ペッレグリーニ主将、2021年を総括する
詳細へ
スポンサーリンク

【公式発表】ローマ、ネマニャ・マティッチ獲得

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

クラブはネマニャ・マティッチと2023年6月30日までの1年契約で獲得したことを発表した。2018年にはセルビア代表としてワールドカップ出場経験を持つマティッチは、プレミアリーグで3度のタイトル制覇の経験を持ち、直近の5シーズンをプレミアリーグ、マンチェスターユナイテッドでプレーしていた。

マティッチ「ローマに加入できて嬉しいし、光栄に思う。ローマはビッグクラブで、素晴らしいサポーターがついている。誰もが知るジョゼ・モウリーニョ監督もいる。ここに来るという決断に悩むことはなかった。みんなで共に働いて、大きなことを成し遂げたいと思います」

マティッチとモウリーニョ監督は、チェルシー、マンチェスターユナイテッドで共に働いた経験があり、ローマで3度目の共闘となる。この二人のエピソードは以下リンクに詳しい。

【おはようメルカート】ローマ、マティッチ獲得へ

マティッチは、ベンフィカ時代2013-14には国内タイトル3冠にも貢献しており、彼の存在はかつてそのベンフィカでディレクターだったチアゴ・ピントGMも太鼓判を押す。

ピントGM「ネマニャはピッチ上のクオリティだけではなく、プレミアで培った豊富な経験と、その際立った集中力、強いメンタリティをローマにもたらしてくれるだろう。彼がローマのプロジェクトに参加したいという熱意は、我々にとっても心強く、ローマ全体の新たな旅の始まりになる」

また、これを機に多くのサッカーファンに知ってもらいたいのが、ミッシングチルドレンというローマの施策だ。これは当時のデジタルコンテンツ責任者、ポール・ロジャースがアメリカのバンド、ソウル・アサイラムの『Runaway Train』のPVに感銘を受けて始めたもの。このPVでは、実際に失踪した子供たちの顔と名前が公開されていて、ロジャースはこのアイデアを大きな影響力を持つローマのツイッターに活かしたいと考え、選手獲得発表の公式ツイート時に、消息不明の子供の画像を掲載することにした。そして、クリス・スモーリングが加入した際、ケニアで行方不明になっている8歳(当時)の女の子の画像を掲載したところ、翌日にはその少女が発見されたという成功事例もある。

今回のマティッチ獲得ツイートが国を超えて大勢の人々のタイムラインに上がれば、それだけ行方不明の子供が発見される可能性が高まるはずだ。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました