ペッレグリーニ主将、2021年を総括する
詳細へ
スポンサーリンク

【ファーストインタビュー】ワイナルドゥム「俺はこういうクラブでプレーしたかったはずだ」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ローマはいよいよなにかを勝ち取るために動き出した。モウリーニョ監督を招へいすれば、2年目の夏はこうなることは必然だったのかもしれない。そのオーダーに、チアゴ・ピントGMは、パラメトロ・ゼロ(移籍金なし)の自由移籍だけで応えた。これが可能だったのは、モウリーニョ監督の名声と、カンファレンスリーグ制覇の力が大きい。ローマは奇跡を起こすことができると、サッカーファンではなく、業界内に認知させたのである。それではリヴァプール、PSGとメガクラブを渡り歩いたワイナルドゥムのファーストインタビューをお届けしたい。


ローマにやってきた感想は?

ワイナルドゥム「とてもいい感じだ。ローマとは数週間前から連絡を取り合っていて、さらに俺は以前ここでプレーした奴らに、ローマの雰囲気についてリサーチしたんだよ。例えばモハメド・サラーやストロートマンとかにさ。みんなローマについて良いことしか言わなかった。それで気持ちは移籍で決まったね。それにクラブが俺を獲得するためにどれだけ努力しているかも伝わってきた。やっぱりさ、選手って必要とされているって感じられるかが自信に繋がんだよ。会長自らの運転でジェット機で迎えに来てくれて、空港に到着したらロマニスタたちが歌ってお出迎えしてくれた。本当に必要とされていると感じている。だから最高の気分だ」

カンファレンスリーグ決勝はご覧になられましたか?フェイエノールトはかつてあなたが在籍していたクラブでした。

ワイナルドゥム「当時あの試合は痛みを覚えた。でも今は間違いなくうれしい勝利だ。というのも、あのころまだ俺はローマに行くとは思ってなくて、決勝は若いころにプレーした心のチームであるフェイエノールトを応援していたからなんだ。でも俺は普段はサッカーをずっと観ているってタイプじゃないんだ。でもレスター戦なんかも観たけどね」

ローマが興味を持っていると知ったとき、どのように感じましたか?

ワイナルドゥム「ローマとは何度か対戦したことがあるので知っていた。最初にクラブについて訊いたのがサラーとストロートマンで、彼らがローマをとても高く評価していたことは決め手のひとつだ。その瞬間から真剣に移籍を考え始めたからな。次に考えたのがイタリア生活についてだ。イタリア暮らしの情報も集めたけど、みんな一様に俺のキャリアにプラスになると言ってくれたよ。美しい都市、ティフォージは熱狂的だ。まだ契約もしていないのに、俺のSNSはロマニスタからのコメントであふれていた。いや俺だけじゃない。弟のインスタグラムにまでコメントがあふれていたんだ。ある日弟から電話があった。「兄ちゃんにローマと契約して欲しいってコメントがたくさん来ている」。な?ビビるだろ?弟のなんてことない投稿のコメントが俺の移籍であふれかえっていたのさ。その時、彼らのクラブ愛を実感した。そして、俺は自分に言い聞かせたんだ。「そうだ、俺はこういうクラブでプレーしたいはずだ」ってさ」

<了>

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました