ペッレグリーニ主将、2021年を総括する
詳細へ
スポンサーリンク

モウリーニョ監督「誰もローマに期待などしていなかったはずだ」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

帰国した巨匠ですが、ポルトガルの新聞にインタビューが掲載されました。


モウリーニョ監督「カンファレンスリーグ制覇の瞬間、私は狂気と情熱の狭間を生きた。人々に喜びを与えることは、人生の中で最も美しい瞬間だ。ヨーロッパでの成功が投資に対する自然な帰結であるクラブも存在するが、その点で誰もローマには期待していなかったはずだ。それだけにこの勝利は、クラブにとっても私にとっても非常に特別だったと言える」

リーグ6位、カンファレンスリーグ優勝、監督にとって良いシーズンだったのでは?

モウリーニョ監督「誰がそれを観測するかによるだろう。ポルトガルのテレビに出ている一部ぼアインシュタインにとっては、私たちにとって不満足なシーズンだったと話しているが、私は自分に『厳しい』のでね、私自身にもっと良い結果を出す能力がなかったのだから、それでこの結果ならば素晴らしいに違いない」

ローマの立て直しは困難なオペレーションだったのでは?

モウリーニョ監督「間違いなくそうだ。若い選手たちで戦うしかなかったんだ。10か月トッププレイヤーを欠いた状況でインテル、ミラン、ユヴェントス、ナポリ、アタランタ、ラツィオと対戦したんだ。しかも木曜日には遠征も含めた14試合があり、次の日曜日にはリーグ戦を戦わなければならなかった。そのためには目に見えない内部の努力も不可欠だった。だから私はチアゴ・ピントGMを称賛しているのさ」

彼とはどのような仕事を?

モウリーニョ監督「ピントは私のパートナーであり、素晴らしいマネージャーであり、そして今では最高の友人でもある。彼を知り、なぜベンフィカが今シーズン優勝できなかったのかを理解した」

このゼロイヤーを終えて、次は何を念頭にローマを修正するのでしょうか?

モウリーニョ監督「まずは上位陣との差をしっかり理解すること。そしてあとは仕事、仕事、仕事の一辺倒で続けるしかない。そうしてようやく格差を縮めることができるのだ。ほかに方法などないんだ」

ティラナでの勝利を誰に捧げたのでしょうか?

モウリーニョ監督「それを言うつもりもなければ、明らかにする必要もない。私が何者なのかは誰もが知っているだろう」

<了>

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました