ロマ速YouTubeチャンネル開設しました!
詳細へ
スポンサーリンク

セリエA第33節:カリアリ(A)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Cagliari Calcio Sunday, 25. April 2021 AS Roma
3:2
goals
1 : 0 Charalampos Lykogiannis 4. / left-footed shot  (João Pedro)
1 : 1 Carles Pérez 27. / left-footed shot
2 : 1 Răzvan Marin 57. / right-footed shot  (Giovanni Simeone)
3 : 1 João Pedro 64. / header  (Răzvan Marin)
3 : 2 Federico Fazio 69. / header  (Carles Pérez)

本日はなんとなく全体的に戦術解説風の愚痴。

ローマは4月のリーグ戦を1勝3分2敗で終えた。この大ブレーキによって、当初チャンピオンズリーグを戦っていたチームは一気にヨーロッパカンファレンスリーグという来季新設される大会の出場権を賭けて戦うことになった。ただ、この試合に関して、ぼくは別の記事やインタビューも読んでいるので、ローマがジェコを中心に選手自身でモチベーション上げて入るのは予想していた。実際に今月のどの試合よりも素晴らしい内容だった。といっても負けたわけで、この試合の3失点はすべてローマの責任で説明ついてしまう。特に2失点目の起点となったマンチーニの曖昧なパス性のクリアはこれまでチームが保っていたモチベーションを奪い去った。

この試合で、ローマは高い防衛ラインを保っていた。これはボールをロストしても回復までの距離を稼げるという監督の哲学に適ったもので、敵地でこのように戦うのは勇気が必要だったと思う。特にディアワラはピッチの中央をアップダウンしながら相手の攻撃の芽を摘むという仕事を粛々とこなしていた。しかし、先制点の場面で軽いプレーをかわされてナンデスにクロスを入れられてしまい、2失点目もマリンがシュートモーションに入ったときにプレッシングの足を止めるという致命的な判断ミスをしてしまったことで、彼を評価することができなくなったのは悔やまれる。良いパフォーマンスで失点するならば、低調子でも体を投げて得点を防いだほうが良い。それでもディアワラは局面では良い守備をしていたとは思う。

ただし、好不調に差のある選手を同時に起用したフォンセカの読み違いも結果に響いた。中央に置いたヴィジャールは酷く、なんならボールは触らないほうが良かった。途中出場のミキタリアンはこの日誰よりも多く帰陣しては、相手からボールを奪ってみせたが、一方でスモーリングの代わりに入ったクリスタンテが危なっかしいプレーをしていて、これもチーム総力を相殺してしまう要因となった。また、前半は特に攻撃を牽引していたカルレスに確信(というか安心)して、ヨーロッパリーグも視野に入れてペッレグリーニを下げてしまったのも痛かった。


スタッツの話をしておくと、得点期待値ではポジティヴなエレメンツ、インプレッションとは少し異なる数字が出ていた。カリアリの得点期待値は1.25、それに対してローマは2.13。つまり3対2というファイナルスコアとはまったく反対の指数である。ここからカリアリがシビアなシュートチャンスでしっかり得点したことを指し、ローマが多かった得点機を逃したことが伺える。

パスもカリアリ259本に対して、ローマは627本で、そうなると当然ポゼッションも3:7でローマが絶対的に保持していた。ここに少しローマにピッチでの潮目の読めなさが出てしまったと思っている。厳しい言い方をすれば、局面を読むインテリジェンスが誰にもなかったのだ。前述の通り、ローマは序盤からラインを上げてボールを保持した。同時にカリアリもハイプレスをかけていて、その中でのパスを回しながらスペースを探していたが、後半2点リードしたカリアリは完全に自陣に引き、フォアチェックの位置も下げてしまう。

そこからローマは前線にパスコースを見つけられなくなり消極的なパスが増え始めた。つまり、ローマの627本のパスは、3失点してからの64分以降は、ポゼッションして攻めようぜというチームコンセプトの『攻めようぜ』の部分を失い、イニシアチブを握っているようで持たされていた可能性が高い。
その閉塞した状況を破る手段を欠いたまま、ただボールを保持して時間だけが過ぎた。つまり、目的と手段が入れ替わるという稚拙な判断ミスを犯していた。そして最後には、80分過ぎに計ったかのように(計っていたのだろうけど)ダンカンとルガーニを入れてセンプリチにゲームを締められてしまう。この鮮やかな交代は敵ながら本当に素晴らしかった。

文字だと判りにくいかもなので表にしておきます。

得点期待値 パス回数 ポゼッション(%)
カリアリ 1.25 259 29
ローマ 2.13 627 71

 

コメント

  1. GOLEO より:

    2失点目本当になんでディアワラは足を止めたのでしょうか?見てて、え?って思いましたが。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました