Twitterローマグッズプレゼント実施中【1/31締め切り】
詳細へ
スポンサーリンク

【大人にはたまに宣伝しなきゃいけないことがある】如月さんの「その日はダメなの」の巻

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ねえ、きーちゃん」「またか、ベランダから入るなと何度も言ってるだろ」「いいじゃん、すうときーちゃんのホットラインなんだし」「ホットどころか、お前いつも入ってきて窓開けっ放しだから寒いんだよ」「そんなことよりさ、デートしようよ。居酒屋デート」「なんで?」「だって、すう22歳だよ。お酒飲めるよ」「もあと行けよ」「もあはダメだよ」「なぜダメなんだ?」「きーちゃんと行きたいから」「なんとも強情な」「麻布のお洒落な和風居酒屋の個室できーちゃんとズッポリ飲みたいの」「それズッポリじゃなくてしっぽりな」「どっちでもいーじゃん」「よくないわ!このポンコツ処女が」「誰が処女だよ!(小声で)そ、そうだけどさ」「てなわけでお引き取り願えますか?」「嫌だね」「やけに食い下がるな」「だってまたレコーディングやレッスンで忙しくなったら会えないじゃん。やる気の充電だと思って付き合ってよ」「仕方ないな」「そうこなくちゃ!」「で、いつがいいんだ?」「すうは今月11月だと15日の日曜日がいいなぁ」「あ、その日俺ダメ」「なんでさ!」「だってその日って・・・」

これがあるからね!

ということで、今年最後のセリエA座談会(忘年会)開催します。ぜひローマ速報をご覧のみなさんに来て頂きたい。周囲が蘊蓄ある発言をする中で、リアルの如月がまあサッカーの事話さずに、告白は女性からすべきという持論を力説して(せいぜいサントンの話しかしない)、ロマニスタのみなさんはガッカリ感を味わうことにはなりますが、それは差し引いても、座談会で飲み、笑った最後には、サッカーは相手がある競技で、​ロマニスタと同じ熱量で色んなクラブのファンがいるということを知ることが出来ると​思います。

個人的な考えですが、唯一このイベントを楽しめないタイプがいるとすれば、

「素人同士が集まってなにそれっぽいことやってんの?」

と思ってしまう人かなと思います。でも、実はぼくの感じるこの座談会の良いところというのは、全員何者でもないという素人でありながら、自分の応援するクラブに関しては異様に詳しいというところです。
何かの権威でも、プロフェッショナルでもありませんが、長くひとつのクラブを追い続けて来たという部分で、ここをご覧のみなさんと通じるものがある・・・というか、みなさんと同じセリエA大好きなティフォージです。ぼくたちだけでこれだけ楽しいんだもの。もっと大勢いればさらに楽しい飲み会になると思ったのがこのオンライン飲み会のきっかけです。

メインで話をするのはいつものメンバー。

如月(ローマ速報)
ミツ(月刊ユベントス)
SHUH(サンプドリア東京)
パオリーノ(curvasud giappone,ex.bar MILANISTA)
kyazu(アルノ川の畔から)
Dino:fvcg(トリノFC情報局)

普段他の日本のセリエAファンがどんなことを考えているのか?自分たちのクラブをどう思っているのか?など、知りたいけど誰に訊いてよいかわからない雑誌には決して書かれていない、大人に聞いても教えてくれない、そんなこと話しましょう。オンライン飲み会未経験の方も大歓迎です。自分の好きなクラブのユニフォームを着たりグッズを持って飲み会に参加してみませんか?

参加希望者は上記アカウントをフォローの後、DMで参加表明してください。折り返し、DMグループにご招待させていただきます。

以下寄せられた質問に回答します。

Q.飲酒のできない未成年は参加できますか?

A.もちろん参加可能です。現在10代後半から50代の幅広い年齢層の参加者が見込まれます。そういった普段交流の無い世代間でひとつのリーグについて話したいので、年齢制限はありません。ただし、10代の方の座談会での飲酒は控えてください。

Q.顔を出す必要はありますか?

A.ありません。ZOOMで映像を非表示にして参加して下さい。

Q.会話に参加しなくても大丈夫ですか?

A.大丈夫です。ZOOMで音声をオフにしてラジオ感覚で楽しむことも可能です。当日はチャットで質問を受け付けたり、みなさんのコメントを拾っていきますので、話さなくてもコミュニケーションを取ることは可能です。

さあみんなで今年最後のレッツセリエ!


告知あともうひとつだけ!

ちょっと前の話からはじめますね。2016-17シーズンのローマはカンピオナートを首位ユヴェントスに僅か4ポイント差の2位で終えました。ジェコも得点王に輝きました。しかし、如月だけでなく、多くのロマニスタたちにとって悲しみで幕を閉じたシーズンでもありました。この年、イタリアの至宝で、ローマの大バンディエラ、フランチェスコ・トッティがブーツを壁に掛けたのです。
最終節まで、毎日ぼくの頭の中は「居なくなるのかも」「いや、まだやれる」「他のクラブ行くのかな」「いや、ローマに残る」といった情緒不安定な自己問答の繰り返しでした。

いよいよ本当にクラブを去る最終節の後の退団セレモニーは本当に美しく、満員のオリンピコでお別れのスピーチをするカピターノが、いつしかバンディエラではなく、1人のローマ好きの子供に戻っているのが分かりました。
そのとき、ぼくはこのシーズンが多くのロマニスタにとって今後重要な意味を持つような気がしたのです。そして、このトッティのファイナルシーズンに何かしなくてはいけないと瞬発的に考えました。ローマの知識もろくにないのにローマ速報を始めたときとほとんど同じ気持ちでした。その結論として、何の知識もないズブの素人でありながら、1か月弱でこのシーズンのローマ速報を再編集して、表紙も自分で作って、2017年の6月30日に電子書籍として発表しました。

それが『ローマ速報offline』です。注:クリックで楽天ページに移動します。

あれから3年以上経ち、日本のローマファンにも若い世代が目立ち始めて、ファンレベルの世代交代が進んでいるのかもしれません。そこで、ぼくはこれからのトッティを知らない世代にこの本は、バンディエラやトッティについて、それらを取り巻く空気感などを知る意味で役に立つのかなと思っています。そして、トッティを失ったと感じるぼくと同じ昔からのロマニスタにとって、わずかばかり慰めになるかもしれません。

ロマ速を時系列でまとめたものなので、読みやすいかどうかはわかりませんし、そもそもkindleのデータでは958ページくらいあるみたいです。文章も今よりも拙いと思うので恥ずかしさもありますけど、おそらく今のロマ速よりも如月節全開かもしれません。

この度、消費税率やその他いろんな大人の都合で定価を上げざる得なくなったのですが、金額変えただけだと個人的に決まりが悪いもので、販売ページの表紙を新しくしてみました。あんまり変わってませんね(笑)

よろしければ読んでみて下さい。また、以前購入された方もぜひ改めてパラパラやってみて下さい。この本を100年に一人の大バンディエラ、フランチェスコ・トッティとあなたに捧げます。

 

 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました