピナ、ジェコの緊急性の高いポジションにも対応して全体的に良いメルカートだった。中盤の補強が出来なかったのが唯一のマイナス
モウリーニョに必要な補強が100%とはいえそうにないから しかし、タミーの素晴らしさで6.5
選手獲得は当たってるけど相手の言い値で勝ってきてるため
可もなく不可もなくな印象
ピンポイントな補強で加入した選手が数試合は活躍してる。
FW、GKを的確に補強したから。
セントラルMF1人とサイドバックの控えが欲しかった。
不測の事態があった中、うまく立ち回れた
右SBの補強がなかったから
ショムロドフ!エイブラハム!
補強ポイントをスピーディーに対応できた事、マイナス分はちょっと高く買い過ぎ分
的確な補強ができた。不測の事態にもよく対応できたのでは。
両サイドバックが手薄な所が心配
タミー、ショムロドフ、ビーニャ、ルイ・パトリシオ、どの選手も即戦力で今のローマに必要な補強ポジションだった。さらに、しっかり活躍もしてくれているので今季の補強は素晴らしかった。
新戦力が既にチームの力になっているから
期待できるストライカー獲得!
ジェコの後釜エイブラハムを迅速に獲ってきた。
エンゾンジ等余分戦力を売って、モウリーニョが欲しがってたジャカを連れて来たら8.5
ジャカの獲得が出来なかったことが残念です、、反面、ヴィニャやエイブラハムなど、期待できる新戦力も獲得できたのでこの点数です!
タミー、ショムロ圭(結婚)、ルイ神(予定)、ビーニャそしてSP1という心躍るような補強をした事はピントさんを始めとても評価できる。一方、支出の多さ(増資しているとはいえ)の面でもう少し上手くまとめて欲しかったとは思う。
フロレンツィ残らなかったから
ほぼ完璧な補強。だがボランチで、潰し、ロングフィードを安心して任せられる選手が欲しかった。
現時点では獲得した選手が機能している印象。
エイブラハムの移籍金は高額だが、今の活躍が続けば移籍金やタイトル獲得などの形で十分元を取れる見込みがある。
私はローマにわかなので、ここ3〜4年のメルカート状況から比較せざるを得ませんが、あまり選手を知らない自分でも知ってるような選手がバリバリやれてる時期にローマに来たのはローマのファンになって初めてのような気がします。あと、ジャカをとっても良かったのかなと…いうことで8.5点
PSMと開幕4戦で判断は難しいが、獲得選手の活躍が見て取れる。希望との噂だったアンカーの獲得が無かったためそれがどう転ぶか。
個人的にはレジスタが1人ほしかったです。
手薄なCFにエイブラハムという完璧な回答。
フロレンツィを放出してしまったので満点とはならず
攻撃陣の補強は申し分なし
モウリーニョが述べたとおり、結果的に場当たり的なものとなったが、その中で最高と思える選手を獲得できたことは評価されるべき。
エイブラハムの補強は素晴らしかったし既にジェコの後釜以上の活躍をしてる。シュムロドフも同じく素晴らしいです(こちらはパニックバイな気もする)ルイ・パトリシオも新たな守護神としてアリソン以来の安心感がありますね。ただ、モウリーニョが熱望していたジャカを獲りきれなかったのが…資金的に厳しかったというのは分かりますが…
しかし、何と言っても1番の補強はモウリーニョです。
ジェコ退団、スピナ長期離脱の中うまく立ち回った感はあるが、獲得選手の活躍を願うばかり。パニックバイでないことを証明してほしい。
レジスタの獲得はならながったが、ビジャール、ディアワラ、ダルヴォエにチャンスを与えて、補強が必要でない活躍を望む。
あとは、下部組織からの昇格組を戦力として評価しているところは◯
補強はグッド。特にモウリーニョ。ただしビニャなど期待値不明な選手買取OPにできなかったのかとも思う。
新加入がもれなく大活躍しているから。ボランチに一人加えれば満点。
エイブラハムの獲得は素晴らしいが、中盤に補強が出来なかったことは残念
結果的にローマは強くなったから
各ポジションバランスよく補強できた印象。
派手さはない気がするが、ジェコやスピナのような予想外の離脱もあったし、リカバー優先は仕方ない気がする。
右SBにもう1人くらい欲しかったのと、ケーキに乗せる苺が個人的には欲しかった。
補強という見方限定として、とりあえず戦って行けるメンバーを揃える事が出来たと思う
ROMA CLUB TOKYO
2004年から続くASローマのファンサイト、ローマ速報のyoutubeチャンネルです。 モウリーニョイヤーの2021年夏、ロマニスタをたくさん増やしたいという目的で、 様々な企画を発信していこうと思い開始しました。 ASローマ速報~ROMANISMO 公式ツイッター ASローマ速報note
ローマの放出を1~10で採点してください286 件の回答
5 57
6 42
3 29
4 29
5.5 20
2 17
7 17
4.5 13
6.5 13
8 11
3.5 10
1 9
7.5 6
2.5 5
9 3
10 2
1.5 1
8.5 1
9.5 1
理由をお書きください 
あまり分からずすみません
ジェコに関しては転換する意味でも悪くなかったと思います。(出て行き方は別にして笑)
後は余剰戦力の問題ですが、これはローマ側の問題とゆうより放出したい選手達が…
余剰人員の整理は進んだが終わらなかった
余剰戦力の放出が完了しなかったため。
フロレンツィはただただ悲しい。後、ファシオはまだしもエンゾンジ、おめえは許さねぇ。
有望なプリマヴェーラの選手たちをレンタルで送り出し、余剰戦力の売却も金額こそ安めだがうまく行った。ピントさんの仕事を褒めたいです。エンゾンジやファシオ、サントンについてはどうしようもない感があるのでピントさんは責められない。パストーレがうまく行っただけでも御の字です。
不良債権どもめ、ごねるな。フリーでいいからどっか行け。ペドロ見習え
ファシオ、サントン、エンゾンジが残ってしまったけどそれ以外の戦力外選手は処分できたし、ジェコの放出は残念だけどモチベーションのない選手なら残すよりお金に変えたほうがいいと思うのでいいと思う
今回もほぼレンタル、モンチの負の遺産達はパストーレ以外まだ放出できていないから。
構想外の選手を売りきれなかったから
エンゾンジ、ファシオ、サントンの放出に失敗したから
エンゾンジやサントンなど高サラリーの選手たちの整理が不満。それでもピントには頭が上がらないが。
まだエンゾンジがいるから
苦しいがピントのせいではない。
余剰戦力すべてを捌ききれなかった。
パストーレ残って欲しかったしエンゾンジこの野郎!!!!!!!!!!!!!!!
余剰人員は大方放出できたが、選手との別れがメンタル的にきついものがいくつかあった。
また、エンゾンジが売れなかった。
どこのクラブも資金力に乏しく売却は難しく、過去のフロントが残した負の遺産の精算に終始した。若く可能性のある選手達は早くに移籍先が決まったが、高年俸のベテラン達はうまく放出できなかった。選手とチームが互いに譲らずどちらも責めれない状況。
余剰戦力の放出が出来ていないし、もう少し高く売却出来たのではないかと思う選手も何人かいたから。
余剰戦力の放出、もっと現金化したいですね〜
余剰戦力残り過ぎ
エンゾンジの件がどうしても気に入らないから。奴を一刻も早くクビにしてほしい(フロントが頑張ってるのは理解してます)。
方針であるチームの縮小、若手起用の増加を形にしようと動いていたが、余剰戦力となる選手との軋轢を深めてしまった。明確な態度が裏目に出てしまって、選手達を納得させられ無かったので、時期やアプローチを工夫できていればよかったのかなと思う。
遺恨を残したが、オペレーション的に他の良い方法があったとは思わない。
ある意味仕方ないこと。
ファシオ、エンゾンジ、パストーレなど…
余剰戦力の問題は、梯子を外された選手も可愛そうな気もする。
エンゾンジ、ファシオ、、、
大体の余剰人員を捌けたのは大きいと思います。ただ想定よりも時間がかかってしまったので補強にも影響が出てしまったのは残念な点です。
エンゾンジの処分
若手が売れないのはローマがうまく見せてない(使って活躍させてない)から仕方なし
余剰戦力が残ってしまったのでこの評価
あともう一越え放出ができたなら…
ジェコ、パストーレ、ペドロ、フロレンツィ等高年棒の選手を上手く放出。
他にもエンゾンジ等何人か残っている点、フロレンツィが買取OPな点で減点
高年俸の余剰戦力の残留
放出候補が売却出来なかったため。
エンゾンジ、ファシオ。
ゾンジ
放出候補を数人残してしまっているので
余剰戦力を放出し切れなかった。
某選手を皮切りに余剰人員の整理が全くうまくいかなかったため
だがその他の取捨選択は素晴らしいと思う。
財政面で不安はあるが…
ジェコは正直残念。ペドロは、まぁ。
あと、お荷物の処分ができなかったこと
サントン、ファシオ+名前も書きたくないアイツを除き、なんとか整理できたという印象。最終的な人員整理としては8点だが、フロレンツィの放出に-0.5、ケリをつけるのに時間がかかりすぎた点に-0.5。
魅力的な(市場価値のある)選手の放出は進んだが、本当に売るべき選手の放出が進められなかったため。
数名にゴネて居座られたり退職金を毟り取られた部分はムカつきました。
エンゾンジ、ファシオが残ってしまったのが残念。
戦力外の売却ができてない
ごねているエンゾンジを除けばなんとか放出もできている印象です。。
転換期の現状だと放出は獲得よりも難しいタスクであると思う。その点を考慮すると評価するべきと感じる。
今までチームを支えた選手たちが国内へ出て行ってしまった。
ファシオ、サントン、エンゾンジの放出失敗。フロレンツィは出る以外の選択肢は無かったのか?彼の言葉を聞きたい。
軒並みレンタル放出。売り時の過ちと放出下手が出ている。(全てが現体制が悪いわけではないが)戦力外選手を残してしまったのは、ツケがまた回ってくると思う。
余剰戦力
エヌソンジにつきます。
ピントは最後まで頑張ったが、放出組が頑張り過ぎたから仕方ない。
残留した経緯等報道されている内容があまり印象が良くない。とはいえ古参の年俸の高い選手たちを新天地に送り出し、クラブの総年俸額を減らし持続性を重視したやり方は上手かったと感じたので、少し減点して5.5点。
何人かは放出できず、また放出した選手も完全移籍ではなくレンタルが多いため
戦力外とされた選手にも思い入れがあるのでなんとも…最低限は整理できたのかとおもいます。
ジェコの放出は悲しかった
構想外選手を残してしまったのに加え、放出もほとんどがレンタル移籍なのでさすがに良かったとは言えないかなと感じる。
パストーレ放出は大きいが、エンゾンジ、ファシオ、サントン、特にエンゾンジの放出は是が非でもして欲しかった。彼自身に問題があるが…
余剰人員整理はうまくいかなかったつけがこないと良いが、、、、あとはフロレンツィ、、、(涙)
やはり高年棒勢が、、、
売り切れてないから
せめて半分は不良債権の売却を進めて欲しかった
本当に放出したい部分が、出来ていない
本当に放出すべきエンゾンジが残ったこと、使えないことはないけど出ない割に高年俸のファシオやサントンが残ったこと、これは若手放出では取り繕えないかなと。ファシオ、サントンはどうせなら練習に復帰させてあげてほしい。
売れてない!
僕も退職金欲しさに戦っています
放出はほとんどできていない
多くの余剰戦力を放出することができた。エンゾンジなどの放出がうまくいかなかったのは残念ではある。
エンゾンジェ…
放出は全く上手く行かなかったが前任者の責任、特にモンチの責任の方が重い。
高齢高給の戦力外の選手達と契約解除に踏み切り給与合計を減らしたのは英断。
進んでいない
余剰戦力放出の難航。フロレンツィの放出(仕方がないが)
余剰戦力の整理がうまくできなかった印象です。獲得した時期が悪いとは言え契約解除にかかる費用がもったいない。
余剰戦力の売却が、仕方ない面もあるが上手く行かずに、中盤の底の補強が出来なかったからです。
ジェコの放出は必要なことだと感じています。新しい若手を育てるためにも
エンゾンジ…
モンチのハズレくじこと戦力外選手を足元見られて高値で出せなかったのは愚策。あとはチーム都合で合宿絞ったのも賛同できない。
エンゾンジなんかはエッシェン好きだったモウリーニョはタイプなんじゃなかろうかと思ったのだが。ファシオもテリーの面影があるし、クライファート/ウンデルはサッカー脳を鍛えてやればモウリーニョ好みのウイングになったのでは。
あとは、CL出れないチームへタレント呼ぶ最後の一声に給料上げてたのがここにきて裏目に出ましたね。身の丈に合わせてプリマっ子で戦おう。リッカルディどうした。
パストレ、エンゾンジ
フロレンツィが惜しまれる、、、。
不良債権が多い
エンゾンジ
頑張ったけど、余剰戦力残ってしまったし、出せたメンバーも買い取りオプションなどで確実に現金化出来るか怪しいため。
カピターノ
余剰戦力の放出がうまく行かなかった
無理やり放出しただけで、移籍金を取れていない
モンチの負債、N氏による
3名
正直、ジェコとフロレンツィの移籍は心が痛みます。
エンゾンジの件は仕方ないが、ウンデルやジャスティンを破格の条件で売ったこと、まだあの次点で資金に余裕があったミランやラツィオ&インテルにほぼタダで選手を渡したことでその後の3チームの補強を後押ししてしまった件は擁護できない。
オーナーが代わり、ローマ全体の方針が大きく変わったことが前提にあるので大量放出や戦力外が出てくることは予想されました。放出するリストの長さを考えればけっこう出来たと思います。しかし、スタッフのリソース的に補強に重点を置いていたようなので放出はどうしても少し雑な印象がありました。今の幹部が悪いという意味ではなく、来季以降の改善を期待して低めに採点させて頂きます。
放出をお金に繋げられていないため
残った選手がローマのイメージをダウンした
余剰人員、特に高給取りを上手く売れなかった。
クソハゲ、サントン、ファシオを放出できなかった為
退職金なしで契約解除してほしかった。
モンチの遺産と早くおさらばしたいのにできなかったから
エンゾンジ
エンゾンジがわるい
無償提供が多い。移籍金取っても良かったのでは?
あと、エンゾンジの放出失敗。
高年俸者の整理が十分でない。
高給取りな選手をちゃんと放出できたのがいい。ジェコは正直不要だと思ってたので放出できたのはナイス。エンゾンジは災害みたいなもんで仕方ないね。ミランに右SBをとられたので1点減点。
ローマの問題だけではないが数名の選手を売りたかった
余剰戦力を処分出来なかった。
フロレンツィを出してしまったから。
ある程度整理は進んだと思うが、難しそうだなと思ってた選手たちが見事に残ってしまった
言い方が悪くなりますが余剰人員の整理がいまいち。あとはフロレンツィの件です。悲しい
本当はもっと人員整理したかったんだろうなと思うと…
ロマニスタからすればもっと点は低いですが、やはり戦力外を放出するのは難しいので。
意図した放出が出来なかった
余剰人員をそこそこ売却できたため
何人か戦術的余剰選手の売却が必要だった
世界王者を嫌いにはなりたくないw
フロレンツィ。。。悲しすぎる
個々の選手に対する思い入れはすごくありますが、ローマは振り返らずに進まなくてはならない。今のローマにはペッレグリーニやザニオーロ、マンチーニがいるじゃないか。
余剰戦力の整理不足。
出してはいけない重要な選手の放出が無かったのはポジティブだが、余剰人員の整理が完了しなかったのは残念。
余剰戦力を放出できず。モウリーニョに対するプレゼントをしなきゃいけない側面はあったと思うけど、もう少し補強は控えめにして、退職金払ってでも契約解除するべきだったと思う。
エンゾンジなど高給の売り切れてない選手がいる。頑張って
えんぞんずぃ
精力的に動いていたのはよく理解できるが、、ただ、むしろ前任者の問題か、という気もする。不良債権になり得る選手を高額年俸で獲得するのはやはりデメリットが大きいと再確認。
エンゾンジ、サントン、ファシオはもう仕方がない気がするのでその他の選手をきちんと捌けたのは見事、きっちり年俸も削減できた。よい。
放出しようとして出来ていない選手が多いので
余剰戦力の売却難、しかしこれはチームに対してではない、選手達個人への不満だ、彼らが特別な職業であるからこそ心底ガッカリした。
エンゾンジなどの余剰戦力をもっと売りたかった
余剰人員の削減がなかなか進まなかったから
ほぼ予定通り。
フロレンツィとジェコとのお別れは悲しいけれど経費削減とモチベーションの維持の観点では良かったと思う。あとはエンゾンジ、お前だ
高額な選手をほとんど売却できていない為
ペドロやジェコのライバルクラブへの放出
もう少し戦力外の整理はしたかったが、概ね及第点といった感じ
ピントが整理を頑張った
やれることはやったと思う。とりわけ、20,27,42(エ)の放出は様子を見る限り簡単なミッションではなかっただろう。そんな中で1人(27)と契約解消できたことは余剰人員の整理という意味でも節約という意味でもポジティブな要素だと思われる。他にも思い切った放出ができたと思うので、ほぼ問題なし!ただ、アレのミラン行きはひたすらに悲しい😢
最低限かなあと
余剰戦力の処遇が未決定。
思ったより余剰戦力(主にモンチの負の遺産)が売れなかった
怪我がちのパストーレと、やる気があまり感じられなかったジェコを出せたことに1点ずつ、エンゾンジ始めその他を放出できなかったため
銭闘員(ファシオ、エンゾンジ、サントン)の放出が出来なかったのが大きなマイナス点。
オルセン、パストーレがギリギリで放出できたのが救い
コロナ禍で難しいマーケットの中やれる事はやったと思う
余剰の部分をしっかり売却して欲しかった。
余剰戦力の整理の失敗
(というよりは何人かの選手の反乱…)
余剰人員の残留
財政を圧迫している余剰戦力の放出が上手くいかず補強にも影響を与えた。
エンゾンジが残ったから。
ベンチに入れなさそうな選手が残ったから。ペドロは肯定派。

チェルボ、プロヴィデンスをレンタルで出した。(誰か忘れてたらごめんなさい。)
人員整理ができた。
イバニェスを売らなかった。ー
メンバー固定を好むモウリーニョ政権でボランチは5人必要だったのか(ヴィジャール、ダルボエ、ディアワラの誰かはレンタルで出してもよかったのではないか?)
ジェコを無料で放出した。
もう少し金額を上げられたのでは?と思う移籍が複数ある。
退職金問題(ローマが原因ではないかもだけど、、、)
フロレンツィの再放出
もっと人員整理出来たはず
パストーレは契約解除ではなく、売れたら良かったな〜と思う
安く買って高く売るが難しいのは重々承知しているが、それにしても選手の売り時を逃しすぎている感は年々増してきている。
収益が低いのと、残すべきではない選手が残っているところ。
かなりの赤字を補える価格での放出になっていない。かつ、去り際が良くないやつがいる。
未だ余剰戦力の整理が出来てない。
そのせいで優秀な若手に居場所がない。
余剰人員多すぎ。放出はほぼ無償orレンタルという慈善団体っぷり。
パストーレは契約解除出来たものの、不良債権となってる選手がまだ残ってるので
エンゾンジ、サントン、ファシオを説得出来れば…
フロレンツィの件
余剰戦力の放出によるコストカットに成功。
ゴールキーパー(パウ・ロペス、ロビン・オルセン)を放出し、ルイ・パトリシオを獲得した。実力・実績ともに獲得したルイ・パトリシオの方が上と見ており、特に懸念はなさそう。
ファン・ジェズスとフロレンツィはセリエAでライバルチームに加入した。かなり頼りにしていたメンバーだけに相手にするのは怖い気がする。
最低限
エンゾンジ、ファシオ、サントン
エンゾンジ、サントン、ファシオ
コロナ禍なので仕方ないところもあるが、ファシオ、サントン、エンゾンジ、パストーレといった余過剰員を放出出来ず、無駄な予算強いることになった点は大きなマイナス
エンゾンジ、ファシオの高給取りを放出できなかったのはかなりの痛手だと思いますが、チョリッチ、ビアンダなどのレンタル勢を放出できたことで、多少はスッキリしたのかなと思います。
売るのが下手で、ウンデルやジェコはもっと高値で売れなかったのかとモヤモヤ。
特にエンゾンジはなんとかしたかったところ。
余剰戦力の削減はうまく行ったと思う。しかし、エンゾンジ、サントン、ファシオが売却できなかったこととジェコとはもっと穏便な退団をしてほしかったのとペドロのラツィオ移籍は避けてほしかった。
エンゾンジ、ファシオの存在が引っ掛かります
給与高いベテランの放出に苦労している。今後の選手契約の仕方も見直すべき。30歳以上は原則的に1、2年契約にするとか。。。
もっとほうしゅつをが必要
ジェコの放出は痛い
双方の意思で契約した選手を放出するのは、いろんな意味で難しいなと思ったメルカートでした。
最低限度の放出は出来たが使わない戦力全てを放出するに至っていない。まぁ、現実はこんなもんか
費用対効果のない選手を出しきれなかった
エンゾンジとファシオ放出できなかった
サントン、ファシオ、エンゾンジを出せなかったので50点
いちファンとしてフロレンツィは慰留して欲しかった
使わない選手を売り切れなかった
戦力外の選手をもっと売ってほしかった。
あとフロレンティは必要だと思ってしまう。。
エンゾンジ、サントン、ファシオ
充分頑張っていると思う、結果がついてきてないだけ
年俸の削減が大きな課題だと思うので及第点。もう少しスムーズにいっていれば+1点。
エンゾンジはいらないでしょ
怨ゾンビ、サントン、ファシオの退職が伸びたこと。
コロナ禍とはいえ売り捌けない状態
パストーレ解除は評価
エンゾンジ、サントン、ファシオかの放出ができなかった。
年俸と年齢が高いジェコやペドロの放出と、パストーレとの契約解除は評価点。
しかしエンゾンジとファシオ、サントンの放出が難航しているのは痛い。
プリマ組に関しては良いバランスで残せたと思う
オルセンやパストーレの放出を心から評価してます。居座り三人衆に関してはピントさんをあまり責める気にはなりませんが、事実として解決していない問題なので6.5点としました。
放出を現金化できなかった点は減点対象ですかね。とはいえコロナ禍で即金での買い手がつかなかったのも理解できる。ウンデルやジャスティンの放出は寂しいけどSP1の意向なら仕方ないと思えるほどの監督。リストの中からあと1〜2人の年俸をカットできれば、レジスタもしくはリックのバックアッパーが獲れたと思うと放出できなかったことが悔やまれる。そんなことなかったと言わせる結果を出してほしい。
人員整理が進まなかったため(特にエンゾンジ)
パストーレとジェコの給料削減
最低限必要な戦力は残せたが必要のない戦力も残ってしまったのは残念
クラブとしても選手側からしてもいい結果とは言えない
人員及び経費削減の方は苦労して当たり前だが、高給勢が未だ数人残っているから
高く買って安く売る。そんな印象
放出できてない。。モンチという史上最大の愚策の傷が未だ癒えない。
まずこの情勢下という事を考慮して、仕方ないと言いたい。主にレンタルでの放出となるが、買い取ってくれることを願いたい。
もちろん育成面のレンタル放出へバックで!またパストーレも含め、コストを削減するという意思を見せてくれたフロントには感謝。個人的に好きな選手だが、現状のローマとこれからのローマのために必要な処置だと感じた。
ジェコはまぁあの出て行き方のおかげで諦めが付いたけれども、フロレンツィが国内で移籍はやっぱり悲しいものがある…
人員整理しきれなかった
現GMの能力の問題だとは思っていないが結果として選手の態度を軟化させられなかった
限られたメルカート期間の中で人件費の削減をしなければなかった。イレギュラーな選手の獲得に加え、選手サイドの思惑もあり、思うように進まなかったメルカートの印象。ただ、当初の想定とまではいかなかったが放出による人件費の削減は出来た。そしてまだメルカートは終わってないリーグもあるので期待も込めて7.5です。
パストーレの放出が上手くいったが、残りの3人の問題を抱えているから
不良債権になってる余剰戦力が結局ほぼほぼ片付いてない
高額年俸選手の移籍または契約解除
フロレンツィ
エンゾンジというローマの癌が残っているため
残った選手が多すぎる
大量の余剰戦力の大多数を放出したのは評価出来るが
買取OPを使われなさそうなレンタル移籍が多い。
えんぞんじ
放出何決まってないし戦力外の放出一切できてないから
やる気のない選手と高給取りを放出出来たので
余剰戦力整理できず、主力の残留は評価
エンゾンジ、ファシオ、サントン…
戦力外の整理が完了出来なかった
パストーレ、ジェコの放出は良かった。
構想外選手が放出できなかった
早々と戦力外通告をしたのは良いが、だいぶ片付かなかったから
やむを得ないがパストーレの契約解除は残念
年齢が高い選手が上手く放出、出来ていない。
サントン、ファシオ、エンゾンジなど余剰戦力を売却出来なかった為。
エンゾンジがまだいることが減点要素。ジェコの退団は仕方なかった。悲しいけどローマのユニフォームを着たくない選手に無理やり着せるのは望まない。
フロレンツィ…
エンゾンジ等余分戦力を放出出来なかった。
パストーレを出せたので、5より上にしました。
ジェコの放出は、好きな選手だったこともあり残念でした。チームの若返りや低コスト化という視点から見れば良いことなのかもしれませんが。余剰戦力の放出としては、パストーレやJJのようにクラブを離れることを受け入れてくれた選手とファシオのように居座ることを決めた選手に別れてしまったことが残念です。仕方ないのかな〜。あとは個人的に好きなスペイン人若手組が今年もローマで見れそうなのが嬉しいです。
なんでみんなたいしょくきんめあてでおふぁーことわってとりごりあでこじんれんしゅうしたがるの?(白目)
フロレンツィ出しちゃったから
エンゾンジが居るから
遺恨が残る形となっているケースもあり、上手く立ち回れなかった印象がある。
セビージャのあいつの負の遺産の整理は非常に難しいが前進はしている。
エンゾンジ
フロレンツィ、、、
エンゾンジまで放出できると良かった
コロナ禍での閉鎖的なメルカートにおいて適切に売却、または、合意解除できたことは評価されるべき。売却できなかった3名の選手については特殊事例と考えるべき。
パストーレを出せたのも、ジェコを移籍させて世代交代したのも、高給取りだったペドロを放出したのも良かったと思います。給料は大分カットできたかな?
結果的に3選手が残った。ただフロントはオファーを持ってきたのにそれを受け入れない選手側に問題があったのかも。
アスリートとしての意思を示したペドロの選択は批判できるものではない。
ほぼ現金化できていない。
余剰人員で残ってしまった選手がいるから。
例の三人の心境が知りたい。誰かインタビューしてくれ。
JKやウンデルといった戦術的な余剰戦力の放出に時間がかかり、高額年俸を抱える余剰戦力の放出が遅過ぎた、もしくは出来なかった
ウンデル出したのは間違い
珍しく今年はスーパーマーケット化してない!主力(というか個人的に売ってほしくない選手)を残しつつ余剰気味になっていた選手たちをうまく放出出来ていたと思います。

ただ、何よりもフロレンツィがまたいなくなってしまったことが残念でなりません。監督も変わったし、パリにも買われずに済んだのですごく期待していました。あとは、放出に関してスッキリしないニュースがあったのも残念。パストーレは応援している。

フロレンツィの移籍かな
冬のメルカートで補強は必要だと感じますか?  286 件の回答
必要だ 189
現状必要なし 97
グラニト・ジャカの獲得見送りはローマに影響を及ぼすと思いますか?  284 件の回答
影響はない 200
影響は大きい 84
ローマの今シーズンの目標は? 287の回答

ローマの直接のライバルはどのクラブだと思いますか? 286回答

ということで如何でしたか?実質3日の実施期間だったので、アンケートに気が付かなかった人がいましたらすいません。突発的に決めたので急に始めて急に終わってしまいました。こういったアンケート結果の良いところは、自分の意見が、座標のどの辺りなのかという地図としての役割を果たしてくれることだと思っています。別にエンゾンジに対する批判的な意見が多いからといって、急にエンゾンジを嫌いになる必要もなければ、これを気に宗旨変えするのもアリです。ただひとりだけで、周囲の意見を知らずに、ローマについて考え続けると、この先行き止まりみたいな本当に間違った道を歩んでも気が付かないという事が考えられます。その為にアンケート結果は有益です。

あと動画内のミスを訂正するとともに、せっかくなので解説しておきます。動画内6分付近で、過去2シーズンの失点期待値と実失点をグラフで並べました。

ですが!

ご覧になると判りますが、実失点ではなく、実得点と表記してしまいました。これだと比較にならないので、グラフを読むことができないと思いますので、そこから「あれ?」という方もいると思いますが、これは実得点☓→実失点○の間違いなので修正させて下さい。

ついでに失点期待値について軽く解説しておくと、期待値はスタッツの中で現在最もどメジャーなもので、今後更にクラブチームの分析担当のみならず、実況解説、サッカージャーナリスト、そして我々ファンも何かしらの判断として使っていくと思います。というよりもサッカーだけが他の競技に比べてスタッツの導入が遅れているので、今から学んでも全く遅くないです。というよりも更に細分化が進んで分析に活用されているスタッツだったりします。

失点期待値とは、簡単に言うと「おまえこのくらい失点しそうだったぞ」です。理論値なので、実際にこの期待値通りにならないことのほうが多く、むしろその実得点/失点との差数を分析していきます。

このスライドで説明すると、ローマ昨シーズンの失点期待値51.4に対して、実失点は58なので、6.6(被ゴール)の差数があり、ローマは理論値を大きく上回って失点していることが判ります(サッカーは本質的にロースコアゲームなので、年間6.6ゴールの差数は大きいのです)。もちろんこの失点の多さでキーパーの質はわかりません。動画の中で、パウ、オルセンが役不足でルイ・パトリシオに取って代わられたのを説明していますが、その説明の数字的な論拠として、このスライドを推すのはやや強引でしょう。

このスライドからは、2シーズンを比較して、ディフェンダーが大きく入れ替わっていないのに、昨シーズンの方が実失点が多いのは、それだけ失点しやすい環境で戦っていたという仮説を立てることができます。スタッツを踏まえて、昨シーズンの試合を振り返ると、全体的に被ポゼッション時にブロックが下がっていた、下がりすぎていたはずです――すなわち、カウンターへの素地作りをしていたつもりが、それが出来ない戦術的な完成度の低さを、失点期待値+試合を観たインプレッションで後押しできます。ローマのスシテムについては、下の動画で詳細に説明しているのでご覧ください。今季以降にも関係するので、ロマニスタは必須かなと思っています。

【スタッツで分析!】ASローマ、次世代のエースを探せ!

なぜ必須かというと、世界中にたくさんロマニスタいますけど、現時点では期待値関連からローマを分析しているティフォージはAS ROMA DATAをやってるイタリアの方と、ローマ速報やってる如月しかいません。ですが、昨シーズンくらいから、ローマ系メディアがスタッツを引用し始めていて、将来的により多くのデータが記事に使われていくことが期待できます。なので今のうちからスタッツを読むのはきっと良いことなのだと思っています。

話は逸れましたが、みなさんここまで読んで頂きありがとうございました!またアンケートなどを実施する際にはご協力よろしくおねがいします!

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました