ロマ速YouTubeチャンネル開設しました!
詳細へ
スポンサーリンク

ディアワラ事件ようやく再審へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

養老乃瀧コベルチャーノ駅前店にて

「なんでなんだよ」

「何がです?」

「なんでユヴェントスとナポリ再試合にしたんだよ?」

「仕方ないじゃないですか。ナポリがCONI(イタリアオリンピック委員会)に泣きついてそれが認められたんですから」

「まあ今更そんなこと話しても仕方ないな」

「そうですよ会長」

「お前が言うんじゃない。あと人前で役職を言うな」

「でもなんでそんな話を蒸し返すんで?」

「我々の裁定が覆ると思ってもう1つクラブがCONIに泣きついたそうだ。次も我々の決定が覆るような事になれば権威もVARもあったもんじゃない」

「でいったいどこのクラブなんです?」

「あの首都のやっかいなクラブに決まっておるだろう」

「ああ、判ります判ります。ロティート、いちいちうるさいですもんね」

「ローマだ!あいつらだよ。アメ公は何かあれば裁判裁判だ。たまったもんじゃない」

「今夜はとことん飲みましょう、会長」

「だから会長はやめなさい」

ということでローマははく奪された勝点を諦めません。今シーズン第1節、エラスヴェローナ戦で、22歳以下の登録リストに23歳のアマドゥ・ディアワラを加えた為に書類不備として0-0のスコアレスドローが、0-3の敗戦扱いとなりました。クラブはすぐに上訴しましたが、FIGCがこれを拒否したために、今年に入りCONIに異議申し立てをしています。当初1月末といわれていた審理が、2月に延期して、さらに現在は3月になりました。

ですがいよいよ今月15日の15時半から、CONIのCollegio di Garanzia dello Sportの再審が報じられています。さてどうなるでしょうか。この事件はローマにとってひどく長すぎるVARのようなもの。みんなピッチサイドでやきもきしてる。はやく答えを知りたいところです。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました