スポンサーリンク

【note更新】ローマ2021年 夏のメルカート報告書SP

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

note版ローマ速報を更新しました。
目次は以下の通り。ピントGMの独壇場記者会見、そして彼の言葉を裏付けるエイブラハムの入団会見、そして元ローマプリマのマルコ・アメーリアや、現役時代セリエAで活躍したロマニスタでもあるシモーネ・チリボッキが語るローマのメルカートなど、読み応え抜群の全13000文字のロングテキストとなっています。通常のローマ速報、新しく始めたyoutube、それらの合間にコツコツ書き溜めました。ぜひ購読してみて下さい。ぼくたちサッカーファンが思っている『移籍市場』のもうひとつ上のリアリティを知ることができるかなと思います。

スポンサーリンク

実はチーム刷新に近い改革をしていたローマの夏

この夏のローマはイタリアのメルカートで主役クラスの動きを見せた。獲得した数こそ少ないものの、投じた金額は破格だ。そして、チアゴ・ピントを中心としたメルカートチームが水面下でチーム刷新とも言える人員整理を進めたことを個人的には強調しつつ評価したい。まずは具体的にどのような作業をしたのか整理してみよう。

◆加入(4名)

タミー・エイブラハム/Tammy Abraham (Chelsea)

5年契約:4000万ユーロ(完全移籍)+ボーナス500万ユーロ
備考:チェルシーは将来ローマが販売した際、4000万ユーロの差額に対する一定の割合を受け取ることができる。

ルイ・パトリシオ/Rui Patricio (Wolverhampton)

3年移籍:1,150万ユーロ(完全移籍)+パフォーマンスに関連する非公開ボーナス

マティアス・ヴィニャ/Matías Viña (Palmeiras)

5年契約:1,300万ユーロ(完全移籍)+パフォーマンスに関連する非公開ボーナス
備考:パラメイラスは将来販売した移籍金の一部を受け取ることができる。

エルドル・ショムロドフ/Eldor Shomurodov (Genoa)

5年契約:1,750万ユーロ(完全移籍)+パフォーマンスに関連する非公開ボーナス
備考:ジェノアは将来販売した移籍金の一部を受け取ることができる。

◆放出(8名)

ハヴィエル・パストーレ/Javier Pastore

契約解除

ペドロ・ロドリゲス/Pedro Rodriguez (Lazio)

契約解除

エディン・ジェコ/Edin Dzeko (Inter Milan)

契約解除(インテルがCLに出場した際はローマはボーナスを受け取る)

ジャスティン・クライフェルト/Justin Kluivert (Nice)

100万ユーロのレンタル+1.400万ユーロの買い取りオプション(CL,EL出場の際は買い取り義務に移行)

パウ・ロペス/Pau Lopez (Marseille)

72万ユーロの1年レンタル+50万ユーロのボーナス(クラブの一定の目標達成で1.200万ユーロの買い取り義務に移行)

ジェンギズ・ウンデル/Cengiz Ünder (Marseille)

50万ユーロの1年レンタル(クラブの一定の目標達成で850万ユーロの買い取り義務に移行)

アレッサンドロ・フロレンツィ/Alessandro Florenzi (AC Milan)

50万ユーロの1年レンタル(450万ユーロの買い取りオプション付き)

ロビン・オルセン/Robin Olsen (Sheffield United)

1年レンタル(詳細は公式発表なし調査中)

◆プリマ等、その他の選手(15名)

ルベン・プロビデンス/Ruben Providence (Club Brugges,OP付きレンタル)

ザン・レラル/Zan Celar (Lugano, 完全移籍)

トンマーゾ・ミラネーゼ/Tommaso Milanese (Alexandria, OP付きレンタル)

アンテ・チョリッチ/Ante Coric (Zurich, OP付きレンタル)

ウイリアム・ビアンダ/William Bianda (Nancy, OP付きレンタル)

サルヴァトーレ・ペッゼッラ/Salvatore Pezzella (Siena, OP付きレンタル)

ルドヴィク・オラジオ/Ludovic D’Orazio (SPAL, 完全移籍)

ロレンツォ・ヴァレウ/Lorenzo Valeau (Seregno, 完全移籍)

マッテオ・カルディナーリ/Matteo Cardinali (Latina, 完全移籍)

ステファノ・グレコ/Stefano Greco (Potenza, 1年のドライローン)

ザッカリア・サダイグイ/Zakaria Sdaigui (Monterosi, 完全移籍)

モリー・バンバ/Mory Bamba (Leixoes, 完全移籍)

ミルコ・アントヌッチ/Mirko Antonucci (Cittadella,完全移籍)

デヴィッド・ボア/Devid Bouah (Teramo, 1年のドライローン)

リッカルド・チェルヴォ/Riccardo Ciervo (Sampdoria, 1年のドライローン)

ぼくたちロマニスタからすれば、出ていく選手は終わった物語であり、獲得した選手がこれからの未来として殊更に重要だが、物語を終わらせるために多くの人間が努力をしている。ローマを去るから適当な書類だけの手続きとはいかない。クラブはローマに在籍したすべての選手たちに敬意をもってオファーを準備するのである。

経費は抑えたほうが良い。それは誰でも理解できる。でも、なんのきっかけもなく、経費の削減はできない。あなたは明日からタクシーに乗るのを止められるだろうか?明日から喫煙や飲酒を止めることができるだろうか?スマートフォンのデータ容量を8ギガに減らせるだろうか?本来それらを行うには、鉄の意志、理由が必要だ。そして、ローマにはその必要性と、協力してくれる仲間たちが集まっていた。

前任者から引き継いだローマの状況をチアゴ・ピントGMは分析して、2ヶ月の大きな改革を断行した。メルカートが終わり、その理由、結果などを語る記者会見を開いたので、その模様をお送りしたい。これらの獲得、放出の意図は?ジャカはなぜ来なかったのか?エイブハラム移籍の舞台裏は?そして、彼の言葉からは、これまでのローマとは異なるしっかりしたコンセプト、強い意思を感じることができるだろう。

ピントGM、夏のメルカートを語る

 

チアゴ・ピントGM「本日はお集まり頂きありがとうございます。私にとっても、皆さんにとっても、この夏の移籍市場で何が起こったのか?また、ローマがどのようなアプローチを取ったのかを説明する機会が必要だと思っていました」

ピントGM「まずは、この数ヶ月、クラブのために尽力してくれたオーナーに感謝したいと思います。投資だけでなく、日々トリゴリアにいることで、我々をバックアップしてくれました。その存在、クラブに関する将来的視野についても感謝しています。当初、私が就任した時、フリードキンズは「チームワーク」について頻繁に語っていました。しかし、それは言葉だけでなく、実際の行動にも表れています。監督も含めて、全員でチームワークしてきた。そうすることで、意思決定のプロセスを作ることができたのです。それがこの夏のメルカートでした。この2ヶ月、私たちは40件以上の移籍交渉を行いました。今日、この記者会見の場に、その仲間たちを招いています。モルガン・デサンクティス(スポーツディレクター補佐)、マウリッィオ・ロンバルド(事務総長)、ロレンツォ・ヴィタリ(法務担当)、ダニエレ・マスカーラ(法務担当)、ロベルト・フォンゾ(財務担当)、彼らがいなければ、この40もの移籍交渉はできなかったでしょう。また、間違ったイタリア語で話したくないので、この会見でクラウディオ・ビスチェリア(通訳)に来てもらっているのを予めお伝えしておきます。さて、あなた方ジャーナリストにとって重要なのは選手の名前ですが、現在の移籍市場で交渉を優位に進めることはとても困難で、特にそのための努力を惜しまぬ専門的で献身的なチームでなければ成立しません。特にこの夏のメルカートは、近年の中でも最も難しい市場となりました。私は自分自身に厳しく、物事がうまく行かない時、最初に自分自身を戒める性格ですが、それでもこのメルカートは良い仕事で終えた手応えを持っています。なぜならば、このような困難な状況下で、私たちは世界最高の監督を呼び、より強いチームを組織して、30人以上の選手に解決策を与えることができたからです。もちろんみなさんは、私たちが解決できなかった問題を論じるでしょうが、それでも私はこの夏のメルカートが成功だったと思っているのです」

監督、守備、攻撃は改善ができました。しかし、中盤にはまだ何か足りないように思います。ここの補強がなかったのはなぜでしょうか?予算を使い切ったからですか?

ピントGM「私がここに来た時、誰もがローマは働くには難しい場所だと教えてくれました。この8ヶ月でそれを学びましたが、昨日イタリアのメルカートが終わり、少し気持ちは落ち着いていますね。ですが、他のリーグではまだ4,5つの市場が開いています。そこで解決策が見つかる可能性もあります。本日の質問はすべてミッドフィルダーについてでしょう。今朝、トリゴリアのシェフからもいつミッドフィルダーが来るのか訊かれましたからね(笑)まず、予算が問題ではないと申し上げたい。既にこの夏の投資額は予算を超えている状況ですが、それは市場を反映しているものです。グラニト・ジャカを獲得することはできませんでしたが、それについては、チームが抱えているより緊急性の高い補強(マティアス・ヴィニャ)を優先したことが理由です。私たちは自分を正当化しませんが、引き継いだクラブの状況では、ローマは60人以上の選手と契約をしていました。ジャーナリストのみなさんやロマニスタたちが足りないものを論じることは理解できますが、将来に向けた見通しを立てることも重要です。チームがより強くなるために正しいことをしたと言えます」

ロレンツォ・ペッレグリーニとの契約延長に何か障害はありますか?

ピントGM「いいえ。ロレンツォはローマと契約を希望しています。我々も彼との契約を望んでいる。問題はありません」

すべてのスポーツディレクター(SD)にとって、最も優秀なのは売り方を知る人物だと言います。選手の放出に満足していますか?もしくは売れなかった選手を再度チームで起用することは可能ですか?

ピントGM「一度に10の質問をしたあなたはインタビュアとして優秀ですね(笑)

続きはこちらで購入することができます。


ローマ2021年 夏のメルカート報告書SP|ASローマ速報~ROMANISMO|note
実はチーム刷新に近い改革をしていたローマの夏 この夏のローマはイタリアのメルカートで主役クラスの動きを見せた。獲得した数こそ少ないものの、投じた金額は破格だ。そして、チアゴ・ピントを中心としたメルカートチームが水面下でチーム刷新とも言える人員整理を進めたことを個人的には強調しつつ評価したい。まずは具体的にどのよ...

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました