前日会見 EL ボルシアMG:パウロ・フォンセカ、マルコ・ローゼ両監督

スポンサーリンク

ボルシア・メンヒェングラートバッハ戦の前日会見。ローマ編。

──ミステルにとって、ヨーロッパリーグはどういった位置付けの大会なのでしょうか?

フォンセカ監督「ローマでプレーするならば、あらゆる試合を勝つために行かねばならない。それがどのような大会であれ、次の試合に勝利しようと試みる。明日はとても素晴らしいチームと戦う。私たちは3ポイント獲得に集中している」

──現在、あらゆるチームで故障者が多発しています。しかし、試合数を減らせばクラブ収入も減ることになります。将来的にそうなった際の選手のサラリーカットの準備は出来ていると考えますか?

フォンセカ監督「私は質を得られるならば全てにオープンだよ。収入を失うことにもね。私たちはテレビでサッカーを楽しむが、そこに最高の選手がいなければならない。現状、あらゆるリーグで試合が増加した結果、良いクラブが良い選手を常に使うことが困難だ。リーグ戦がなければヨーロッパの大会、それがなければネイションズリーグのような国際大会が考案される」

──エディン・ジェコはナポリ戦の後半フェイスガードを外してプレーしました。彼のような(熱い)選手がピッチに立つことはどれ程重要なのでしょうか?

フォンセカ監督「ジェコは私たちにとって非常に重要な選手だよ。彼がマスクを外したなら、それは自身で大丈夫だと判断したのだろう。とにかくジェコは重要だ」

──フロレンツィはディフェンスよりも攻撃で使いたい選手ですか?また、明日はプレーするのでしょうか?

フォンセカ監督「フロレンツィはプレーする準備が出来ているよ。どのような話し合いをしているかはここでは明かさないが、彼は複数のポジションをこなせる選手であり、出場するかどうかは明日見てみよう」


マルコ・ローザ監督の前日会見

──明日の試合の重要度は?

ローザ「あらゆる試合が重要だ。その価値は試合後に考えるとして、他の試合と同等に考えている。ローマは私たちとの試合の後、2勝してリーグ3位とフィットしたように見える。しかし、私たちは明日の主役になりたいのさ。観客のバックアップでそれを成し遂げるつもりだ。ローマのようなチームと戦う方法を探してきたが、いよいよ我々は見つけられたと思うんだ」


これからCLから敗退したクラブが流入してくる。今夜の勝利はそういった将来的な強豪と戦うためにも絶対に重要です。盛り上がろう、期待しよう、じゃなくて今夜こそロマニスタ全員で盛り上げていこう!!!!

ローマはボルシア・メンヒェングラートバッハに・・・

View Results

Loading ... Loading ...

フォンセカ監督の発言にあったように故障者多発のヨーロッパサッカー界ですが、ローマの実情やいち早く警鐘を鳴らしたPSGトゥヘル監督の発言などはこちらで読むことができます。

大人のローマ速報 10月号②|ASローマ速報~ROMANISMO|note
■ロマニスタ親睦会に行ってきました 地元調布がラグビーで賑わっている。 飲食店には「ラグビー観戦できます」の張り紙。行きつけの居酒屋にも日本代表のグッズが飾られて、おばちゃんが隣の席の若者に「がんばろうね」と話しかけている。何をがんばるのか?もちろんラグビーの応援だ。 外国人観光客の姿も増えた。かつて駅前の調...

コメント

スポンサーリンク