ペッレグリーニ主将、2021年を総括する
詳細へ
スポンサーリンク

トンマージ「スクデットは美しい思い出だが、あまりにも時は経ち過ぎた」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

明日はローマの歴史の中で最高の瞬間を思い出すための重要な一日であると同時に、首都がスクデットを獲得してからどれだけの時間が経ったのかを理解する日なのかもしれない。今回のロマ速はカフーに続いて、トンマージのコメントをお届けしたい。

20年前のスクデットについて。
トンマージ「歓喜はピッチに入ったときから始まっていた。スタジアムはローマの旗で埋め尽くされていて、今日がお祝いの日になると理解出来たからだ。残念ながらシーズンは続いていたから、セレブレーションそこそこにスタジアムを後にしなくてはならなかったから、あの素晴らしい瞬間を十分楽しめなかったのは残念だよ。ただ、今ではスクデットを思い出すと同時に昔の話だとも思うようになった。甘く、苦い想いだ。ローマが早くあの瞬間を取り戻すことを願っている」

<了>

カフーのコメントはこちらから↓

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました