ペッレグリーニ主将、2021年を総括する
詳細へ
スポンサーリンク

【デブレツェニVSC戦 動画解説】ジェコ「去就の話はもう疲れた。ローマしか考えていない」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

AS Roma 5-2 Debrecen
Borja Mayoral (28′) Lorenzo Pellegrini (33′) Nicolò Zaniolo (52′) Edin Dzeko (65′, 80′) Barany Donat (4′) Roland Ugrai (53′)

ローマは7月頭にアマチュアクラブ、バルディニーヴォレ・モンテカティーニに10-0で勝利すると、その後3戦をトータル13-0で駆け抜ける。モウリーニョによるチーム作りは順調で、言うなればサッリナポリのような非常にインテンシティの強いグループが出来上がりそうだ。

今日対戦したデブレツェニVSはハンガリー1部のクラブで、同国代表キャップ51で昨シーズン惜しまれつつも引退したフスティ・サボルチさんが監督を務める。前回のトリエスティーナがセリエCとは思えない組織的な(ある意味負けなければ得点しなくても良いというような)プレーを見せたのに対して、デブレツェニはこの試合を通じて、自身の現在位置を確かめるかのようにプレーしていたのは印象的だ。

この試合が終わると、ローマは次のキャンプ地、ポルトガルへ向かう。そこでポルトと対戦して(これは難しい試合となるだろう)、その後スペインでベティスと戦う予定だ。冒頭に書いた通り、モウリーニョはスピード、強さ、そういったものを重視してチームを作っている。プリマのアルベルト・デロッシ監督が先日話していたと記憶しているが、連戦を戦うローマにとって、これだけ負荷の掛かる戦法で行くのであれば、プリマから即戦力を追加投入する必要がある。ザレフスキ、チェルヴォ、その他多くのプリマ出身が出場機会を得ているが、彼らはおそらくレンタル移籍せずにトップチームの招集を受けるだろう。
ロマニスタにとって、今年のプレシーズンマッチは単なる調整試合ではない。未来のバンディエラ、カピターノがすでにピッチに立っているかもしれないのである。

試合後、SKY SPORTSのマイクにジェコはこう言った。

ジェコ「ぼくの未来?その話をするのは疲れた。ローマのことしか考えていない」

マジでマジでマジで痺れる!!!!!ジェコのユニ購入確定しました。

そんなジェコ好きの如月ですので、勢い余ってダイジェスト動画作りました。よろしければ御覧ください。規約は動画概要欄に記載されています。

【ザニオーロ第一子誕生後初ゴール!】ローマ5-2デブレツェニ

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました