【FBref データで読み解く】ASローマ・シーズン前半大解剖
詳細へ
スポンサーリンク

【32チーム大集合】kisaragiさんのヨーロッパリーグだって素敵だよ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

決勝ラウンドへ進出する32クラブが決まりました。ミステルが話す通り、ここからは選手たちにとってミニチャンピオンズリーグといった趣のタフな試合が続くはずです。日本人選手が所属するクラブは、ヴィジャレアル(久保建英)、アントワープ(三好康児)、そこにCL敗退のザルツブルク(奥川雅也)加わります。これも見どころのひとつですね。

参加チームとそのステータスを見ていきましょう。

クラブ名(アルファベット順)/UEFAランキング/GS/前年成績/最高順位
AC Milan (ITA)
UEFA ranking: 57
Group H winners
Last season: N/A
UEFA Cup/UEFA Europa League best: semi-finals (1972, 2002)
Ajax (NED)
UEFA ranking: 19
Transferring from UEFA Champions League
Last season: round of 32 (L vs Getafe)
UEFA Cup/UEFA Europa League best: winners (1992)
Antwerp (BEL)
UEFA ranking: 124
Group J runners-up
Last season: play-offs (L vs AZ Alkmaar)
UEFA Cup/UEFA Europa League best: quarter-finals (1990)
Arsenal (ENG)
UEFA ranking: 11
Group B winners
Last season: round of 32 (L vs Olympiacos)
UEFA Cup/UEFA Europa League best: runners-up (2000, 2019)
Benfica (POR)
UEFA ranking: 23
Group D runners-up
Last season: round of 32 (L vs Shakhtar)
UEFA Cup/UEFA Europa League best: runners-up (1983, 2013, 2014)
Braga (POR)
UEFA ranking: 45
Group G runners-up
Last season: round of 32 (L vs Rangers)
UEFA Cup/UEFA Europa League best: runners-up (2011)
Club Brugge (BEL)
UEFA ranking: 42
Transferring from UEFA Champions League
Last season: round of 32 (L vs Man. United)
UEFA Cup/UEFA Europa League best: runners-up (1976)
Crvena zvezda (SRB)
UEFA ranking: 50
Group L runners-up
Last season: UEFA Champions League group stage
UEFA Cup/UEFA Europa League best: runners-up (1979)
Dinamo Zagreb (CRO)
UEFA ranking: 39
Group K winners
Last season: UEFA Champions League group stage
UEFA Cup/UEFA Europa League best: round of 16 (1998, 2019)
Dynamo Kyiv (UKR)
UEFA ranking: 31
Transferring from UEFA Champions League
Last season: group stage
UEFA Cup/UEFA Europa League best: semi-finals (2019)
Granada (ESP)
UEFA ranking: 81
Group E runners-up
Last season: N/A
UEFA Cup/UEFA Europa League best: debut
Hoffenheim (GER)
UEFA ranking: 68
Group L winners
Last season: UEFA Champions League group stage
UEFA Cup/UEFA Europa League best: round of 32 (2021)
Krasnodar (RUS)
UEFA ranking: 43
Transferring from UEFA Champions League
Last season: group stage
UEFA Cup/UEFA Europa League best: round of 16 (2017, 2019)
Leicester City (ENG)
UEFA ranking: 51
Group G winners
Last season: N/A
UEFA Cup/UEFA Europa League best: round of 32 (2021)
Leverkusen (GER)
UEFA ranking: 24
Group C winners
Last season: quarter-finals (L vs Inter)
UEFA Cup/UEFA Europa League best: winners (1988)
LOSC Lille (FRA)
UEFA ranking: 101
Group H runners-up
Last season: UEFA Champions League group stage
UEFA Cup/UEFA Europa League best: round of 16 (2002, 2005, 2006, 2010)
Maccabi Tel-Aviv (ISR)
UEFA ranking: 76
Group I runners-up
Last season: third qualifying round (L vs Sūduva)
UEFA Cup/UEFA Europa League best: round of 32 (2014)
Manchester United (ENG)
UEFA ranking: 8
Transferring from UEFA Champions League
Last season: semi-finals (L vs Sevilla)
UEFA Cup/UEFA Europa League best: winners (2017)
Molde (NOR)
UEFA ranking: 120
Group B runners-up
Last season: play-offs (L vs Partizan)
UEFA Cup/UEFA Europa League best: round of 32 (2016, 2021)
Napoli (ITA)
UEFA ranking: 20
Group F winners
Last season: UEFA champions League round of 16 (L v Barcelona)
UEFA Cup/UEFA Europa League best: winners (1989)
Olympiacos (GRE)
UEFA ranking: 37
Transferring from UEFA Champions League
Last season: round of 16 (L vs Wolves)
UEFA Cup/UEFA Europa League best: round of 16 (1990, 2005, 2017, 2020)
PSV Eindhoven (NED)
UEFA ranking: 58
Group E winners
Last season: group stage
UEFA Cup/UEFA Europa League best: winners (1978)
Rangers (SCO)
UEFA ranking: 61
Group D winners
Last season: round of 16 (L vs Leverkusen)
UEFA Cup/UEFA Europa League best: runners-up (2008)
Real Sociedad (ESP)
UEFA ranking: 82
Group F runners-up
Last season: N/A
UEFA Cup/UEFA Europa League best: quarter-finals (1989)
Roma (ITA)
UEFA ranking: 18
Group A winners
Last season: round of 16 (L vs Sevilla)
UEFA Cup/UEFA Europa League best: runners-up (1991)
Salzburg (AUT)
UEFA ranking: 22
Transferring from UEFA Champions League
Last season: round of 32 (L vs Frankfurt)
UEFA Cup/UEFA Europa League best: runners-up (1994)
Slavia Praha (CZE)
UEFA ranking: 40
Group C runners-up
Last season: UEFA Champions League group stage
UEFA Cup/UEFA Europa League best: semi-finals (1996)
Shakhtar (UKR)
UEFA ranking: 17
Transferring from UEFA Champions League
Last season: semi-finals (L vs Inter)
UEFA Cup/UEFA Europa League best: winners (2009)
Tottenham (ENG)
UEFA ranking: 13
Group J winners
Last season: UEFA Champions League round of 16 (L vs Leipzig)
UEFA Cup/UEFA Europa League best: winners (1972, 1984)
Villarreal (ESP)
UEFA ranking: 33
Group I winners
Last season: N/A
UEFA Cup/UEFA Europa League best: semi-finals (2004, 2011, 2016)
Wolfsberg (AUT)
UEFA ranking: 131
Group K runners-up
Last season: group stage
UEFA Cup/UEFA Europa League best: round of 32 (2021)
Young Boys (SUI)
UEFA ranking: 52
Group A runners-up
Last season: group stage
UEFA Cup/UEFA Europa League best: round of 32 (2011, 2015, 2021)

この32チームで最もUEFAランキングが高いのが、マンチェスターユナイテッドの8位。ローマはセリエA所属クラブで最高の18位です。抽選会は14日で、方式はこれまで通りローマを含む首位通過のクラブと、マンチェスター・ユナイテッド、クラブ・ブルージュ、シャフタール、アヤックスといったCLからやってきた4つのシードクラブが第一ポット。2位通過とノーシードの4クラブが第二ポットとなり、この第一ポットと第二ポット同士の対戦カードが組まれます。その際、グループステージ同組の対戦はないので、ヤングボーイズとローマは当たりません。

ローマが避けたいのは、リーグアンで首位PSGをわずか2ポイント差で追うリール。そして、すでにチアゴ・ピント・ダービー(un derby per Tiago Pinto)とも言われているとかいないとかのベンフィカ、この2チームでしょうか。ご存じない方の為に説明しておくと、チアゴ・ピントは来年1月1日よりゼネラルマネージャーに就任する人物で、現在はベンフィカで仕事をしています。

チャンピオンズリーグのグループ敗退を、ヨーロッパリーグに『まわる』って言うじゃないですか。これは優しい言い回しであって、実際はヨーロッパリーグに『落ちる』ってみんな思っている。それが偽らざる本音。そもそも、CL敗退したクラブが第一ポット扱いでヨーロッパリーグに加われる事自体下請け感が凄いと思いますが、そろそろ見方を変えてみたい。

特にこの2シーズンくらいで強く感じるようになったのですが、チャンピオンズとヨーロッパリーグは兄弟大会だとして、その主旨はまるで違うような気がしていますね。

例えるならば、チャンピオンズはスポーツカーやF1の祭典。その車が生まれた理由はスピードの追求であり、それをコントロールする為の天才的なドライバー、エンジニア、設計者、施設が存在していて、マシンを維持するために莫大な予算が組まれている。レアル・マドリーやバルサ、パリ・サンジェルマンといった車が速度を競うのだから、それは人目を惹く豪華な祭典になります。ハイネケンがスポンサーになるというものです。

一方でヨーロッパリーグとは、ミニやワーゲンなどが並ぶビンテージカーの祭典だなと思います。そこで競われるのはオリジナルパーツかどうかであり、コンディションであり、マニアの愛着であり、時に希少性であり、居住性であり、メガクラブのピーキーなセッティングだけでは走り続けられないコースになっている。ゆえにチャンピオンズリーグから『落ちてきた』チームが必ずしもタイトルを手にするという訳ではなく、むしろ走り慣れているセヴィージャがこの10年で5回のタイトルを手にしているのではないでしょうか。

ローマは8月にヨーロッパリーグでセヴィージャと対戦しました。コロナの影響で一発勝負のノックアウトラウンドとなり、4回勝てば優勝というボーナス大会だとローマの選手たちは考えましたが、実際何度戦おうとヨーロッパリーグの本質は変わらないと理解していたセヴィージャの前に全く何も出来ずに殺されてしまった。クラブも選手もリラックスと楽観視の違いに気が付かず、ぼく自身も奢りがあったと反省した瞬間でした。その雪辱は今季ヨーロッパリーグを勝ち進むことで晴らしたい。なぜならば、サッカーで受けた悔しさはサッカーでしか晴らせないからです。

そして、セリエAは何が何でもリーグ4位フィニッシュして、来季こそ世界最高峰のスピードの祭典に出たいのです。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました