【最新ロマ速動画】謎のダンボール開けてみた
詳細へ
スポンサーリンク

セリエA第11節:ボローニャ(A)ローマちゃん大爆発

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Bologna FC Sunday, 13. December 2020 AS Roma
1:5
goals
0 : 1 Andrea Poli 5. / own goal
0 : 2 Edin Džeko 10. / left-footed shot  (Lorenzo Pellegrini)
0 : 3 Lorenzo Pellegrini 15. / right-footed shot  (Leonardo Spinazzola)
1 : 3 Bryan Cristante 24. / own goal
1 : 4 Jordan Veretout 35. / right-footed shot  (Henrikh Mkhitaryan)
1 : 5 Henrikh Mkhitaryan 44. / right-footed shot  (Rick Karsdorp)

以前、フォンセカ監督はジャーナリストからこう言われた。「あなたは、前日会見で選手にメッセージを送るタイプの監督ではありません」

確かにフォンセカは、メディアを通じて叱咤する古いタイプの監督ではない。一方で、ボローニャのミハイロヴィッチは会見を有効に使うタイプだ。彼は前日会見でこう言った。

サッカーてのはね、戦う意思のある者、より苦しみ、必死な者が勝つんだ。

前節インテル戦を落としたチームに、ミハイロヴィッチはムチを入れたのだ。開始の笛が吹かれると、ボローニャはプレッシングでハメてきた。しかし、ローマは落ち着き、彼らが掛けようとしたロックを早々に外す。
先制は4分。ミキとのワンツーで左サイドを突破したスピナッツォーラからの高速グラウンダーをジェコが押し込んだ。しかしこれは、その前にアンドレア・ポーリが触れたオウンゴール。歩幅でタメを作るミキの渋み全開のリターンパスが全てを決めたといってもいい。
その5分後には、ペッレグリーニのスルーパスからジェコが切り返してシュート。これが決まって2点差に広げると、お次はペッレグリーニが決めて、クリスタンテのオウンゴールを挟みつつ、結局前半で1-5となり、後半は点が動かず試合終了となった。
まず評価すべきは、後半開始で選手交代しなかったフォンセカ監督の「まだ点を獲るぞ」というメッセージが、しっかりロマニスタにまで届いた事だろう。ペドロを出場停止で欠く苦しい状況ながら、ペッレグリーニを1列上げて攻撃のタクトを振らせたのも素晴らしい。中盤底でヴィジャールが計算出来るようになり、選手起用に幅が出せるようになってきたのは心強い。

また、クリスタンテにも頼もしさが出てきて、ディフェンダーとして一皮剥けたと言ってもよい。パウ・ロペスも終始落ち着きを感じた。なによりも、チーム力のエグさというか、ボールを保持した瞬間にオートメーションで攻撃のスイッチが入るので、パサーが複雑な選択肢を持たなくても良く、これがスピードに繋がっている。サッカーは魔法ではないけど、そのタネのひとつひとつはとてもシンプルなトリックだ。それが有機的に結合するとこの試合のような魔法に見える。トリックは常にチープだと相場は決まっているのである。

次はトリノ戦。ここで勢いを落とさずに更なる勝利を目指して欲しい。ローマちゃんは今節で単独6位。次はユヴェントス対アタランタ、インテル対ナポリ、フィオレンティーナはアルテミオフランキでサッスオーロと、勝とうが潰し合おうが、ローマ次第で順位を上げられそうなチャンス。

ぼくらつまらん夜はもうやめだ!


カピターノ、SKYのマイクにて

あなたとペッレグリーニには以心伝心のコンビネーションがあります。

ジェコ「ぼくはいつもアイツにボールを出せ、出せってちょっとウザいくらい言ってるからな(笑) でもロレンツォだけじゃなくて、ぼくたちは他の仲間とも理解し合えてるね。この試合で何度もアメージングな連携を見せたと思うよ」

今日のゴールでローマ歴代ゴール記録3位となりアメデオ・アマデイに並びましたね。

ジェコ「コロナ回復後、調子がとても良いんだ。この試合でゴール記録を113ゴールまで伸ばせたと思う」

ローマTVのマイク

ジェコ「本当ならば113ゴールになっていたはずだ。その点に於いては満足していない。その分木曜日のトリノ戦に残したと考える事にするよ。こういった形でローマの歴史にどんどん関われるのはとても嬉しいけど、なによりも今日は勝利が絶対に必要で、結果を残せたことがなにより嬉しい」

コロナ感染後の体調は?

ジェコ「回復したよ。ほぼ100%戻ったね」

チームはナポリ、サッスオーロからの素晴らしいリアクションを見せました。

ジェコ「ぼくたちはすぐにナポリとサッスオーロを頭から追いやった。ダッラーラで勝つのはとても難しいんだ。でも今日はとにかく勝利という結果が不可欠だったよ」

〈了〉

カンポス副監督も試合後にコメントしています。レアではありますが、知りたいという需要がありそうならば次の更新でお伝えします。

コメント

  1. ボンタン より:

    いつも楽しく拝読しています
    カンポス副監督のコメント、ぜひ読んでみたいです!

    • 如月 より:

      ボンタンさん
      更新しました。ぜひ読んでみて下さい。

      • ボンタン より:

        如月さん

        カンポス副監督の試合後のコメント、更新ありがとうございます。とてもおもしろかったです。
        彼は常に気になる存在でもありましたし、試合についてもボローニャ戦はパスのスピード感が気になっていたので、それがやはり戦略だったんだなぁと知れておもしろかったです。ありがとうございました!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました