【FBref データで読み解く】ASローマ・シーズン前半大解剖
詳細へ
スポンサーリンク

【目指せバンディエラ】ペッレグリーニ「ローマのユニフォームは特別な感情」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ロレンツォ・ペッレグリーニはいよいよその真価を発揮し始めた。フォンセカ監督は彼を複数の位置で起用する。攻撃しても良し、守っても良し、あらゆるタスクを高ハイレベルで演じ切る。新時代のバンディエラの最新コメントをお届けしたい。これに震えなければロマニスタじゃない!

ペッレグリーニ「ぼくを悩ませることがひとつある。それは、ローマで手にする1回のスクデットは他のクラブにとって10回分の価値があると聞いたことだ。でもね、ぼくは10回の価値のあるカンピオナートなど戦いたくない。それならば10個のタイトルを手にしたいんだ。それが可能かどうかは、様々な状況など、自分たちに依存しなことが多々あるのは理解している。でもそれがぼくのメンタリティなんだ。娘と遊んでいるときですらぼくは勝利したいのさ」

あなたはダニエレ・デ・ロッシのような偉大なキャリアを過ごすこともできますが、ローマのユニフォームを着続けることでスクデットに到達できないというリスクもあります。それを犠牲にする覚悟がありますか?

ペッレグリーニ「ダニエレがワールドカップ王者だということはさて置いても、彼がローマでなにも勝ち取らなかったとは思わない。ダニエレはタイトルを手にはしなかったが、常に優勝するために戦ったじゃないか!ぼくはダニエレ以上に競争心のある男を知らない。ダニエレは楽な選択をしなかったんだ。自分の心に従いローマに残り挑戦した。ローマで生まれたロマニスタにとって、ローマのユニフォームを着て勝利することは特別な感情なんだよ」

あなたは最近SNSでファンと衝突しましたね。

ペッレグリーニ「すべての選手が新聞でパジェッレを読み巷の批評を知る。彼らはぼくをサッカー選手として知っているかもしれないが、一人の人間としては何も知らない。ぼくにとって家族がすべてだ。ぼくの妻がローマで慈善活動に積極的に参加しているのはぼくにとっても誇りなんだ」

パロッタはスタジアムにはいなかった。しかし、フリードキンは常にスタジアムに訪れます。やはりオーナーが側にいると違いますか?

ペッレグリーニ「ぼく自身はパロッタと良い関係だったけど、オーナーが常に側にいるのは良いことだと思うよ」

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました