ペッレグリーニ主将、2021年を総括する
詳細へ
スポンサーリンク

【パジェッレ】セリエA第35節:ローマ5-0クロトーネ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

・Fuzato 6.5

チームとしての久しぶりのクリーンシート達成に貢献。活躍の機会自体が少なかったものの、押し込む時間が長い中でも集中力を切らさずにゴールを守り切った。一瞬エリア内でのバックパスに対するハンドらしい場面もあり危うかったが、見逃して頂けたのでセーフ。ロングキックの飛距離はGK陣の中で一番出るのではないか。

・Karsdorp 6.5

Recaとのマッチアップには基本的に負けていなかった。Mkhitaryanへのアシストを記録した場面以外でも何度か決定機に近い場面を自身のクロスから作り出すことが出来ており、攻撃面での貢献が大きかった。彼自身はRoma初年度にこのCrotone戦でデビューを飾るも、十字靭帯の断裂と言う形で負傷退場と言う苦い思い出がある相手なだけに、トラウマが払拭できたのではないか。

・Kumbulla 6.0

基本的にはほぼマンマークに近い守備で被カウンター時もSimyに目立った活躍をさせなかった。特に後半、時折Jesusとのマークの受け渡しや、クロスの処理などで若干怪しい場面が無かった訳では無いが、結果的に無失点で終えられているので及第点か。

・Ibanez 6.0

筋肉疲労から前半のみの出場となってしまった為に及第点評価ではあるが、前半の被カウンター時にOunasの駆け上がりを後ろから追い上げ食い止めるシーンが目立った。Kumbullaとの役割分担が明確であり、彼の強みであるスピードを生かした守備がし易い役回りではあったが、大きなミスを犯さずに遂行出来ていた。

・Reynolds 5.0

不慣れな左サイドとは言えまだ相変わらず彼自身の魅力を見せつけられていない。チーム全体として押し込む場面が多かった為に守備面での危うさはあまり目立たなかったが、Molinaとのマッチアップでは全く仕掛ける様子が見られず、ライン際で中央にボールを返す壁当て用の壁程度にしか機能していなかった。まだまだ若いので今後の成長に期待したい。

・Cristante 6.5

前後にPellegriniとDarboeがいた為、派手な活躍が必要ない状況ではあったが、要所要所でエリア内の守備や前線の密集でのパス要求など、持ち前のユーティリティー性能の高さを見せていた。DarboeがDiawara程はサイドの守備に関与できない分そのサポートも行っており、大きくサイドチェンジできるロングパスなども魅力であった。

・Darboe 6.5

初のスターター起用に応える形で、アンカーとしての役目をしっかりとこなした。彼自身が以前口にしていた「シンプルな動き」と言うのがしっかりと出来ており、特に敵の2Topからのプレッシャーがかかる場面でもビルドアップの起点となるボール捌きはDiawaraを彷彿とさせた。Diawaraと比べると自身でボールを奪取する場面や、攻撃参加と言った貢献は少なかったが、それでも十分な活躍でゲームを作ることに十分貢献できていた。

・Pedro 6.5

以前見られていた若干自己中心的来な動きが改善され、チームプレーに徹していた。特に前半は彼らしいドリブルからエリア前でファールを貰う場面や決定機を演出する場面が見られ、得点に絡めそうな気配がしたが、後半徐々に消えてしまい66分頃に交代となってしまった。但し、試合の方向性を決定付けた1点目は彼のFKからの素早く的確な展開からであり、その貢献は大きいか。

・Pellegrini 8.0

シーズンハイ、または現状のキャリアハイともいえる活躍。Cigariniとのマッチアップも苦にせずにピッチを自由に動き、両サイドとMayoralにボールを供給、更には自身も2ゴールとまさに褒めるべき点しかなかった状態。またCapitanoとしてチームを引っ張り、経験不足なPrimaveraの選手達を精神面でも支えていた。特にDarboeが下がるシーンで彼に肩を貸していたのはなかなかに良かった。

なかなか見られない8点採点をIl Messagerroが行っていたので以下に引用させて頂き、私も便乗し甘めは承知で8点とさせて頂く。
“試合序盤でのあわやゴールのフリーキックと幾度かに渡る素晴らしいパスの供給は、この若者が絶好調であることの証明であった。試合の終盤では最高のパフォーマンスを発揮し、持ち前のテクニックで2ゴールを決めたばかりか、カルスドルプへの的確なパスからチーム4点目のゴールへの繋げた”

・Mkhitaryan 7.0

前半から難しい位置からのシュートでポストを叩く等、明確にコンディションを取り戻しつつある、何より周りの選手との連携が極めて良い状態。それでも1ゴール2アシストは素晴らしいと言える。新監督との確執の話もあるが確実に契約延長して頂きたい。

・Mayoral 7.0

彼の長所である裏を狙う動きが、しっかりと周りの選手からボールを引き出せている。何より2得点は今シーズン通しての成長をうかがわせる内容となった。特に試合の方向を決定付けた1点目の意味合いはとても大きい。既にDzekoのバックアッパー以上の存在になっているので、若者達の希望とする為にも早めに買い取り行使をお願いしたいところ。

・Jesus 6.0

2か月半ぶりにピッチに立った状態で、しっかりと準備が出来ていることにやはりベテランとしてのプロ意識の高さを感じる。後半からの投入であった為、Ibanezのようなスピードが求められる被カウンターの場面が少なく助かった印象もあるが、それでも高い位置でのプレス等で顔を出ししっかりとクリーンシートに貢献できていた。

・Santon 6.5

60分からReynoldsとの交代で入った事もあり、どうしても比較してしまうが、明らかに彼よりは良い状態にある。最低限自分で持ち上がりトライする勇気と、そのトライが大ポカに繋がらない安心感がある。またエリアに放り込むスローインからPellegriniの得点を演出した点も高評価要因。

・Bove 6.0

ウォームアップ姿が映った段階から、とても試合に出たそうな眼をしていた。Darboeとの交代での出場であった為か、少しリラックスしている様にも見えた。とにかくセリエデビューおめでとう!

“セリエAでのデビューに喜びを見せていた” (by Il Romanista)
“2002年生まれ組。リーグ戦デビューの1人”(by Il Messagerro)

・Zalenwski 6.5

出場時間が少なくプレー面に関して言及できる事は正直少ないが、結果を残したのは何か持っている証拠だと思っている。セリエデビューとアシスト記録おめでとう!

“EL出場の後、僅か10分の出場で存在感を放った” (by Il Romanista)
“欧州カップ戦では既に機会を与えられていたが、リーグ戦デビューのもう1人”(by Il Messagerro)

・Pastore 6.0

彼も徐々に試合勘を取り戻している様に見える。Pellegriniの2点目に関しても、彼が攻撃のスイッチをいれ、しっかりとDFを引き付け走り込んだからこそシュートの為の道が開けていた。早く彼に高評価を付けたい。

・Paulo Fonseca 7.0

吹っ切れたのか彼の十八番であった4-2-3-1で試合に臨み、出場機会に乏しかった若手とベテラン勢に活躍の場を与えながらも解消できたのは本当に良かった。ファラオーネの凱旋頃から4-2-3-1は見たいと思っていたので、個人的にも満足度が高かった。まだderbyが控えているので最後まで駆け抜けて欲しい。

総評
最終的にはこの試合の結果云々で順位が大きく動く事はない両チームらしい、リラックスしたムードの試合となったが、この勝利を次節のInter戦、ひいてはderbyへの足掛かりとしたいところ。
試合展開としては、前半は自陣に引き籠りカウンターを志向するCrotoneの攻略に手を焼きつつも、被カウンター時にしっかりと処理が出来たが故に無得点。後半開始直後にやっとゴールをこじ開けると、少し前のめりになった敵を相手にその後一挙4ゴール、計5ゴールと言った具合であった。
特に前半は敵GKのCordazがとても調子が良く、いくら押し込んでも一向に点が入らないだけに、ヤキモキとする時間が長くなったものの、カウンター時はOunasをIbanezがスピードで、SimyにはKumbullaがボールを収まらない様に競り合うことで処理し、攻守の切り替えはDarboeがしっかりとこなすと言いう事が出来ていた為、失点から崩れる心配はあまり無かった。HTでゾーンが切れたCordazに対し、Mayoralがしっかりと先制できた時点で試合は決していた様に見える。とは言え、ここまで長時間にわたり押し込め続けたのは攻撃陣全員の活躍とそれをけん引したPellegriniの活躍があったからこそ。この様な試合展開でしっかりと若手・ベテランを使えたのはシーズン最後に振り返っても良い思い出になりそうな試合であった。


採点者:くわしん

小学生の頃にバティストゥータに憧れ、丁度その時ローマに中田がやって来た為にローマに触れる機会が多くなりロマニスタに。好きな現役選手はジェコ。思い出の試合は2012年にオリンピコで観戦したコッパ・イタリア決勝でのラツィオへの敗戦。大学時代にF1のコースエンジニアを目指してイタリアに留学。イタリアにおける高卒認定相当の資格を持っている。好きな選手のタイプは稲場愛香みたいなタイプ。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました