【FBref データで読み解く】ASローマ・シーズン前半大解剖
詳細へ
スポンサーリンク

【スターになりたきゃ歯医者に行っとけ】スピナッツォーラ、歯を治すの巻

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

これが今季大ブレイクの秘密だそうです(マジで)
歯並びはアスリートにとって、踏み込んだ時の力の入れ方であったり、いろいろと全身の筋肉に作用するそうで、これに気が付いたスピナッツォーラは1月から治療を開始して、昨シーズンまでの度重なる筋肉の故障から復帰したのだそうです。彼を治療したダニエレ・プツィッリ医師はこう語ります。

プツィッリ医師「レオが私の名前を出したとき、実はその場面は観ていなかったのだが、直後に私のスマートフォンが鳴り始めたんだ(笑)ボローニャ戦の二日前にも歯のチェックに来たばかりだよ。レオの治療を始めたのは今年の初めなんだ。他のローマの選手たちの治療もしていると教えてあげたのさ。するとオレは興味津々で、虫歯と筋肉の損傷の相関関係についてもっと知りたがった。レントゲンを撮ると、歯の噛み合わせに問題があることが判った。歯がズレて、それが姿勢の問題を引き起こしていた。それがパフォーマンスであり、筋肉損傷の原因となっていた。この1年間レオは就寝時とトレーニングでマウスピースを着用している。これで筋肉が再調整されて、対象性を回復することができた。一般的な患者は歯の治療で健康状態を改善しますが、レオのようなプロアスリートはパフォーマンスを改善して、筋肉損傷を回避することができるのさ」

プツィッリ医師は、これまでミリンコヴィッチ、ペッレグリーニ、ルイス・アルベルト、フロレンツィなどローマ在住の選手が多く通う歯医者なのだそうです。なんでもフロレンツィはパリからも通院したのだとか。

圧巻のパフォーマンスを披露したスピナッツォーラのコメント。

スピナッツォーラ「1月にインテルがぼくのフィジカルを理由に移籍を取りやめたことに常に感謝している。あの後、3,4の重要な物事の改善を試みた。歯医者に通い始めて、姿勢を矯正して、より筋トレにも力を入れた。今のぼくは90分プレーしてもまだまだ走ることが出来ると感じる時があるんだ」

今後が期待できるコメントですが、それよりも先生、彼の出っ歯は治してくれないのでしょうか?

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました